スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それゆけ本州!紅葉を求めて三段峡 

  • 2006.10.29 (Sun)

こないだ行ったばかりだというのに、いい天気な今日も再び本州へツーリング(^^;
そろそろ紅葉も見頃だろうし、今日はもう少し足を延ばして、三段峡あたりをターゲットに(笑)

高速で九州を抜けた後は、そのまま中国道をひたすら東へ。

・・・が、何よりビックリしたのは、中国道の車の少なさ。
少ない、というよりも全然走っていないのです(^^;
下関JCTを過ぎると、たま~に反対車線の車とすれ違うか、ICから入ってくる車を見かける程度で、ずっと完全オール独走状態・・・

なんでこんなに車がいないのか?
ひょっとして下道は快走ルートが多いから、イチイチ高速は使ってらんねーよ、とか?
だとしたらワザワザお金払って高速使っている森はおマヌケ・・・
そんなことを考えつつ、広島の戸河内ICで降りてR191へ。

ちなみに中国道のSAも、チープな感じで人気もなかったです・・・
地図ではPAのところが、無くなっていたりとか、自販機コーナーに変わり果てていたりとか(^_^;


さて、前回走ったR191、まだこんなところまで伸びているんだな~と感心しつつ、山間部を北へ向かい、三段峡へ。
観光地なので、案内板もでているので分かりやすいです。

・・・が、三段峡入り口はどこも有料駐車場ばかりで、しかもバイクが入りやすそうなところが見当たらない・・・
もうちょっと気合い入れて探せば、どこかにあるハズだったんでしょうが、駐車場からもけっこう歩かないと行けなさそうだったし、そこまでして見たいほどのものでもなかったので、潔くUターン(笑)

家族連れやカップルだらけだったので、一人っていうのも気が引けた理由ではありますが(笑)

・・・で、そのままR191を西へ。
この辺りは山の中でありながら、森の大キライな峠道ではないので(笑)、気持ち良く走れます。
途中、道を間違えて(どこをどう間違えたかは覚えていない)、何故かR186へ抜けてしまいましたが、なんとか無事にR191へ戻ることができました(^_^;

紅葉はこの時期にしてはまだ遅いみたいで、あまり見られなかったですが、場所によっては色付いているところもありました。

山間部をひたすら走り、益田の市街地を抜けると一気に海沿いの道へ。
ちなみにこの辺りは島根県ですが、角島と全く同じの綺麗な海です(同じ日本海だから当たり前ですが)

20061029_sanrigahama
三里ヶ浜。さすがにシーズンオフは誰もいない・・・
でも、見渡す限りの青い海と延々と続く砂浜が凄く綺麗です。


日本海沿いのルートを堪能しつつ、ひたすら西へ走る途中、須佐を通過したのですが、後から知ったことには、須佐は「ホルンフェルス断層」があったんだよな~
でもそれらしき案内板はでてなかったので、気づかずに素通りしてしまったのですが、どうも山口は見どころ多いワリには案内板がそれほど出ていないような気が・・・

そしてを通過。
R191をそのまま通過しただけだったので、ごく普通の市街地って感じでした。

そして前回は西から来た「宗頭」交差点、今回は東からK28を秋吉台方面へ。
前回ちょっぴり気になっていた「大正洞」のパーキングにバイクを止めて休憩。
ここは地元ライダーの休憩スポットらしく、ライダーも多かったです。

楽しく談笑している彼等を横目で見ながら、せっかくだし話のネタになるだろうと思い、鍾乳洞に入ってみることに。
パーキングからしばらく歩いたところに入り口があり、おばちゃんが道の掃除をしていました。
森が近付いていくと、急いでやってきてくれて入場券と解説ラジオを渡してくれました。
ちなみに入場料は1,000円 (高っ!)

・・・それにしても他には誰~もいない・・・しかもそこからさらに山の中に入って行きます(ちょっと怖い)

20061029_taisyoudou1
これが大正洞の入り口だ!
・・・かなり無気味なんですけど・・・


20061029_usikakusi
入ってすぐの「牛かくし」
すでに中は真っ暗


・・・それにしても、誰もいない鍾乳洞の中にただ一人・・・正直、物凄く怖い・・・
解説ラジオがあるのが、せめてもの救いです(^_^;

もし、今この中で森が誰かに襲われても(いないかそんなヤツは)、ずっと気づかれずじまいじゃなかろうか・・・
あ゛、でも入り口のおばちゃんは森が入っていったコトを知っているハズだから、戻ってこないことに気がついてくれるカモ・・・
でも掃除してたしなー、掃除してる間に帰ったと思われるかもしれないし・・・などと、ネガティブな妄想をしつつ、ビクビクしながら順路を散策。

20061029_orochitenjou
「おろち天井」・・・ふーむ。

20061029_koumoriana
「こうもり穴」
さすがにコウモリはいなかったけどね・・・


20061029_kosodatekannon
「子育て観音」
真っ暗な鍾乳洞の中でただ一人・・・こーゆーのは、かなりこたえます・・


20061029_koke
真っ暗といっても、順路の所々に明かりはあります。
ライトがあたっているところにはこのように苔が生えています。


20061029_sisiiwa
「獅子岩」・・・なるほどね。

20061029_jibokannon
・・・とまあ、このようにイロイロと名付けられた箇所があります。

秋芳洞に比べると随分規模も小さく、30分もかからない内に全部見れてしまいます。
ハッキリ言って、1,000円も払って入るほどでもなかったな~、とちょっぴりガッカリ。

20061029_taisyoudou2
出口からの道沿いにある穴。多分、どこかに繋がっていると思われ。
こっちも無気味だった・・・


かなり怖い思いをして地上に戻った森、ラジオを返しに行ったら、おばちゃんは相変わらず道の掃除をしていました。

パーキングに戻って、ひとまずジュースを飲んで休憩(←精神的疲労度Max)
その後はカルストロードを走って、美祢ICから高速に乗って直帰。

いやはや、そこそこの長距離走った上、大正洞での恐怖体験、今日はかなり疲れました・・・
おフロ入ってゆ~っくり寝ようっと・・・

Comment

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。