無念!リベンジならずの倶梨加羅不動 

  • 2010.04.29 (Thu)

今日はチラシさんが休みだったので、久しぶりの2台体勢での出撃です。

天気もイイし、少しばかり足を伸ばそうと思った森は、以前訪れた「倶梨加羅不動明王」へ、今度こそは扉を開けに行くつもりでした(笑)

・・・が、チラシさんは飯田山へ登りたいと言うので、それなら各々別行動を提案していたところ、マミコゥロードを過ぎてもずっと後をついてくるチラシさん・・・結局は一緒にくるんかいっ(~_~;

そんなこんなで、途中で少しばかりグリーンロードで寄り道をば。
(さすがに休日とあってか、今日のグリーンロードはアチコチに山菜採りの車が停車していて、多くの人で賑わって(?)いました)

20100429_greenroad1
今日は、とある脇道へ入ってみました。

この辺りでも山菜採りの人たちがたくさんいらっしゃいまして、中には草原の中でピクニックしている集団も。

まぁ、風は冷たかったけど、絶好の行楽日和だったしね。

20100429_greenroad2
眺めもソコソコ良かったです。

この後はそのまま久木野へ下りて行き、例のゲートを通って倶梨加羅不動へと向かったのですが、昨夜の雨のせいでクリカラロード(←勝手に命名(笑))はマディな状態(~_~;

森一人なら構わず突き進んで行くトコロを、巨大な水たまりの前にチラシさんが引き返そうと言ってきかなかったので、結局はリベンジならずにそのまま撤退を余儀なくされたのでした。。。
(…ったく、だから最初から別行動を提案していたでしょーが!)

・・・で、このまま帰るのも何気に勿体なかったのですが、軽装で出て来ていた森は寒くて堪らず、この後は再びグリーンロードを走って一目散に直帰(笑)

帰り道の途中、マミコゥロードからチラシさんが飯田山に登ろうとしていたのですが、森は寒さのために華麗にスルー(笑)
ココではまたもや別行動(=彼だけ飯田山に行って森は先に帰る)を提案したところ、結局はチラシさんも「じゃあ帰る」ということになったのでした(笑)

そんなワケで、今日は写真もロクすっぽ撮りませんでしたが、走行距離は100kmちょいほど。
(…とは言っても、Dトラは未だに慣らしが終わりませんケドね(~_~;)

明日も天気は良いみたいですが・・・汚れてしまったバイクの洗車でつぶれそうです(笑)

何気にアドレス買物ツー!久々の揺ヶ池と何もなかった萌の里 

  • 2010.04.28 (Wed)

またかよ!のアドレスお買物撮影ツー3連チャンです(笑)

もともとはKLXで出撃しようかと思っていたのですが・・・何故か無性に俵山の「揺ヶ池神社」に行きたくなりまして、それならいっそアドレスで行き、ついでに「萌の里」で新鮮な地元野菜でも買ってこようという魂胆です(笑)
(チラシさんは一向にアドレスに乗らないし…取り敢えず慣らしを早いトコ終わらせたいしね)

20100428_yurugigaike1
…なので、ハコ付きでやってきました揺ヶ池神社(笑)

いつもなら水汲みの人がチラホラと訪れるのですが、既に夕方とあって今日は誰もいませんでした。

20100428_yurugigaike2

霊水で知られるこの池の水は青くて綺麗で、神秘的な雰囲気マンマンなのですが・・・森的には直接飲もうとは思いません(^^;;;
(まぁ、一度沸騰させるとかお料理に使うとかすれば平気だろうケド(^^;;;)

・・・なので、今日も池の水を眺めて心を洗われた後は、神社周辺で少しばかり写真を撮るだけにとどめました。

20100428_yurugigaike3
よく見るとこの辺りもモミジが多かったです。

秋の紅葉もいいけれど、新緑の時期のモミジもとても綺麗(^^)

20100428_yurugigaike4

20100428_yurugigaike5
赤くなっているのもあったケドね…種類が違うのかな?!

この後は向かいの「萌の里」に行ったのですが・・・既に夕方とあってあまりたいした野菜は残っておらず、結局ここでも申し訳程度に写真を撮っただけでした(^^;;;

20100428_moenosato1
水辺にはカジカガエルらしき綺麗な鳴き声が聞こえていました。

20100428_moenosato2
お約束の接写もね(笑)

ちなみに萌の里のソフトクリーム売り場の横に新しい小屋(?)が出来ており、そこではいきなり団子馬肉のコロッケを売っていました。
コロッケには何気に惹かれたのですが、結局買わずじまい・・・今度行った時に食べてみよう(笑)

・・・とまぁ、そんなこんなで特に戦利品もなく(笑)萌の里を後にし、いつもの吉無田経由で市内へと戻る途中・・・

20100428_yasuraginooka1
なんと、やすらぎの丘がバージョンアップ(違)していました(@_@)

20100428_yasuraginooka2
下からでは分り難いケド、何かのマークかな?!

上に登ってから見れば何の模様か分かったカモしれませんが、寒かったのと面倒だったのでそこまでは行きませんでした(^^;;;

まぁ、そのうちまたココへもやって来てやすらごう(笑)

・・・で、この後はそのまま市内へ直帰、結局今日も近場のお散歩ツーに終わったのでした(笑)

でもまぁ、アドレスの総走行距離は、これでようやく300km弱。
慣らし終了まではまだまだですが、気長にノンビリ走っていくとしましょうか・・・

再びアドレス撮影ツー!緑萌ゆる八勢目鑑橋 

  • 2010.04.27 (Tue)

まさかのアドレスお散歩撮影ツー2連チャンです(笑)
イヤ、昨夜からの雨も午前中には上がって、お昼には日も射してきたので・・・またもや一走りしたくなっちゃいまして(笑)

ほんの2時間ほどブラリと走ってくるつもりで、どこへ行こうかと考えているウチにフと思いついたのがお馴染みの「八勢目鑑橋」。

ぢつは以前、どこかのブログで八勢目鑑橋のところにある「日向街道」の写真をチラリと見たことがあったのですが、そこに藤の花が咲いていたんですよね。

・・・だもんで、距離的にもちょうどイイし、写真撮影がてら行ってみようとまたもやアドレスで繰り出したワケです(^^;;;

20100427_yase01
…ってコトで、そそくさとやってきました八勢目鑑橋(笑)

ココへ来るまでにも、山のアチコチで藤の花が咲いているのを目にしていたので、少しばかり期待をしていたところ・・・

20100427_yase02
おお、ソコソコ咲いているではありませんか(^^)

・・・とは言っても、やはりここでも既に散り出していましたが・・・この際、贅沢は言いますまい。

もちろんさっそく写真を撮りまくっていたのですが・・・藤って高いトコにあるから撮り難いんだよね~(~_~;
(しかもマクロレンズしか持ってきていないし(^^;;;)

20100427_yase03 20100427_yase04 20100427_yase05

鑑賞するならお寺やお城などにある藤棚に咲き誇る藤が一番なのですが・・・森的には、こういった山の中で自然の状態で咲いている藤の花が好きですね(^^)

もちろん藤だけではなく、この石橋周辺はいたるトコロが絶好の撮影ポイント。

20100427_yase06 20100427_yase07 20100427_yase08

桜の樹も完全に葉桜となり、辺り一面の萌える緑・・・中でも青々としたモミジが特に見事でした(^^)

20100427_yase09

秋の紅葉の時期には、また美しい姿を見せてくれることでしょう。

20100427_yase10 20100427_yase11
コチラが日向街道。
山の奥へと続く、雰囲気ある石畳の道です。


石畳の道を少しばかり山の中へ入っていくと、そこもまたたくさんの被写体だらけ。

20100427_yase12 20100427_yase13

日陰や湿地を好む独特の植物たち・・・もちろんそれぞれの美しさがあります。

20100427_yase14 20100427_yase15

苔の間から滴り落ちる水滴や、鬱蒼と生い茂る木々の間から僅かに差し込む木漏れ日の美しさは、ファインダーを覗く度にシャッターを押さずにはいられません。

20100427_yase16 20100427_yase17 20100427_yase18
そして、そんな場所でも命を育む小さな生き物たち。

・・・とまぁ、ササッと写真を撮って帰るつもりが、いつの間にかスッカリ熱中してしまい・・・気がつけば2時間近く居座っていました(笑)
やっぱり撮影しだすと時間が立つのを忘れちゃいますね(^^;;;

でもまぁ、(苦し紛れ感はありますが)ナントカ藤の花も撮れたことだし、他にも思いがけずたくさんの写真が撮れたので良かったです(^^)

いろいろな花が次々と咲いては散り、日に日に暖かくなってくる今日この頃・・・さぁ、次は何の写真を撮ろうかな?!

アドレスでのお散歩ツー!弓削神宮と武蔵塚 

  • 2010.04.26 (Mon)

今日はお昼前から雲が多くなってきたものの、しばらくは雨が降りそうになかったので、慣らしがてらぎんねず(=アドレス)で近場をお散歩してくるコトに。

最近アチコチでチラホラと目にする藤の花もそろそろ時期を過ぎつつあり、ホントは玉名の「山田の藤」でも見に行くつもりだったのですが・・・

ソコソコの距離あるし、もし途中で雨が降り出しでもしたらイヤだったので(笑)、行き先を変更して向かった先は市内にある「弓削神社」。

ココの境内の奥に見事な藤の木があるので、ひょっとしたらまだ花が咲いているカモしれないと思い、代わりにこの藤を見に行こうという魂胆です(笑)

ちなみに弓削神社については、以前訪れたことがあるので今回は割愛させて頂きます(笑)
興味ある方はコチラもどうぞ(^^)→「巨○伝説!?弓削道鏡ゆかりの神社へ再び


20100426_yugehouou1
そんなワケでサクッとやってきました先ずは「弓削法皇社」。

藤があるのはコチラではありませんが、二社一対だし、通り道の道沿いにあるついでにご挨拶がてら立ち寄りました(笑)

20100426_yugehouou2
相変わらず寂れたカンジの神社ですが…(^_^;

ココで簡単に参拝をし、ササッと写真を撮ると本来の目的である「弓削神宮」へ。

 ...続きを読む

汎用品でオフ車仕様!KITAKO「ナックルカバー」 

  • 2010.04.25 (Sun)

今日は朝から絶好のツーリング日和でしたが、チラシさんが勝手にポチッていたKLXのプチカスタムのブツが届くので、結局はツーリングへ行かずじまいでした(^^;;;

まぁ、昨夜は会社の飲み会でそのままお泊まりだったチラシさんが朝に帰ってくることもあり、せっかくだし一緒に近場を走りに行こうかとも思っていたワケですが・・・

予定より早く帰宅した彼は珍しく飲み過ぎて完全にグロッキー状態、とても走りに行ける状態ではなく(~_~;

こんなことならやっばり一人でツーリングに行けば良かったと思っていると、やがて例のブツが到着(笑)

一体何を勝手に買っていたのかと言うと・・・

20100425_knucklecover1
KITAKOのナックルカバー(笑)

前々からKLXにナックルガードを付けたいとは思っていたのですが、取り付けには加工が必要だったりでなかなか良さげなモノがなく、森的には今すぐに熱烈に欲しいほどではありませんでした。

・・・が、たまたま先日チラシさんがコレを見つけ、森は「ふ~ん」くらいにしか思わずに「付けるとしたら白かな~」なんて軽く口にしていたのですが。

いつの間にかアドレスのクリアウィンカー(…と、ついでにLED)と同時に、このナックルカバーまでも一緒にポチッていたという・・・(~_~;
(今まで何気にお小遣いは貯め込んでいたと思われ(笑))

20100425_knucklecover2
汎用品ですが、KLX125にも装着できるらしいのです。

取り付け自体はボルトオンで簡単なのですが、ブレーキとクラッチのレバー両方を若干ずらす必要があり、しかもケーブル類が干渉するので、上手く取り付けるのに少々手間取りました。
(…なので作業中の写真はありません(^_^;)

20100425_knucklecover3

分り難いカモですが、こんなカンジね。

20100425_knucklecover4

20100425_knucklecover5
前から見たらこんなん。

このチープさが逆にKLXにマッチしていて、汎用品にしてはまんざらでもない気がします(笑)

完全な実用性ではなく、説明書にもドレスアップ目的とあってお値段もそれなりですが、見テクレだけでも手軽にオフ車っぽくなるしで森的には満足でした(^^)

この後はさっそくテスト走行(?!)に出かけたのは言うまでもありません(笑)
まぁ、例によって御船の山の中をチョロッと走り回っただけですが・・・(^^;;;

 ...続きを読む

相良のアイラトビカズラ!鼻をも曲がる懐かしきその香り 

  • 2010.04.24 (Sat)

久しぶりに天気も良くなった今日は、明日のツーリングに備えて午前中はVTRのチェーンオイルを差したりの軽いメンテをし、お昼過ぎから近場をブラリとお散歩してきました。

でも撮りに行こうと思っていたのですが、ちょうど今の時期に花を咲かせる「アイラトビカズラ」を見に行こうと思いたち、山鹿を目指してきみどりでGo!

このアイラトビカズラについては、一昨年のGWにも見に行ったことがあるので詳しい説明は省きますが(笑)、その強烈な芳香は今でもハッキリと覚えておりまして・・・しかも近場にいながら去年は見に行かずじまいでした。

※参照記事→「日本に二本だけの花!鼻をも曲げる芳しきその香り
余談ですが、この数日前に初めてチラシさんとのツーリングに行った森、この記事の中にある「その後ちょっとばかり寄り道をして云々~」というのは、ぢつはチラシさんの家に遊びに行っていたのでした(笑)
これを機に水面下でチラシさんとのお付き合いが活発になっていったのはココだけのハナシです(笑)


第二空港線(=K36)経由で市内を抜けてR325を北上し、人は多いだろうと思ったものの、せっかくなので途中にある道の駅「七城メロンドーム」に立ち寄りました。

20100424_merondome1
遠くからでも目立つメロンが特徴。
ちなみに写真の建物はトイレだけどね(笑)


ここで久しぶりにツーリングでのお約束(?!)であるソフトクリームを購入。

もちろん名物(?)のメロンソフトもあるのですが・・・

20100424_merondome2
メロン自体がそれほど好きでもない森はチョコレートをチョイス(笑)

 ...続きを読む

草千里99!10年前の自分に逢える写真集 

  • 2010.04.23 (Fri)

今日は朝から思いがけないブツが届きました(^^)

20100423_kusasenri991
なじぇに今頃?!…ってカンジですが、草千里99の写真集(笑)

過去の記事でもチョロッと書いていたと思いますが、この草千里99の写真集は森が随分前に知人に貸していたところ・・・そのまま音信不通になってしまい、未だ手元に返ってきていませんでした(^^;;;

・・・で、たまたま先日、草千里09の公式サイトを見ていたチラシさんに、

「草千里99の写真集が売りようよ!」

・・・と教えてもらいまして(笑)

さっそく見てみると、なんと写真集の在庫処分というコトでお値段は定価の半額、しかもこれまた在庫処分のTシャツまでついてくるらしく・・・ハイ、もう迷わずにポチッていたというワケです(^▽^;

20100423_kusasenri992
Tシャツはそのままタンスの肥やしになるカモですが(^^;;;

20100423_kusasenri993
よく見るとシリアルナンバー(?!)が。限定販売だったのかな?

約10年振りに手にした草千里99写真集ですが、これがまた感慨深くて、懐かしくて、涙まで出てくるのです(笑)

過去の自分がいる・・・過去の仲間たちがいる・・・その感動なのでしょう。

・・・去年の草千里09も、10年後にはきっと同じ気持ちで写真集を見ているのでしょうね。
あのうだるような暑さと果てしない待ち時間はかなりきつかったケド、それらも全てがかけがえのない思い出ですから。
09の写真集もあと4ヶ月ほどで完成かな?!・・・楽しみです(^^)


ちなみに99の写真集はこんなカンジ。

20100423_kusasenri994 20100423_kusasenri995

ご覧の通り、阿蘇の雄大な自然を駆け抜けて草千里99に集結したライダーたち、そして彼らのメッセージが載せられた写真集で、参加していない人でも純粋に「ライダーの写真集」として楽しめるのではないかと思います(^^)

20100423_kusasenri996 20100423_kusasenri997

あ゛、もちろん(10年前の)森も載っていますよ(^^)v
PM2:00~PM4:00のSTAGE4「光風陸離」の1ページに小さくだけどね(笑)

もし購入したいと思われる方は・・・在庫限りなのでお早めに~(^^)b
公式サイトの『「草千里09」前売り販売のお知らせ』のリンク先から購入できます)

スマートにナビを装着!SYGN HOUSE「バイク マウントシステム」(iriver CaroNavi用) 

  • 2010.04.20 (Tue)

先日、森が久々に山口ツーリングに行ってきたことは、皆様の記憶に新しいことと思います。

その時のレポでは一切触れていませんでしたが、我がVTRにはちゃんとナビ(=以前購入した「iriver CaroNavi M3」を装着していました(^^)b

購入してからようやく本格的なツーリングで使用したような気がしないでもないですが(笑)、いや~、マジで便利だったです、ナビ(笑)

ちなみに、装着方法はナビに付属の吸盤でタンクにベタッとくっつけていたのですが・・・これがなかなか強力で、高速をバンバン走っていてもまったく問題ナッシング

・・・が、その「タンクに吸盤で装着」している姿が森的にはどうもおマヌケに見えるワケで、(セルフではない)スタンドで給油した時も、なんとなく恥ずかしい思いをしておりました(笑)

それに第一、VTRにはビデオカメラを装着するためのタンクマウントもあるので、ナビ装着時はそれがとっても邪魔なんですよね。
(…とは言っても最近は動画を撮っていないので、それなら外せばいーじゃんと言われそうですが(^^;;;)

まぁ、近いウチに動画の方も復帰したいし、カメラとナビのマウントを両立させるには、やはりナビをタンク以外の場所に装着するしかないワケで。

そこでナビのマウント方法についてイロイロと調べていたところ、バイクマウントの大御所(?!)・サインハウスにシッカリCaroNavi用のマウントパーツがあるではありませんか(嬉)

ちなみに、サインハウスのマウントはいろんなパーツを組み合わせるタイプなので・・・何気にメンドクサイ感があった森は、今まで興味もなかったんですよね(^^;ゞ

しかも思っていたほど高くもないし、これなら森のVTRにピッタリだろう!というパーツもあったので、迷わずにポチッ♪
(たまたまウェビックがサインハウスのセール中で安くなっていたしね(^^))

ちなみにチョイスしたのは、

Aパーツ → ホルダータイプの「A-17」
Bパーツ → Sショートアーム(53.5mm)の「B-3」
Cパーツ → レバーホルダーベースの「C-9」

の3点。

 ...続きを読む

初乗りインプレ!アドレスV125Gリミテッド(通称「ぎんねず」) 

  • 2010.04.19 (Mon)

先日、速攻で我が家にやってきた納車ホヤホヤの「ぎんねず(←勝手に命名(笑))」ことアドレスですが、さっそく土日に乗ったので、その感想と使用感を少しばかりレポしたいと思います。
・・・とは言っても、まだ慣らし中なので、走りに関しては参考程度にしかならないと思いますが・・・(^_^;

まずは足付きですが、ソコソコのシート高があるので森の身長(=160cm)では片足でも踵が思いっきり浮きます(^_^;
(両足だと完全につま先バレリーナ状態)

・・・が、車体がコンパクトなので、街中のストップ&ゴーでも不安はないです。
(お尻を少しずらせばベッタリと着くしね(^^))

スタート時も思ったよりスムーズで、スペイシーで感じていたモッサリ感はなく、アドレスの加速感はどちらかといえば2ストっぽいような感じでした。

すり抜けをはじめ、Uターンやせせこましい道をチョコマカ走るのも楽チンで、この辺りはやはりコンパクトさと軽さの恩恵でしょう。

もちろん広いバイパスを車の流れにのって走るのも全然問題ナッシング(慣らし中なのであまり速度は出していませんが(^_^;)、アクセル開閉のレスポンスも良く、慣らしが終わって気兼ねなく回せるようになれば、より一層キビキビ走れると思います。

燃費はまだ計っていませんが、4ストだしソコソコの燃費はいくと思われます。
(それはまた後日にでも(^^))

走りに関しては今のところこのくらいですが・・・お次は装備について紹介させていただきましょう。

 ...続きを読む

決着!レッツ譲渡事件 

  • 2010.04.16 (Fri)

さて、森のレッツが知らないウチに譲渡されてしまい(笑)、新しい原二スクーターの購入を余儀なくされたワケですが・・・今日、いともアッサリと決着がつきました(早っっ)

・・・ってコトで、ここで問題です!

レッツの話を白紙に戻すか、それともチラシさんの月々のお小遣いで新しいバイクを買うか?という究極(?!)の選択に、彼が選んだのはズバリ、どっち??

・・・と、いきたいところですが(笑)、あまり引っ張るのもアレなので、サッサと結末をお話しましょう。

正解は・・・ハイ、後者の方でした(まぁ、大体予想はしていたケドね(^_^;)

その辺の詳細についてはチラシさんがそのうち自分のブログにアップすると思いますので、ココでは割愛させていただきます(笑)

・・・で、残る問題はバイク選びとなったワケですが。

ココでまたチラシさんお得意のブレが出まして、昨日までは中古にしようと言っていたクセに、「やっぱりPCXがイイ!」とか「新車の方がイイ!」と言い出して聞かず・・・(~_~;

すったもんだの挙げ句、新車にしろ中古にしろ取り敢えず見に行ってみようと、お昼から二人でバイク屋さんへ行ったのですが。

その数時間後に・・・

20100416_address1
じゃーん!

・・・ハイ、驚異的なスピードで納車されました(^^;;;

20100416_address2
SUZUKIのアドレスV125Gリミテッド。シッカリ新車です(^^;;;

これがまったく候補にもなかったバイクだったんですケドね・・・(^_^;

このリミテッドは、なんとグリップヒーターとシートヒーター、そしてハンドガードまでもが標準装備されている限定モデル。

たまたま店頭に一台だけ残っていて、しかも今はキャンペーン中でGIVI箱がオマケで付いてくるとのことだったので・・・森もチラシさんもスッカリその気になって商談成立~(笑)

まぁ、ヒーター類は今からの季節はほとんど必要ないのですが、どうせ冬になっても乗るんだし、最初からこれだけの装備があれば他には何もいらないでしょ。

特に急ぐワケでもなかったのですが、バイク屋の親父さんが「夕方には持ってこれるよ~」と、えらく今日の納車にノリノリだったので、それならとお願いしちゃいました。
(ついでにレッツの名義変更もしてくれたしね(^^))

20100416_address3
・・・が、前から見たハンドガードがなんかダサイ・・・(^_^;

でもまぁ、チラシさんもこれからは心を入れ替えて(?!)バイク通勤すると言っているし(←あまりアテにはしていませんが)、二人の足として大いに活躍してくれることでしょう。

PCXの誘惑!その後の展開(動画編) 

  • 2010.04.15 (Thu)

先日PCXを見に行って見積もりまで出してもらい、あやうくその気になりそうになった森。

・・・が、いくら新しい原二が欲しいとはいえ、我が家の経済状況をこれ以上悪化させるワケにはいかん!!

ってコトで、ココはグッと我慢してレッツを乗り潰す決心をしていたところ、森の知らないウチにとんでもない展開に!!

最近彼がハマッている動画で原二事件がどうなったのかを作ってみたので・・・良かったら見てね(笑)↓



イヤ、もちろん実際はこんなに怒り狂ったワケではないですよ?(^^;;;

PCXの誘惑!財源を如何に捻出するか、それが問題だ 

  • 2010.04.13 (Tue)

先日、外出ついでにバイク屋さんへ立ち寄って、チラシさんが前々から気にしていたPCXの実車を見てきたのですが。

どうやら彼は実車を見て原二スクーター熱に火がついたらしく、(以下略)

そりゃあ、何かと話題のPCXは森もノドから手が出るほど欲しいですケド、なにぶんにも財源がないし、森は今のレッツでいいしな~と思っているんですよ。

・・・が、折しもチラシさんの父上様が、ちょうど3~4万円くらいで足代わりになるスクーターを所望されておりまして、コッチがその気ならチラシ家のレッツを譲り受けようかという話まで浮上してくる始末。

まぁ、(諸費用込みで)そのくらいの値段で買える原付なんて、せいぜい部品取りくらいにしかならないようなオンボロしかないし、ウチのレッツなら程度もイイし良く走るしで、何気に目をつけられていたらしく(^_^;

その話に我が家の物欲大魔王はノリノリで、レッツは実家に譲って新しい足としてPCXを買う気マンマンなワケですよ。

・・・で、今日は早く仕事が終わった大魔王とまたもやバイク屋さんへ行ってきたワケですが・・・

20100413_pcx1
展示されているPCXはキャンディーなんとかレッド(笑)

黒や白の方が人気があるらしいのですが、森的には赤でもまんざらでもない感じで、大魔王も「こーいう赤ならイイよね♪」と、お気に召している様子。

20100413_pcx2
(背景が白飛びしているのはご勘弁(^_^;)

もちろん足付きも問題ないし、取り回しもぜんぜん余裕。

はぁ、やっぱりいいなぁ~PCX。

20100413_vfr1
もちろんVFRにも目がいきますが、さすがにコッチは買えません(キッパリ)

それにこのデザインは思いっきりビーエムチックだし、森的には以前のスタイリッシュな2型の方が遥かに好みなので、たとえお金があっても買おうとは思わないです(^_^;

20100413_vfr2
大魔王は「前よりもコンパクトやん!これなら楽に運転できる!」と大絶賛しておりましたが…
そんなコト言って油断してたらまた白線の上でひっくり…イヤイヤ、何でもないです(笑)


・・・とまぁ、VFRに跨がったりしつつも、取り敢えず今日のところはPCXの見積もりだけ出してもらって帰りました。

まぁ、まだ買うと決めたワケでもないのですが・・・多分買わないと思いますです・・・多分(笑)

こうもバイクばっかり買う我が家ってやっぱり尋常じゃないし(笑)、経済状況だってキビしいんだし、大魔王は例によって(買うまでは)都合のイイことばかりのたまっておりますが、その言葉がいかにアテにならないかというのはこれまでの経験でよ~~~く分かっているしね。

あ゛~、でもやっぱり欲しいなぁ・・・PCX(笑)

・・・ってか、夫婦でバイク乗りっていうのもある意味大変だと思う。。。(落胆)

蓮華・蓮華・蓮華 

  • 2010.04.11 (Sun)

この間までいたるトコロで満開だった桜もスッカリ葉桜となってしまいましたが・・・最近はアチコチの田んぼで、一面ピンクに咲き誇る蓮華草を見かけるようになりました(^^)

華やかな桜ももちろん好きだケド、こういった蓮華草やタンポポといった草花も大好きな森、「桜だけが春じゃない!」とばかりにさっそく蓮華草を撮りに行ってきました(笑)

・・・とは言っても、家のごくごく近くなので、撮影ツーなどではなく、ホントに「写真を撮りに行っただけ」ですが(^_^;
ちなみにお供のカメラは、久々のD60にマクロレンズのコンビです。

20100411_renge1
そんなワケでサクッとやってきました近所の蓮華草畑(笑)

田んぼの中にまるでピンクの絨毯を敷き詰めているようでとても綺麗~(^^)

20100411_renge2

・・・だだ、写真に撮るのは何気に難しいんだよな(^_^;

20100411_renge3

しかも今日は今にも降り出しそうなドンヨリな空模様で、明るさも今イチ・・・花に限らずですが、やはり外での撮影は明るいお日様の下がいいですね(^_^;

20100411_renge4
蓮華草の中に一本の菜の花(^^)

久々のマクロレンズなので、もちろん接写でも撮りまくりです(笑)

20100411_renge5 20100411_renge6 20100411_renge7


通りすがりに何気に見ている蓮華草でも、こうしてじっくりファインダーを通して見ていると、ぜんぜん別の花のように見えてくるから不思議。

「ヘェ、こんなカタチしてたんだ」なんて新たな発見や驚きもあるし・・・やっぱり写真を撮るのは面白い(^^)

20100411_renge8
お約束のミツバチもね(笑)

この可愛らしくて綺麗な蓮華草たちも、もうしばらくしたら耕されて田んぼの肥やしになってしまうんだろうな・・・桜もそうですが、ピンク色の春の花って何気に寿命が短いような。

季節は足早に移り変わっていくし・・・時期を逃さないように、季節の花々たちをシッカリ写真におさめていきたいですね。

倶梨加羅不動・動画編 

  • 2010.04.09 (Fri)

スルドイ人は先日のKLXの写真を見てお気づきだと思いますが・・・

ハイ、今回は久しぶりに動画を撮ってみました(^^)

KSRの時と同じマウント方法で撮ってみたのですが、さすがに路面が荒れている箇所ではブレブレです(^_^;
やっぱりオフ車だとメットマウントしかないのかなぁ~(…それもちょっと恥ずかしいモノが)

でもまぁ、「倶梨加羅不動」へ行くまでの道がどんなカンジなのか、大体お分かり頂けるのではないかと思いますので・・・
良かったら見てね↓



今回のBGM・・・分かる人には分かる、懐かしのアニソンです(^^;;;

南阿蘇の秘境再び!倶梨加羅不動はプチ・ラピュタ?! 

  • 2010.04.08 (Thu)

今日も朝から文句ナシの良いお天気だったので、チラシさんが仕事に行った午後からきみどりで近場をブラリとお散歩してきました(^^)

ただ、コンデジがないと自分撮りもできないしツマンナイなぁ・・・ってコトで、チラシさんのカメラを借りようと掛け合ってみたところ・・・

「オレのカメラは『森さん』には指一本触れさせんけんね!」

・・・と、頑なに拒否されてしまいました(;_;)

いいじゃん、気をつけて使うからさぁ~

3回もカメラを落として壊すようなヤツに誰が貸すね!」

・・・はぁ、ごもっとも(^_^;

そんなワケで自分撮りは諦め、デジイチ(=D90)を持っての出撃。

今日の目的地はというと、最近微妙~に気になっている「倶利加羅不動」です。

以前、「清水滝(※1)」を訪れた時にこの「倶利加羅不動」へも行ってみようとしたところ、地元のおっちゃんに「この先は何もないよ~」と言われて結局行かずじまいに終わっていたのですが・・・果たして本当に何もないのか、最近妙に気になってきて、近いウチに自分の目で確かめようと思っていたのです。

・・・で、どうせなら久々に清水滝へのゲート(※2)をくぐって行く正規ルート(笑)を走って行こうと思いたち、さっそく南阿蘇へGo!

参照記事
(※1)「南阿蘇の秘境!?倶利加羅不動と清水滝
(※2)「速攻リベンジ!清水滝へのゲートウェイ


ちなみに、この清水滝とそれに通ずる不思議なゲートは、森的にはイチオシのミステリースポットなのですが・・・誰も訪れないとはこれいかに(笑)

 ...続きを読む

VTR本州初上陸!山口の「珍」スポットを求めて 

  • 2010.04.04 (Sun)

今日は珍しく(?!)日曜日が空いた(…というよりも空けた(^^;;;)ので、久しぶりに高速を使って遠出をするつもりでした。

ちょうどチラシさんの出勤も超早く(=AM3:00)、森もそれに合わせて家を出れば大山くらいには余裕で行けるでしょ。

・・・が、イザ2時ハンに起きて外に出てみると、これまたハンパない冷え込みだったので・・・チラシさんを送り出すと、結局は布団に潜り込んでウダウダしていました(^^;;;

いくら春とはいえ、今の時期の未明の高速なんてまだまだ極寒装備で行かないととても走っていられないし、第一カンジンのオーバーパンツはこないだクリーニングに出しちゃったんだよね~(笑)

いっそ夕方から一心行の桜ライトアップでも見に行くかと思ったのですが・・・どーしても本州が諦めきれなかった森、日が昇ってからなら少しはマシだろうと、結局は8時前に家を出て本州を目指すコトに。

市内を少し走って益城熊本空港ICから高速に乗り、一気に九州道を北上したのですが・・・覚悟していた通り、高速はやっぱり寒い~(>_<)
まぁ、オーバーパンツはなくてもそれなりの防寒装備で出て来たので、少しばかり我慢しつつ、いいペースで走れました(^^)

250ネイキッドだと高速は少々辛いかな~とも思っていたのですが、なかなかどうして、しらゆきがVFR並みに走ること走ること!(笑)
さすがにパワー感は800には敵いませんが、VFRのV-TEC作動領域の速度(笑)でもフツーに走れます・・・イヤ、マジで。

ガイラシールドの絶大な防風効果は、フルカウル車のそれと全く変わらなく楽に走れるし・・・まぁ、防風効果に関しては、サイドカウルとアンダーカウルの整流効果(?)の恩恵も少なからずあるような気がします。

あ゛、あと今日はリヤにハコをつけてきた(!!)のですが(←だってチラシさんが「ハコ付けてお土産買ってきてよぅ」とウルサかったんだもん)、ハコは走りやすさとはカンケーないと思います(笑)

 ...続きを読む

次回ツーリングレポ予告 

  • 2010.04.04 (Sun)

20100404_yokoku


吹き抜ける春風が、髪を乱す。
桜が舞い、樹々の擦れ合う音が聞こえてくる。

何かが動き出すのを感じた。
眠っていた何かが、再び始まろうとしているのだ。

──本州へ。
VTRを駆り、森は再び関門海峡を渡る。
空はどこまでも青く、日本海は果てしなく輝き広がっている。

Vツインの鼓動は力強く、そして猛々しく、かつての迎撃機に勝るとも劣ることはない。

雄々しく大地を駆ける小さな軍馬──遂に本州上陸!

またまた?!クルマ編「君の名は・・・」 

  • 2010.04.02 (Fri)

今日、我が家に新たな(?!)クルマがやってきました(^^)v

20100402_moco1
その名もズバリ、NISSANのMOCO。

狭い我が家のピット(=車庫)にも余裕で入ります・・・さすが軽自動車(笑)

20100402_moco2
カラーは新色の「モコ・コーラル」(笑)

ちょうど今月からチラシさんの実家の車庫に車一台分のスペースが空いたこともあり、彼のノートは実家に置くこともできるようになったのです(^^)

・・・なので、これを機に森もそろそろ自分のクルマを…と思ってはいるのですが、さすがに今は新しいクルマを買う余裕はありませ~ん(^^;;;

・・・ハイ、今日はノートを車検に出したので・・・このモコはその代車なのでした(笑)

でも、このくらいの軽なら森にもラクラク運転できそうだし、維持費も普通車よりは安いし・・・う~ん、マジで自分のクルマが欲しいよ~(笑)

色のイロイロ!車体色の名称について考える 

  • 2010.04.01 (Thu)

バイクやクルマに限らず、何かモノを買う時というのは、価格やデザインや性能に加えて「自分が好きな色」であることも重要な要素である。

・・・が、最近は長ったらしくて意味が良く分からない名前の色があまりにも多い。

もちろんバイクの車体色も例外ではないのだが・・・果たして名前だけ聞いて、どんな色なのか理解できる人は存在するのだろうか。

まぁ、ほとんどは最後に「○○ホワイト」だの「××ブラック」とあるので、大抵は「ああ、○○みたいな白なんだ」とか「ナルホド、××な感じの黒か」とは理解できることと思う。

・・・とはいえ、やはり「それってどんな色やねん!」と激しく思う色の名前もあるワケで・・・ましてや「ぢぶん、ホンダの○○○に乗っているんですよ~、色は『○○○○××××レッド』です♪」なーんて口頭でカタログ通りのカラーリングを言っているオーナーはいるのだろうか。

例えば、森のしらゆきことVTRのカラーは「パールサンビームホワイト」である。

パールホワイトならまだしも、何故ワザワザ「サンビーム」なんて単語を入れたのだろうか。
イメージとしては、「日の光に輝く真珠」?!
(もちろん色を聞かれた時なんかはフツーに「白」と答えるし、自分でも単純に「白」というアタマしかない)

他のホンダ車のカラーリング(の一部)を列記してみると・・・

《黒・グレー系》
グラファイトブラック
パールコスミックブラック
パールプロキオンブラック
ダークネスブラックメタリック
アキレスブラックメタリック
ヘビーグレーメタリック
マットアクシスグレーメタリック
バーニアグレーメタリック

《白・シルバー系》
ロスホワイト
コルチナホワイト
シャスタホワイト
パールミルキーホワイト
パールアルパインホワイト
パールキャンサーホワイト
パールフェイドレスホワイト
デジタルシルバーメタリック
ソードシルバーメタリック

《赤系》
イタリアンレッド
ヴィクトリーレッド
エクストリームレッド
モンツァレッド
キャンディープロミネンスレッド
キャンディーグローリーレッド
キャンディーグレイスフルレッド
キャンディーブレイジングレッド
ボルドーレッドメタリック

《青系》
キャンディーフェニックスブルー
キャンディーアルジャブルー
キャンディータヒチアンブルー
グリントウェーブブルーメタリック
サイクロンブルーメタリック
ナッソーブルーメタリック

《その他》
プラズマイエロー
パールフラッシュイエロー
ペルセウスブラウンメタリック
フォルタレーザバイオレットメタリック
レプスピンクメタリック

・・・とまぁ、こうして文字だけで見ると最早名前を聞いただけでは一体どんな感じの色なのか分からないレベルである。

もちろん他のメーカーでも実に多種多様なカラーリングが揃い踏みだが、あまりにも数が多いのでここでは割愛させていただく。

ちなみに、森のセカンド・きみどりことKLX125のカラーはシンプルに「ライムグリーン」。
何故かオフ車に関しては、どのメーカーも凝った名前の色はない傾向にあるようだ。

今まであまり深く考えていなかった自分のバイクの色であるが・・・ここはひとつカラーリングの名付け親(?!)に敬意を表して、正しい名称で呼んでみるのもいいかもしれない。

ただし、「それってどんな色?」とツッコまれても説明のしようがない色の場合は無難に「赤」とか「青」と言っておく方が良いと思われるが・・・(笑)