スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春風吹く鎮守の森でムーミンを見た 

  • 2008.03.02 (Sun)

土曜日にチェックした天気予報では、日曜日はシッカリ晴れ、休みな月曜日は思いっきり雨
くぅ~、また休みの日に雨かいっっ・・・ってか、また一週間ツーリング行けないのかぁ・・・来週の天気だってどうなるか分からないし。

日曜は絶好のツーリング日和だというのに、青空眺めてモンモンとして仕事・・・と半ば諦めていたのですが、ダメもとで日曜が休みな口嬢にかけあってみたところ・・・

森「グッさんグッさん、あのさー、スッゴイ急で申し訳ないっちゃけどさぁ・・・明日は日曜だし、何か予定入っとうよねぇ・・・イヤ、これ独り言なんやケドね・・・ごにょごにょ
口嬢「あ゛、・・・交替ですか?」
森「う、うん・・・まぁ、急やし、無理やったらぜんぜんいいとよ? まぁ、言ってみただけなんやけどぉ~・・・ごにょごにょ
口嬢「あぁ、いいですヨ? 特に予定はないので。 んじゃ、私が月曜に休みですね。」
森「ホントに?! ホンット急で申し訳ないけど。ありがとおぉぉ~(感謝×5)」

そんなワケで、めでたく今日が休みとなった森、晴天に恵まれて予定通りに「五所八幡宮&宮地獄神社」へツーリングに行ってきたのでした(笑)
いやぁ、持つべきものは良き後輩(笑)
隣で笑っていたR嬢、まさか森がこんな理由で交替を願い出たとは夢にも思っていなかったことでしょう(^_^;


さて、五所八幡宮へは今回も市内を走り抜けていくワケですが、日曜とはいえ、天気も良いし車も多いだろうというコトで、速くて便利な都市高を利用。

香椎東で降りた後は、そのままR3を北上し、「上府」交差点を右折して504号線へ。
メジャーな神社ではないので、見落とさないように注意しつつ、速度を落として走ること1キロ程・・・突然道の脇に申し訳程度に小さく「五所八幡宮→」の案内が。
「おおっとぉ」と、あわててストップ、意外とあっけなく到着したのでした(笑)

20080302_goshohachiman1
↑なんか思いっきり生彩に欠けていますが(笑)、道路脇の入口で。
シッカリ「ムーミンの木」の案内もあります。


民家はあるものの、道行く車は少なく人通りも全くない鳥居をくぐって100メートル程先の神社へ。

20080302_goshohachiman2
境内入口。駐車場はないけれど、バイクを停めるスペースは十分。

マイナーとはいえ、日曜だしムーミンの木もあることだし、そこそこ人は多いカモ・・・と思っていたのですが、人は全くおらず、田舎の中にぽつんとあるローカルな神社でした。
(でも森的にはこーいう神社は大好きですね)

20080302_map
珍樹の森案内。

で、境内への石段をてくてく登って行くと・・・
遠くからでも、思いっきりそれと分かる一本の楠。
・・・おお、あれぞまさしくムーミンの木!!! (感激)

20080302_mumin1
石段の途中にあります。
影になって分かりにくいカモですが、この角度から見ると本当にムーミン(笑)


ムーミンの背中側の方から見ると、幹に大きなコブみたいなのがくっついているだけに見えるのですが・・・。
なんだか面白くて、ずっとこの木の回りをウロウロしていました(笑)

20080302_mumin2
もちろん、楠の木自体の迫力もスゴイです。

上を見上げると、四方に伸びた枝が頭上を覆い、いかにこの木が巨大であるかが分かります。
生命力にあふれた、とても力強さを感じさせる楠ですので、巨樹好き・楠好きの方は是非どうぞ(^^)

・・・で、境内へ行って簡単にご挨拶をした後は、その他の珍樹を見て回りました。
ローカルな神社とはいえ、境内はそこそこ広く、人もいないので思いっきり寛げます。

・・・ってか、人がいないんだったら、お弁当でも持ってくれば良かったな~(笑)

20080302_yuzuriai
境内の奥にあるゆずり合いの木。上手い具合にお互いが伸びています(笑)

20080302_kame1
カメの木 (ヒメユズリハ)。さて、カメはどこに?

20080302_kame2
・・・と、木の裏側に回ると・・・根元からひょっこり顔を出していました。

ちなみに、この反対側から見ると、このカメの上にさらにゾウの足が乗っかっているようにも見えます。
足場が悪いので、ご覧になる時は足元にお気をつけて(^^)

20080302_takenuke
こちらは竹抜けの木。空洞になった幹の中に竹が2本ありました。
なんだかつっかえ棒をしているようにも見える・・・(笑)


20080302_tasukeai1
ムーミンよりも手前にある助け合いの木。(ボランティアの木ともいう)

20080302_tasukeai2
助けられている楠の根元はムーミンのねぐらだそうです。

この中のどこがどうムーミンのねぐらかなのは分かりませんでした(^^;
ただ、幹の中は一面に焦げ跡が(@_@)・・・一体なんなんだろう?

20080302_chameleon
参道入口から入ってすぐ右側にあるカメレオンの木。これも迫力ある巨樹です。

ちなみにこの木のどこにカメレオンがいるのかは分かりませんでした(^^;
(木のすぐ隣はフツーの民家だったので、限られた角度からしか見られないのがちょっと残念)

・・・とまぁ、このように心ゆくまで巨樹や珍樹を堪能し、けっこうな時間いたのですが、その間ほかに訪れた人といえば、近所の人が犬の散歩しに来ただけ。
なので、人のいない所でゆっくり木々を満喫するには絶好の場所(^^)
森は宇美八幡宮よりもコッチの方が好きかな(笑)


・・・で、念願のムーミンも見れたことだし、すっかり満足した後は、ココからそんなに遠くもない宮地獄神社へ。

こちらは有名ドコロとあって、さすがに人は多かったです(^_^;

20080302_miyajidake
ココの巨大しめ縄も有名ですが、やっぱり出雲大社・神楽殿のしめ縄にはかないません(笑)

20080302_kanhizakura
これが銘木・寒緋桜だ!
・・・が、まだまだ見頃にはほど遠かった・・・(T_T)


20080302_kaiunzakura
こちらは開運桜。それほど大きくもないし、裏手にヒッソリある桜です(^_^;


宮地獄神社は四季折々の花が楽しめる花の名所でもあるのですが、さすがに今の時期はまだ花も少なく、園内も寂し気。

20080302_kayabuki
ちなみに茅葺き民家もあります。人は住んでないと思う・・・(多分)

20080302_yashi
何気に見つけた椰子(?)の木。なんかスゴかったので取り敢えず一枚(笑)

他にも見所はありそうでしたが、人が多かったのでこちらではあまり長居せず、その辺りをブラッとしただけ。
来るならやっぱ平日かな。

この後はそのまま神社を後にし、来た時同様、R3→都市高で一気に帰ったのでした。
ってか、日曜でも車は多いし、東方面の下道はやっぱ苦手・・・(^_^;

でもようやく3月に入り、これから寒暖を繰り返しながら、少しずつ気温も上がっていくことでしょう。
今日はバイクもけっこう見かけたしね。
さて、次はどこへ行こうかなぁ?

Comment

意外に大きいムーミン

こんばんわ、

>「五所八幡宮&宮地獄神社」

おっ、行ってこられましたか(^o^)
鄙な神社に悠然とした樹、大好きなパターンです。
結構でかい樹なんですね!ムーミンも大きいや...他のHPや巨樹本の写真で見て思っていたイメージとはちょっと違う。やっぱり直に見なきゃわかんないですねぇ。

>こちらは有名ドコロとあって、さすがに人は多かったです

かなり立派な神社ですね。
椰子の樹すごっ!
森さんが写ってなきゃ「変な樹形だな」なんですが、なんか縮尺が狂ってる感じですね。杉の巨樹が普通の杉に囲まれているのを離れて見た時みたい。おもしろーい
またいろんな樹を撮ってきて下さいね。

それでは、

  • 2008.03.03  23:37 
  • akabai
  • -URL-
  •  [編集

なんかVFRのタンクの上にも妖精が!?

自然のままの姿なのに、ホントそれぞれがそう見えてくるのが面白いですねv-301

これまでおいらが「木」目的にどっか行くと言えば、
「桜」くらいなもんだったけど、こういうのも良いかも・・・v-398

ずっと「ムーミン」を「カバ」だとばかり思ってた「チラシの裏~」の人でしたv-436

  • 2008.03.04  11:14 
  • 「チラシの裏~」の人
  • -URL-
  •  [編集

気がつかなかった地元スポット

>akabaiさん

ええ、またしても行ってきました(^^)
私もムーミンがここまで大きいとは思っていなかったので、ビックリでした(@_@)
この木のムーミンばかりに目がいきそうですが、楠の木そのものもとても見事でしたよ。

宇美ほど楠だらけってワケではありませんが、武雄の大楠同様、是非訪れていただきたい場所です(^^)

宮地獄の方は、目をひいたのは写真の椰子の木くらいで(笑)、特にコレといった巨樹はありませんが、四季ごとの花を愛でるにはいいトコロかもしれませんね。


・・・ってか、すぐ近くにこんな巨樹たちがあることを知らなかったなんて・・・(>_<)
まぁ、「灯台もと暗し」ってコトで(^^;ゞ

  • 2008.03.04  21:49 
  • -URL-
  •  [編集

巨樹の魅力

>チラシさん

私も昔は「木」を見るのは桜v-252くらいなもんでした(笑)

巨樹に惹かれるのは、その迫力や樹形などももちろんですが、個々の樹たちがそれぞれ独特の雰囲気を持っているので、そーいうのを感じるのもけっこう面白かったりしますv-398


>VFRのタンクの上

おっっ、よくお気づきに(笑)

・・・ってか、普段は何もいないんですケドね、なんか去年あたりから、VFRの写真を撮ると・・・タンクの上やリヤのトコに何故か写っているんですよ・・・v-399


・・・なーんてね、次回はこの妖精をご紹介するとしましょうv-392

  • 2008.03.04  22:12 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。