スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山ツーリング・1日目 

  • 2006.11.24 (Fri)

本格的に寒くなる前に、あと一回は長距離走っておきたいな~と、前々から企んでおりましたが、日本アルプス以降も、どうにもデカい山に惹かれてやまない森、今回は中国地方の最高峰・大山へ!

今回は前もって宿泊先もシッカリ確保し(といっても予約したのは昨日の夜)、大まかではありますが、ルートも決めて準備も万全(?!)です。

前日までの予報では微妙な天気だったのが、朝起きると、なんと快晴!(喜)
風はかなり強かったけど、仕度していざ出発!

9:00 都市高→福岡IC→九州道→中国道
高速メッチャ寒い!!
それなりに防寒スタイルで出て来たものの、それでも寒い。
やっぱ極寒装備で来れば良かったと激しく後悔(^_^;

下関JCTを過ぎると、中国道は相変わらず利用者がなく、車はほとんど通っていない・・・
でも森は山陽よりかコッチの方が好きです・・・走りにくいけど(笑)

今回はこの間(三段峡)の戸河内ICよりも、さらに東へひたすら走ります。
(でも寒さのため、さっぱりペース上がらず・・・)


13:30 中国道・東城IC→R314
広島と岡山の県境あたりにある東城ICで降ります。
R314に入りたかったのに、不親切な案内板のせい(?)で道に迷うこと数キロ。
・・・が、なんとかR314に入り、「奥出雲おろちループ」を目指します。
道は走りやすいし、車もほとんど通ってなくて快走♪

14:20頃 R314・奥出雲おろちループ
高低差170mのため、2重のとぐろを巻いているという日本最大のループ式道路。
3つのトンネルと大小11の橋で結ばれているとか。
その巨大さゆえ、一望することはできませんが、走っていて気持ちイイ~♪
真っ赤な三井野橋(一番大きい橋)はスゴイ迫力だし、回りの山々も紅葉してて綺麗でした(^o^)

14:30 たたらと刀剣館
近世以降のたたらの歴史や日本刀なんかの展示館。
日本刀に興味はないけど、ここに立ち寄ったのは館の横にあるヤマタノオロチのモニュメントが見たかったから(笑)

20061124_orochi1
1985年筑波での科学万博(EXPO85)の会場に展示されていたものだとか。

20061124_orochi2
ステンレススチール製。近くで見るとカワイイ顔しています(笑)
風に吹かれてゆらゆらと首が揺れていたのがGood!


ここは地元でもマイナーなのか、ほとんど人気がなく、他にお客さんは2~3人だけ(^_^;
平日だったからかもしれませんが・・・

でも、ヤマタノオロチ伝説が息づく奥出雲、まさしくオロチな雰囲気(←どんな雰囲気じゃ)で、おススメの場所です(^^)
(今回は行かなかったものの、他に見どころもたくさんあります)

15:00 R314→県道26号
刀剣館をあとにし、次なる目的地は出雲大社
ただ、地図で見た限りではけっこうな距離あるし、日がある内に到着するかは微妙で、どーしよっかな~と迷ったのですが、なんとなく惹かれるものを感じ、やっぱり行こうと決意(笑)

なんとか日がある内に辿り着きたいので、焦らない程度で急ぎペースに。

県道26号は川の横の堤防上の道で、車は多いものの、流れはスムーズ♪
出雲市内はそこそこ混雑。
有名スポットなので案内板もあちこちに出ていて、迷わずに行けました。

16:30 出雲大社
思っていたより早く着けたので良かった~♪
駐車場にバイクをとめてまずは参拝をば。
が、駐車場が奥まったところにあり、境内の横っちょから入る形になるので、ここでも迷って、拝殿に行くつもりが正面入り口に出ちゃいました(笑)

境内は相っ当広いです・・・散策するなら余裕を持って訪れましょう。

20061124_izumo1
正面入り口はなんと木の鳥居。
石とはまた違う雰囲気です。


20061124_izumo2
こちらは拝殿。この奥が本殿です。

平日の夕方とあって、人も少なめですが、縁結びの神様ということで、カップルの比率高し
ちなみに森は、ここまで無事にこれたことのお礼と、この後の旅の安全を祈願(^人^)

20061124_izumo3
こちらは神楽殿。
拝殿よりも迫力あるしめ縄に、てっきりこっちが本殿と思ってしまいました(笑)


ちなみに一人の女の人(上写真・しめ縄の下)が、何故か躍起になってしめ縄にお金を投げつけていました。
そう簡単には挟まらないだろ、と横目で眺めながら、こちらでも参拝。
でもよく見ると、意外にもお金はたくさん挟まっていました(^_^;

20061124_izumo4
境内の片隅で見つけました。

出雲大社は閑静な場所にあり、大きくて有名な神社にもかかわらず、お土産屋さんなども回りにはありませんが、それが逆に神話の里らしい、出雲の魅力ではないかと思います。
福岡の太宰府天満宮の方がよっぽど観光地みたいになっています(^_^;

ずっといたいとさえ思う、とても落ち着けるところでした。

17:30 R431(出雲→松江→境港→米子)
さて、だいぶ日も暮れてきたので、本日の宿泊地の米子へ向かいます。
大社前のR431をひたすら東へ。
奥出雲から出雲大社までがかなり順調だったので、たいして距離も変わらないし(というか、それよりも短く感じた)、予定より早く着きそうだな~とタカをくくっていたのですが・・・

宍道湖沿いを走るころには日もとっぷり暮れ、すでに真っ暗になってしまい、松江市内は大渋滞(@_@)
しかも道幅が狭いため、すり抜けもままならず、市街地を出るまでかなりの忍耐を要しました(^_^;

やっとの思いで松江市内を抜けたあとは、中海沿いを境港方面へ。
夜だったせいか、このあたりはもの寂しい田舎道で、ちょっぴり心細い・・・
でも境水道大橋からは境港の市街地が見渡せ、夜景が凄く綺麗でした(^o^)

ただ、橋を渡ればすぐに市街地なのですが、米子方面への道が分かりにくかったです。
(だって交差点の案内板にある道の番号って、地図とは違うから迷う迷う)
間違っているんじゃなかろうか、と内心ヒヤヒヤして走っていたので、「弓ヶ浜」の案内板を見た時は心底安心しました(笑)

20:30 「ビジネスホテル皆生温泉」着
宿泊先は、弓ヶ浜のすぐ先、皆生温泉街の中にあるビジホです。
R431から入り込んだ場所にあったので、探し出すのにかなり苦労しましたが、ようやく到着!
出雲大社からここまでは、何故か相当長く感じられ・・・つ、疲れた・・・

ここのビジホは温泉がある上、宿泊料金も安いです。(一泊3,900円)
建物や設備については、まぁ値段を考えればこんなもんかな、といったところですので、質より価格で決めるのならいいカモ。
無料駐車場がありますが、バイクは建物の裏にとめさせてくれました(中に入り込んでいるので、駐車場にとめるより安心)

マスターも感じ良くてすごく親切なんですが、逆に親切すぎて、イヤそこまでしてくれなくても、って感じもします(^^;

お風呂(温泉)が男女別ではなく時間制なので、取り敢えず荷物を置いて外へ食事へ。
遠くへ行くのも面倒だったし、アヤしいお店もたくさんあって呼び込みの方々がアチコチにいらっしゃるので、すぐ隣にある屋台のラーメンですませました(^^;

で、お風呂の時間に戻って入浴。
やっぱりツーリングで疲れた体にはお風呂(温泉なのでさらにGood!)に限ります。
時間制だと心ゆくまでゆっくり入っていられないのが難点ですが・・・

部屋はそれなりに狭いけど、暖かいベッドでぬくぬく・・・疲れてんだから早く寝ればいいものを、普段は全く見ないテレビに思わず見入ってしまい(←「セーラー服と機関銃」)、寝付いたのはちょっと遅かった・・・

Comment

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。