スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の炭火焼!矢部野ファームで地鶏三昧 

  • 2011.07.29 (Fri)

総走行距離が1000kmを越えてからは、それまでの伸びっぷりがウソのようにパッタリ出番がなくなった(笑)コペンですが・・・今日は久しぶり(?)に、そのコペンでドライブと洒落込みました。

まぁ、ドライブとはいっても、例によってご近所をブラブラしてランチを食べに行っただけで、ルートも代わり映えのないいつもの道だったケドね(^^;;;

ただ、今日は珍しく俵山(←旧道の方ね)へ登ってみました。

20110729_tawarayama1
風車をバックにパチリ!

そういえば最近は森もコッチには来てなかったな~・・・なんか久しぶり感(笑)

20110729_tawarayama2
ココからの景色もなかなかのもの(^^)

 ...続きを読む

スポンサーサイト

南阿蘇の熊野古道!上色見熊野座神社と穿戸岩 

  • 2011.07.27 (Wed)

今日は久々のVTRで出撃を企んでいた森でしたが、今イチお天気がパッとしなかったので、ディオで慣らしがてらのプチツーリングへ繰り出しました。

午後からの夕立が心配でしたが、なるべく早めに帰れば大丈夫だろう・・・ってコトで向かった先は南阿蘇

お馴染みのルートをトコトコと走り、グリーンロードの展望台(=西原側)で一旦休憩~♪

20110727_greenroad
メットは被ったままだけどね(笑)

ササッと写真だけ撮ると、バイクもクルマもいない平日のグリーンロードを一気に久木野まで走ります。
さすがに原二スクーターだとグリーンロードの登りは少々ツライものがありましたが…(^^;;;

ばぁちゃんの展望台でも写真を撮るつもりでしたが、先客がいたためにスルー(^_^;

グリーンロードを降りた後は、これまたお馴染みの広域農道へと入り、R265方面へ。

今日の目的は・・・ハッキリ決めていたワケではありませんが、前々から行きたいと思っていた、高森上色見にある穿戸岩

雨の心配もあったので、行くかどうか迷っていたものの、何気に惹かれるモノを感じ、ディオを走らせているウチにいつの間にか高森まで来てしまったという・・・(笑)

 ...続きを読む

引退!松戸レプリカ(Arai RX-7 RR4) 

  • 2011.07.21 (Thu)

今日の夜、例によってチョロッとディオで走りに出かけ、帰ってきた時のこと・・・

メットのシールドはクリアに替えていたので、いつも付けているミラーシールドに付け替えていたのですが。

ちなみに、普段森が被ってるのはアライ(=松戸レプリカ)なんですが・・・もともとアライはシールド交換がものすご~くメンドッチイんですよね。

今回もなかなか上手くはまらずにガチャガチャやっていたら・・・突然、

パキッ!

・・・と、何ともイヤ~な音とともに・・・

20110721_matsudo

ハイ、ホルダー部分が壊れました。。。orz

内部のツメが折れて、もはや修復は不可能(撃沈)

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・。


はぁ・・・ショックだ。。。しばらく立ち直れそうにない。。。
まぁ、ぢぶんが悪いのは分かっちゃいるんですケドね…それでも、もちっとシールド交換を簡単にしてくれ!アライ(T_T)

この部分のパーツを探してみたのですが、さすがにメット自体が古いし、このグラフィックの在庫はナッシング。
(しかもこのメットは限定モデルだったよーな)

それかいっそ、フツーの黒一色のパーツを付けるか?(それも微妙…)

まぁ、いい加減このメットも傷だらけだったし、内装もヘタリつつあったので、これを機会に取り替えろということでしょう(無理矢理納得)

もう一つのショーエイの勝負メット(笑)もあるから、そっちに鞍替えしてもイイんだけど、あまりに落ち込んでいる森を見かねて、なんとチラシさんが新しいメットをポチッてくれました(謝)

・・・そんなワケで、長年愛用してきた松戸レプリカも遂に引退です(T_T)
CBR600RR時代からずっと被ってきた、思い出も一杯つまったメットでしたが・・・さすがに捨てたくはないし、保存用で飾っとこ。。。

真夜中の検証!Dio110のライトの明るさ 

  • 2011.07.20 (Wed)

昨日納車されたDioで今日はさっそく慣らしツーリング・・・といきたいトコロでしたが、あいにく朝からずっとドンヨリな空模様だったので、結局どこへも行かずじまいだった森。

それでもバイクやクルマを新しく購入した時は、必ずホーム神社へ報告と安全祈願をお願いしに行っているので、夕方からそそくさと支度をすませてGo!

20110720_kitaoka
そんなワケでサクッとやってきました北岡神社。

まぁ、安全祈願といっても、別に神主さんにマンマンシャン(←お祓いみたいなヤツね(^^;;;)をしてもらうワケではなく、ただ単に拝殿で神サマにお願いするだけの簡単なものですケドね(^_^;

ササッと参拝を澄ませた後は、ついでなので近所のスーパーに寄って買物をして帰宅したのですが・・・今回はクルマの多い市内での走行、慣らし中とはいえ、ソコソコ車の流れに乗って走れました。

信号待ちからの発進でもストレスは感じませんでしたね・・・アクセルを開ければそれなりに加速してくれますし。

サスもほどよく森好みな堅さ(笑)、14インチタイヤも上手く車体とのバランスが取れている感じで、キビキビ走れます。

慣らしが終わって気兼ねなく回せるようになれば、アドレス並み…とまではいかなくても、それなりに走ってくれるんじゃあないでしょうか(^^)


・・・で、夜にチラシさんが仕事から帰ってくるなりDioのライトの明るさを見たいとウルサイので、晩御飯を食べた後、(夜もかなり遅かったというのに)プチナイトツーリングへと繰り出しました(笑)

ライトの明るさを検証するため、外灯のない田んぼ道へ向かったのですが、次々と襲いかかるハンパない数の虫に閉口した森、写真だけ撮るとサッサと撤収しました(^_^;

以下はその比較写真です。

まずはDio110ね↓
20110720_dio1 20110720_dio2
左がロー、右がハイビームです。
メーターの位置がずれてしまったのはご愛嬌…(^_^;


ついでなのでアドレスも(笑)↓
20110720_address1 20110720_address2
コチラも左がロー、右がハイビームです。

こうして写真で比較するとDioのライトが随分暗いように感じますが、実際は充分明るいです。
それでもアドレスの方が、照らす範囲はかなり広いです・・・いかにアドレスのライトが明るいかが伺えますね(^_^;

・・・とまぁ、森的にはかなり満足度の高いDio110、これなら通勤や買物だけでなく、ちょっとしたツーリングも充分こなせそうです(^^)

電撃契約!我が家にDio110がやってきた 

  • 2011.07.19 (Tue)

先日、夢店へDio110を見に行き、まんざらでもないじゃん・・・と思っていた森、アレコレと触ったり跨がったりお話を聞いたりして、散々迷った挙げ句・・・ハイ、ぢつはあの時、シッカリ契約しちゃっていました~・・・わはは(^^;;;

そんでもって台風の影響で天気が心配な今日でしたが、幸いにも雨は降っていなかったので、お昼過ぎに帰って来たチラシさんと一緒に夢店へGo!

アレコレと書類を頂いたり説明を受けたりした後・・・無事に納車されました(^^)

20110717_Dio1101
君の名は・・・(笑)

色はご覧の通りのブルー。
5色の中では、やっぱりブルーが一番カッコ良く見えたので(^^)

・・・ってゆーか、

赤→何だかこの車体には今イチ
黒→ありがちなカラーで面白みがない
白→VTRとカブる(&チラシさんには不評)
銀→アドレスとカブるし、これまたありがちなカラー

・・・ってコトで、ブルーにしたのもありますケドね(笑)

20110717_Dio1102
ハイ、これがチラシ家に新しく加わったDio110です(^^)

20110717_Dio1103
夢店から乗ってきたのでメーターは0kmではないです(笑)

・・・で、この後はさっそくご近所を数キロほど走ってみました。

慣らし段階なのでまだ何とも言えませんが、さすがにアドレスほどのパワーはないですね(^_^;
加速もモッサリ・・・ほどではありませんが、かなりマイルドな感じです。

それでも(以前乗っていた)スペイシーよりかは低速トルクがあるよーな気が・・・

あと、タイヤの細さはあまり気にならないですね。
中国製なのでグリップなどは期待していませんが(笑)

足元の狭さも森的には全然問題ナッシング。

気になるのは、ウィンカーの位置くらいかな(笑)
最近のホンダ車は、ウィンカーとホーンの位置が逆になってきているらしいですが…

20110717_Dio1104
田んぼ道で、アドレスと(笑)

取り敢えずは早く慣らしを終わらせて、9月の三連休あたりに・・・しまなみ海道をディオとアドレスで渡ろうかと企んでおります(^^)

バイクやらクルマの入れ替わりが激しいチラシ家ですが、どうかこれからも生暖かく見守っていただければこれ幸い・・・新しく加わったDio110も、どうかよろしくお願いいたしますm(__)m

・・・ってか、N氏が既にこうなることを予測していらっしゃったのには度肝を抜きました(^_^;
森自身も気がつかない、ブログの書き方で購入パターンが分かってしまうのかしら(^^;;;

意外に良さげ!?HONDA Dio110の実車を見てきた 

  • 2011.07.15 (Fri)

さて、昨日のドライブ帰り、プレオに乗り換えて自宅へ帰る前に立ち寄ったのは、いつもお世話になっている夢店。

HONDAのDio110が7月18日に発売されることが先月末あたりに発表されていたのはご存知の方も多いと思います。

森的には既にリードやスペイシーがあるうえ、PCXもまだ出て間もないというのに何でまたDioで110を出す?!

・・・とまぁ、価格も20万切っているし、せいぜい50ccに毛が生えたくらいのモンだろう…と、それほど期待も興味もなかったのですが(笑)

それでもチラシさんはそれなりに興味シンシンだったので、それならカタログでももらいにいこうと行ってみたワケです。

・・・ところが。

20110715_dio1101
なんと既に実車が!

発売前だというのに、既に実車があったのにはビックリしたんですが・・・それでもパッと見はなかなかイイ感じじゃな~い?(笑)

20110715_dio1102
リードよりも、かなりスリムです。

20110715_dio1103
後ろ姿。
アドレスよりかはもちっと大きいですケドね。


20110715_dio1104
メットインは…ご覧のとおり(^_^;

メットのカタチによっては…ひょっとしたら入らない場合もあると思われます。

リヤには最初からキャリアを取り付けるための穴が(4ヶ所)空いているので、これは思いっきりハコを取り付けること前提ですね。
(キャリアを装着しないと穴が目立って何気にカッコ悪いし…(~_~;)

20110715_dio1105
しかも全色揃っていました(@_@)

リードやスペイシーほどオッサン…いや、通勤バイクっぽくなく、PCXほどスポ~ティ(?)…でもない、ちょうどその中間くらいのデザインといった感じ。
(でもハコを付けたら、一気に通勤バイク寄りになっちゃうカモ?!)

これで20万切っているなら・・・う~ん、どーせ通勤とか買物とか、その辺のお散歩ツーに乗る程度だし、PCXやリードを買うよりかは、はるかに「買い」のよーな・・・(グラリ)

20110715_dio1106
跨がったカンジも森的にはジャストサイズ。
(注:横のヒトはチラシさんではありません(笑))


ただ、男性や身長のある人にとっては、若干足元が狭いと感じるカモしれません。
(ちなみに、チラシさんはあまり気にならなかったそうです)

・・・んで、さんざんDio110を見たり跨がったりした後は、例によってカタログと見積もりを出してもらって帰りました。

あまり期待していなかったDio110でしたが、実車はまんざらでもなかったし・・・値段も値段だし、通勤通学のアシとして、これは意外と人気がでるカモしれませんね~(^^)

初運転!グリーンロードでコペンデビュー 

  • 2011.07.14 (Thu)

梅雨が明けてうだるような暑さが続いている今日この頃ですが、チラシさんも休みな今日は、久々にコペンで出動~♪

先日、一ヶ月点検も済んだことだし、いい加減に森もコペンを運転しないとね(^_^;

・・・とは言っても、ぢつは坂道発進が超!ニガテの森、街中でイキナリ運転するのは自信がなかったので、練習がてら向かった先は、いつものグリーンロード(笑)

平日とあってクルマもバイクもほとんど走っていなかったので、ココで心ゆくまで(?!)練習しておりましたですよ(笑)

20110714_greenroad1
お約束、ばあちゃんトコで一旦休憩~(^^)

・・・で、成果の程はというと・・・ハイ、最初はエンストこきまくりだったんですが(^^;;; 、後半はようやくコペンのクラッチに慣れてきたせいもあってか、エンストはしなくなりました☆

まぁ、それでも完璧というにはまだまだほど遠いです・・・試乗車ではなく、自分のクルマだから余計緊張してしまうのもあるんですよね~(~_~;
ウッカリ回転を上げすぎようものなら横でチラシさんがウルサイし(笑)

20110714_greenroad2
坂道発進以外なら、ぜんぜん問題ナッシングなんですケドね(笑)

でも、やっぱりコペンは純粋に走っていて楽しいです、ハイ。

車内の適度な狭さ(笑)は、クルマとの一体感をより感じられますし、コーナーを曲がる時の気持ち良さはなかなかのもの。
ホント、バイクと同じくらい楽しめるクルマですね(^^)


・・・で、グリーンロードでしばし楽しんだ後は、夕立にあう前に帰りたかったのもあって、早々と昼過ぎには市内へと戻ったのでした。

ただ、プレオに乗り換えた後、とあるトコロへ寄り道をしたのですが・・・そのお話はまた後日に(^w^)

スマホ時代到来!Apple「iPhone4」 

  • 2011.07.13 (Wed)

先日、ついに(…ってほどでもありませんが(笑))森もスマートフォンユーザーになりましたっっ(^^)v

一体どんなスマホにしたのかと言うと・・・

20110713_iphone
じゃ~ん!

・・・ハイ、ご覧のとおり、アップルの「iPhone」です。

最近はスマホも色々ありますが、もともと森はMacユーザーなこともあって、以前から興味シンシンだったiPhone4をチョイス。

時々コメントをくださる某S氏もiPhoneユーザーだしね(笑)
ちなみに機種変更ではなく買い増しです…(^^;;;


9月には新しいiPhoneが出るらしいですが、今は機種代金の実質負担が無料だし、森的には4の機能でも充分すぎるくらい。

チョコチョコいぢっているウチに操作にも大分慣れてきたし、あとは便利そうなアプリをダウンロードして、バリバリ使い・・・こなせて・・・いけたら~いいなぁ、と(笑)

月々のケータイ代が若干増えてしまったのは家計的に少々厳しいモノがありますが、ヒマな時には遊べるし、出先で調べモノもできるしで、一家に一台(笑)あれば何かと便利だしね。

テレビが見れなかったり、おサイフケータイに対応していないなどの問題点(?)もありますが、森はその辺はまったく使わないので問題ナッシング。

ただ、少し不満だったのは・・・ケータイほど細かい設定ができないことぐらいかな。
(ひょっとしたら、アプリをダウンロードすることによって、そーいうコトもできるのカモしれませんが(^_^;)

取り敢えずは、これから色々といぢりつつ(笑)、長く便利に使っていきたいと思います(^^)

玄米茶で玄米フレーク大作戦、あっけない結末 

  • 2011.07.09 (Sat)

今日、森がバイト先から帰った矢先のこと・・・

チラシさんは休みだったので、森が留守の間は食べ物に困らないようにと、タップリ食料を用意していたんですが。

シゴトを終えて自宅に帰り、何気におやつ入れを見てみたら・・・

20110709_kellogg1
ココへ入れていたケロッグ(の残り)がない!

むぉぉ~、まさかまさかと思いきや・・・

20110709_kellogg2
や、やっぱりっっ!(泣)

・・・ハイ、そんなワケで、次回の「冷たい玄米茶で玄米フレークを食べてみる」試みはあっけなくおじゃんになってしまったのでした。。。

それでなくてもいろんなレシピがあったので、何かしら料理とかおやつに使おうと思ってたのにぃ(ブツブツ)

ちなみに牛乳ギライの森は当然牛乳を買わないので、チラシさんはそのまま食べてしまったと思われ。
(さすがに玄米茶はかけなかったらしい(笑))


まぁ、また買ってくればいいだけのハナシなんですが・・・そのうち気が向いたら入手して第2弾をためしてみたいと思います(笑)

憧れは朝食にケロッグ!玄米フレークを玄米茶で食べてみる 

  • 2011.07.08 (Fri)

一日の始まりに大切な朝食は、ご飯であったりパンであったりと、皆さん様々であると思う。

我が家でも、チラシさんの出勤が不規則なために朝食ナシの日も多々あるが、それでも森のきまぐれでご飯なりパンなりを食べている。
(ちなみに、どっちかと言うと森はパン派)

・・・で、先日、たまたまバイト先でダイエットの話をしていた時、食事制限によって1週間ちょいくらいで1.5kgも体重が減ったというお方の食事内容を伺ったところ、朝食には何やらシリアルを食べているとのことだった。

ふむふむ、シリアルといえば・・・そう、牛乳をかけて食べるアレだ。
いわゆるケロッグで、栄養のバランスも申し分ナシ、そして何気に優雅なカンジさえする憧れの朝食

もちろん森も朝食にケロッグを導入したいと思っていたものだが、悲しいかな、森は牛乳が嫌いなので、その爽やかで栄養満点な朝食を摂るには未だ至っていない。

・・・が、ケロッグにもイロイロと種類があるし、牛乳に拘らなくても何かそれに代わる別のモノをかけて食べることができないか・・・ということでフと思いついたのが「玄米フレーク」である。

玄米という、何気に和風なこのフレークなら、牛乳ではなくお茶をかけても違和感なく食べられるのではなかろうか。
しかも玄米茶ならなおさら玄米フレークと相性が良さそうな気もする。

そんなワケで、遂に長年の夢である「朝食にケロッグ」を実現すべく、玄米フレークに玄米茶をかけて食べてみることにした。

 ...続きを読む

意外な再会!?「あそ望の郷くぎの」で出会った人物 

  • 2011.07.05 (Tue)

今日は梅雨の晴れ間のなんとも気持ちイイお天気だったので、休みなチラシさんとまたまたドライブへと繰り出しました。

ちなみにコペンではなく、プレオ号で、ですが・・・(笑)

ええ、予想していたとーり、チラシさんが熱心なのは最初の1000kmまで・・・と言いたいトコロですが、今日は家を出たのが遅かったために、チラシさんの実家に置いているコペンに乗り換える時間すら惜しかったせいもあります(笑)

まぁ、ドライブとは言っても、かなり遅めのランチを食べに阿蘇方面へ行っただけで、特にコレと行ったこともなかったのですが。

ランチを終えて、いつものように南阿蘇経由で帰る途中、前々から何気に気になっていた「あそ望の郷くぎの」へ立ち寄ってみたところ、ここがまたなかなか面白いトコロでした。

20110705_kugino1
広々とした駐車場。
平日の夕方とあってクルマは少なめ。


新鮮な地元野菜などが売っている物産館を一通り見たあと、建物の裏手に行くと・・・なんと思いがけない人を発見!

 ...続きを読む

CDはどこへ消えた?(なかなか信じてもらえない不思議な話) 

  • 2011.07.04 (Mon)

これは先日のドライブ中に、コペンの車内で私が実際に体験したことである。

ただ、場所がちょうどトンネルの中で薄暗かったことと、チラシ氏は運転中でその大事な瞬間を見ていなかったため、私がどんなに説明しても到底信じてもらえないでいる。

もちろん私自身の行動と感覚には絶対的な自信のある紛れもない事実ではあるが、そのあまりの不思議さに、私でさえまるでキツネにつままれたような気がしてならないのである───


-----------------------------------------

時刻はおそらく15時頃だったと思う。

コペンで気持ち良くドライブ中の私たちは高森あたりを走っており、ちょうどトンネルに入ったところで、その時聞いていたCDの曲がすべて終わってしまった。

助手席にいた私は、さっそく別のCDを聞こうと今までのディスクを取り出してケースに仕舞い、トンネルの中の薄暗い中で次のCDを取り出すと、今まで何度もやってきたようにプレイヤーへ差し込んだ。

ディスクはいつもと同じように、半分ほど差し込んだところで軽い手応えとともに一旦止まり、あとは自動でプレイヤーの中へ吸い込まれていった

安心した私は、ケースを直して助手席にもたれかかると次の曲が始まるのを今か今かと待っていた。

ところが、いつまで経っても曲は始まらない。

あれ?と思った私は起き上がり、オーディオの表示画面を見てみたが、何故かCD画面にはなっていない。
おかしいなと思い、イジェクトボタンを押して一旦CDを取り出そうと試みたが、何故かディスクも出て来ないではないか。

電源を入れ直したり、ラジオとの切り替えボタンを何度か押したりして、思いつくことは一通りやってみたのだが、やはり入れたはずのCDは認識されない状態になってしまっていた。

いささか慌てている私の様子に、運転していたチラシ氏は不思議に思っていたが、私が今までのいきさつを説明しても、肝心のプレイヤーがCDをまったく認識していないので、本当にディスクが入っているのか疑わしく思っているようだった。

しかし、CDをプレイヤーに入れた時の、あの独特の手応えを感じたこと、そしてディスクが自動で入っていったのは間違いのない事実なのだ!

・・・とは言っても、オーディオ内にあるはずのCDは一向に認識されないうえに、これといったエラー表示も出ないので、遂に私は強行手段に出ることにした。

それは、もう一枚のCDをプレイヤーに入れてみることであった。

緊張しつつ、別のCDをそっとプレイヤーに差し込んでみると、ディスクはやはり今までと同じように自動で中へと吸い込まれていき、しばらくすると普通に曲が始まったではないか!

それを聞いたチラシ氏は「ホントにCDを入れたと?」と、完全に私が何か勘違いしているに違いないと思っているようだった。

このあまりの出来事には私も半ば自信がなくなり、ひょっとしたらプレイヤーではない、別の隙間にでも入れてしまったんじゃなかろうか・・・とさえ思えてきたのだが、オーディオ回りの隙間を覗いてもCDらしき物は見つからない。

再びCDを入れ直したりもしてみたのだが、イジェクトボタンで出て来たり曲が鳴るのは、やはり2枚目のCDの方で、最初に入れたCDはあたかもプレイヤーの中には存在しないようだった

もはや何をやっても無駄だと分かると、私たちはそのCDを諦め、翌日の一ヶ月点検の時のついでに、今回の事情を説明してディーラーさんの所でCDを探してもらうことにした。

   ・
   ・
   ・

そして翌日、一ヶ月点検が終わり、コペンを受け取りに行った際にCDは見つかったかどうか尋ねてみた。

オーディオ自体も一旦取り外し、隙間なども見てくれることになっていたので少しは期待していたのだが、担当さんから返ってきたのは、残念ながらCDはありませんでした…という申し訳なさそうな返事であった。

そこまでしても見つからないなら仕方がないと、惜しいながらもCDはなんとか諦めもついたのだが、それにしてもあの時プレイヤーに差し込んだはずのディスクは一体何処へいってしまったのか・・・それは今もって謎なのである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。