大噴火と最南端!桜島の町は灰だらけ 

  • 2008.07.28 (Mon)

久々の長距離ツーリングの予定であった今日、前日に天気予報をチェックするも、目的地の山陰はあいにくの予報。
・・・なので急遽目的地を変更し、晴れている地域・・・四国か鹿児島へ行くコトに。

・・・が、四国へは今イチおっくうだったので(笑)、この猛暑の中で敢えて南へ下ろうと、目指したのは鹿児島は最南端の地・佐多岬

かなり久しぶりにETCの深夜割引摘要の時間帯に出発(=AM4:00前に太宰府ICを通過)し、未明の高速道路をスッ飛ばして一気に鹿児島の地へ。

ほとんど休みたんびに熊本入りしている森にとって、福岡から熊本までの距離は既にご近所感覚(笑)
さらにそこから鹿児島まで・・・の距離も、意外と近い感があるので、森にとっては福岡~鹿児島間は、あまり長距離感は感じなかったりします(^_^;
どこぞの某氏は松江~鹿児島間で日帰りですからね(笑)


・・・で、最南端へ行く前に是非とも立ち寄りたい場所があったので、加治木JCTをそのまま南下し、桜島SAで一旦休憩。
ガソリンが心もとなかったので、給油をしておこうと出発時にスタンドへ向かうと・・・まだ開いてないし!!(がーーーん)

お、おのれ桜島SA、一体何時から開くんだ!(ちなみにこの時の時刻はAM6:30)

・・・と、恨めしく思うもスタンドには人影すらなく・・・仕方がないので給油は諦め、高速を降りてから入れるコトに。
もっとも高速を降りるのは、ココから2kmほど先の姶良ICなのですが(笑)

ガソリン残量のメモリもまだ2つは残っているし、何とかもつだろうと、姶良ICを降りてK57→K25を走ったのですが・・・下道のスタンドもまだ閉店中(T_T)

戻る頃には開いているだろうと、結局そのまま目的地へ向かって走ること10分ほど・・・迷うことなく到着したのは蒲生八幡神社
ここの境内にあるのが・・・

20080728_kamou1
日本一の楠と言われている蒲生の大クス(^o^)/

うーん、さすがに大きいぞ!
平日の早朝とあってか、境内には人っ子一人おらず、その見事なクスノキは朝日を受けて静かに佇んでいました。

20080728_kamou2
裏側から。かなり遠くから撮っても、フレームに納まりきれません。

川棚のクスの森」ほどフレンドリーではありませんが、人見知りでもなく(笑)、穏やかな優しさをたたえた巨樹です。

側にいるととっても心地よく、いつまでもココにいたいとさえ思わせる、不思議な魅力がありました(^^)
日本一ということを抜きにしても見応えのある楠ですので、興味ある方は是非どうぞ!

・・・で、ココで心ゆくまで楠を堪能し、十分休憩した後は名残惜しくも別れを告げて次の目的地へ。

ルートは、姶良ICから再び高速に乗り、加治木JCT→東九州自動車道へ、国分ICで降りてR220を南下し、目指すは桜島です。

神社を後にして来た時と同じ道を再び姶良IC方面ヘ・・・が、さっきのスタンドはまだ閉まっていたので、結局高速に乗って桜島SAで入れることに。
いくらなんでもその頃にはスタントも開いているだろうし。

・・・ところが

姶良ICを通過したまでは良かったのですが、本来なら「宮崎・熊本→」方面へ行かなければならなかったのを、頭の中が鹿児島鹿児島していた森はウッカリ「←鹿児島」方面の道へ入ってしまい・・・(^^;;;
直後に気がついたものの、後ろから車がきていたためにUターンもできず、結局そのまま鹿児島方面へ(T_T)

次の薩摩吉田ICで降り、すぐにそこからUターンして高速に乗ったのですが、シッカリ通勤割引の料金(=150円)が摘要されてしまい、そこから国分ICまでは通常料金・・・
姶良ICから国分ICまでを通勤割引でという森の思惑は、見事にオジャンになってしまったのでした(涙)

・・・で、上りの桜島SAで無事に給油も済ませ(笑)、国分ICを降りた後はR220を順調に桜島へ。

20080728_tarumizu
R220沿いの道の駅「たるみず」にて。
日本一長い(=60m)足湯があります。(無料)


「たるみず」でしばらく休憩後、再びR220をほどなく走って桜島入り。
R224の溶岩道路は、ゴツゴツと岩だらけの間を走る荒々しい快走ルート。

20080728_sakurajima1
有村溶岩展望所にて。

阿蘇や雲仙とはまた違う、荒々しく力強い桜島は、まさに鹿児島のシンボルに相応しい魅力を持った素晴らしい山でした(^o^)

・・・で、この展望所からさらにR224→K26方面へ桜島をぐるりと一周するつもりで走っていたのですが、たまたまフと山を見上げると・・・

20080728_sakurajima2
噴火した?!

ついさっきまで何もなかった山がもうもうと噴煙を上げており、その姿はとてつもなく圧巻!
おお、さすが桜島、やっぱ違うよなぁ〜・・・と感動しながら、まだしばらくは呑気に走っていた森。

・・・が、K26に入ったあたりから、ついに(?!)桜島の脅威を目の当たりにするコトに・・・(T_T)

この辺りは海岸沿いの道だったのですが、目の前の海に雨雲のような鉛色の雲が立ちこめており・・・しかも遥か前方の道には、黄砂のような砂塵らしきモノが舞い上がっているではありませんか。

ひょっとして火山灰?!と思いつも、降灰の恐ろしさを知らない森は大胆にもそのまま直進。
初めはまだ良かったのですが、走っていくにつれて降灰は酷くなる一方(>_<)

道路には火山灰が積もりに積もって走り難いことこの上なし、しかも森の前を数台の車が走っていたために、凄まじく灰が舞い上がり、目の前が全く見えない状態(@_@)
イヤ、マジで怖かった・・・というより、もう泣きそうでした(笑)

以前、何度か濃霧の中を走ったことがありますが、ハッキリ言って視界の悪さと走り難さはそれ以上!
当然メットのシールドなんて開けれるハズもなく・・・ってか、メットを被っていても、忌々しい灰どもはあらゆる隙間から侵入してくるし(~_~;

証拠写真を撮ろうにもそんな余裕など微塵もなく、仮に余裕があったとしても、こんな灰だらけの中ではとてもカメラを出す気にはなれませんね(^_^;

そんな降灰の中を走ること数キロ、ようやく降灰地帯を抜け出した時には、VFRも森も全身灰まみれの惨めな姿になってしまったのでした・・・

【おまけ:VFRの悲惨な姿(一部)・・・以後、我が愛機はこの状態で鹿児島を走るコトに(T_T)】

そんなワケで、かなり悲惨な思いをしますので、桜島へ行かれる時は灰が降っていない時にドーゾ(T_T)
…ってか、春先に降ってくる黄砂なんて、まだまだマシな方だとつくづく思いましたね(^_^;

20080728_sakurajima3
K26沿いの鳥居埋没地にて。噴火の凄まじさが伺いしれます。

そして散々な目にあった(笑)桜島を一周した後は、R220→K68→R269を一気に南下、いよいよ最南端の地・佐多岬へと向かいます。

20080728_nejime1
R269沿いの大浜海浜公園。海がとてつもなく綺麗でした(^o^)

20080728_nejime2
その向かいの道の駅「根占」にて。駅長のメリオ氏と記念ショット!(笑)

R269を経てK68をさらに南下すると、さすがにこの辺りは南国ムード。
雰囲気が宮崎の都井岬に良く似ています。

ちなみにK68から佐多岬へ向かう「佐多岬ロードパーク」、10年くらい前に来た時は何百円か払った記憶がありましたが(笑)、すでに無料になっていました。

20080728_satamisaki1
途中にある31度線。
GPSのない時代って、緯度や経度なんてどうやって調べていたんだろう・・・


平日のせいか、車にもバイクにも全く遭遇することなく、トロピカルな快走ルートを走って遂に到着!

20080728_satamisaki2
取り敢えず駐車場で。VFRと最南端到達記念ショット!
…ってか、もうちょっと気の利いた記念碑でもあればいいのに(笑)


20080728_satamisaki3
駐車場にあった自販機。これが本土最南端の自動販売機だ!

・・・と思っていたら、最南端の自販機は展望台にありました(^_^;
→コチラが本土最南端の自動販売機(笑)

駐車場からは入園料(=大人一人300円)を払って、岬まで歩くこと~20分くらい。
この猛暑の中、山道を登ったり降りたり・・・かなりハードな道のりでした(^_^;
暑さに弱いどこぞの某氏だったら、きっと途中でバテていたことでしょう・・・

20080728_satamisaki5
ヘロヘロになってようやく展望台に到着!
後ろに見えるのは開聞岳です。


ここでは風が吹いて、なかなか涼しかったので助かりました。
展望台も昔来た時からガラリと変わっており、テーブルと椅子が置いてあったり、壁には落書き防止の板が張り巡らされていたりしていました(笑)

もちろんここからの眺めも文句ナシに素晴らしく、紺碧の海と空が果てしなく広がる絶景を堪能できます。

20080728_satamisaki6
展望台の少し手前にも撮影スポットがあります。

駐車場には車やバイクが数台止まっていたものの、この辺りにはあまり人がおらず、心ゆくまで最南端の地を堪能できました(^^)
その後は来た時と全く同じハードな道のりを駐車場まで戻っていったのですが・・・(^_^;

20080728_satamisaki7
こちらは駐車場にある本土最南端の電話ボックス。

ここで記念に電話でもしようかと思ったものの、電話そのものが「ホントに通じるの?!」と思うくらいボロボロになっていたので、電話するのは止めておきました(笑)

なので、取り敢えずかけているフリだけ(笑)

20080728_satamisaki9
こちらも駐車場にあるガジュマル。
石垣島でもここまで大きいのは見なかったよーな・・・


そんなこんなでイロイロと最南端を堪能し、佐多岬を後にして次に向かったのは・・・

20080728_ferry1
港?!

20080728_ferry2
あっという間にシッカリ固定された我が愛機。
シートには噂の美尻(?!)の跡がついているのが分かるかな?(笑)


そう、今度は根占港からフェリーで対岸の薩摩半島へ!
50分ほどかけて山川港へ到着、R269→R226を走って向かったのは懐かしいあの場所。

20080728_nishiooyama1
最南端繋がりってコトで、JR最南端の駅・西大山駅(笑)

20080728_nishiooyama2
大好きな開聞岳をバックに。今日は雲がかかっていたのが残念・・・

そしてこの後は3ヶ月前に走った思い出深い道を開聞岳を眺めながら快走、K28に入り、池田湖でも・・・

20080728_ikedako
今日はコッチのイッシーくんと記念ショット!

あとはこのまま指宿スカイラインに入って一気に北上、九州道を一路福岡へ!

・・・のハズだったのですが、途中に絶好の休憩ポイントがあるもので・・・(^w^)

ちょうどそこの主も仕事を終えて帰ってきているハズだったので、遠慮なく立ち寄らせていただきまして、十分な休息を取った後に福岡へ帰ったのでした(笑)

今日はかなり暑かった上、予想外のハプニング(?!)に見舞われたりしたものの、順調に目的地を制覇し、久々に長距離も走ったしで、疲れも全く苦にならない楽しいツーリングでした(^^)
やっぱツーリングはこうでなくっちゃね~(笑)
・・・とは言ったものの、帰った後に速攻で汚れ切ったVFRを洗車したので、さすがに力尽きましたが(笑)

・・・ってか、次回こそはいい加減大山に行きたいんだけどなぁ・・・


【今回の走行距離:909.1km】

Comment

九州一周?

長距離ツーお疲れ様でした。
私は26日に名古屋の向こうの知多半島に泳ぎに行ってました。
バイクで一人で・・・ orz
他にも目的はありましたが(謎
往復450kmを前日から起きっぱなしの30分ぐらいの仮眠では帰りに死ねますね(爆

>降灰
昨年鳥取の餘部鉄橋に行った時は、中国からの黄砂にやられておんなじ様に車体が汚れました(><)

  • 2008.07.31  02:09 
  • -URL-
  •  [編集

九州縦断(笑)

>知多半島に泳ぎに
泳いだ後にバイクで帰るってのも死にそうですね(^_^;
「他にも目的」ってのもちょっと気になりますが(笑)

>中国からの黄砂
イヤ、火山灰は絶対黄砂以上!(…タブン)

・・・ってか、狂さんもアチコチ走っていらっしゃるようですし、ETCを付けたほうが・・・(笑)

  • 2008.07.31  22:20 
  • -URL-
  •  [編集

暑さに弱いどこぞの某氏ですが・・・

こないだの記事での夜中の駐輪場写真と違い、
青空の下では赤いジャケットも物凄くカッコいいv-398

しかし、桜島が噴火した日にわざわざ桜島を一周しなくてもねぇv-397

でもさすが鹿児島ですなe-2 南国ムード満開(暑そう・・・)
佐多岬、おいらだったら駐車場で満足しちゃい
そこで戻るから、途中でバテるとか以前の問題だな(笑)

まぁ、何はともあれお疲れ様で御座いましたv-410

  • 2008.08.01  01:10 
  • 「チラシの裏~」の人
  • -URL-
  •  [編集

日帰りなどこぞの某氏ですが

こんばんわ、

はい、行ってこられましたね、お疲れさんです。良いツーだったようで何よりです。(^o^)

>山陰はあいにく雨の予報

やめといて正解です。28日は朝から、雲が切れると焼けるような暑さ、雲が来ると通り雨、の繰り返しでした。
この暑さの中、黒いカッパでしおしおと走っていくライダーもちらほら見られました。

>ご近所感覚(笑)
>長距離感は感じなかったりします

慣れとは恐ろしいものですな。まぁ何度か行き、知っているところは確かに"遠出"の範疇では無いですもんねぇ。

>どこぞの某氏は

いぇ私は、時間が無かったというだけで...鹿児島は遠いですよ、すごい遠いですよ。(^^;;

>おのれ桜島SA

上りは24Hなのにねぇ。何度か痛い目を見てから営業時間リストを持ち歩いてます。

>蒲生八幡神社

やはり行かれましたね、あの堂々とした樹形枝張りは他の古樹とは趣が違うと思うのですがいかがでした?
看板にしたがっていくと何度も交差点を曲がらされ、方向を失いそうになったのですが迷わずに帰れたんですねぇ。
あれ?なんか私が行った時より周囲の木が減っているような。

>見事にオジャンになってしまったのでした(涙)

申し訳ない話なんで小さい声で言いますが…
高速上で取締りを受けたとき近くに停められる場所が無い場合など、ICへ誘導され料金所前で切符を切られたりします。その時のUターンの為(なぜ知っている)とか、緊急車両・作業車両のUターンの為に、私が見た限りたいていのICで料金所直前にパイロンとか水入りブロック?とかで上り下りを仕切ってある部分が有るんですよね...
料金所前に路線バスのバス停とUターンラインがあるICも有りますね...

>桜島へ行かれる時は灰が降っていない時にドーゾ(T_T)

うひゃ~面白そぅー!!一度体験したいですな。二度はいらんけど。

>最南端到達記念ショット!
>本土最南端の自動販売機だ!

うぬぅ!そう言われると行ってみたくなるなぁ。

>かなりハードな道のりでした(^_^;

某氏ではないですが、そりゃ勘弁。田舎者は自宅玄関先から目的地入り口まで車なんで、自分の足で20分も歩くのはちょっと無理。(^^;

>あっという間にシッカリ固定された我が愛機。

九四フェリーと固定方法が違いますね、噂の美尻の跡が消えるような固定法でした。

>やっぱツーリングはこうでなくっちゃね〜(笑)

写真のすばらしい青色がなんとも爽快、ホント気分良く走れ、満足感有って良かったですね。

それでは、

  • 2008.08.01  02:08 
  • akabai
  • -URL-
  •  [編集

聞き忘れてましたけど・・・

おニューのメッシュジャケットの性能はどうだったのよ!?v-398
やっぱ、以前の3シーズンに比べ、3倍(笑)涼しかったですか?v-397

  • 2008.08.01  14:58 
  • 「チラシの裏~」の人
  • -URL-
  •  [編集

>チラシさん

>赤いジャケットも物凄くカッコいい
いやぁ、そんなにハッキリ言われると照れるなぁヽ( ´.`)ノ フッ

・・・ってか、赤もまんざらでもないでしょv-362v-397
メッシュでも黒だったら、やっぱ暑苦しそうだし、赤で正解だったかなv-391
(青も捨て難かった気がしないでもないけど…)

>桜島が噴火した日にわざわざ
イヤ、噴火するなんて知らなかったし(笑)
むしろ私が桜島入りしたから噴火しちゃった?!v-408

>メッシュジャケットの性能
そりゃもう!(笑)
さすがメッシュ!って感じで、今までの3シーズンジャケとは比べモノにならないですなv-391
走行中はダイレクトに風が入ってくるし、メッシュジャケじゃなかったら、猛暑の南国を走れたもんじゃなかったカモねv-356

  • 2008.08.01  23:28 
  • -URL-
  •  [編集

>akabaiさん

>山陰
やっぱり雨でしたか(~_~;
この時期は天気予報もあんまりアテにはならないので、実際の現地ではひょっとしたら・・・とは思っていたのですが(^_^;

>鹿児島は遠いですよ
たしかに、松江からだと相っっ当ありますからねぇ(^^;;;
松江から下関までかなりあるし、さらにそこから鹿児島まで・・・って、どんだけかかるんだ・・・

>営業時間リスト
おお、そんなモノがあったとは!
これは是非ともゲットして携帯せねば・・・

>蒲生八幡神社
蒲生の大楠は仰る通り、他の古樹とはどこか違う感じがしましたね。
樹齢の割にはスゴク若々しいというか、元気がイイというか(笑)

神社へは意外とアッサリ行けましたよ。
交差点も2回くらいしか曲がらなかったよーな・・・(←うろ覚え)
ひょっとして案内が変わったのかな?!

>周囲の木が減っているような。
楠の他にもいろんな木がありましたけど、akabaiさんが訪れた時は、もっと木が多かったのかな。
それとも剪定されたとか?!

>たいていのICで料金所直前に
なるほど、これは気がつきませんでした・・・
今度通過する時に、よく見てみよっと(ボソッ)

>降灰
実際に体験してみたら、面白いどころじゃないですよぉ(笑)
何もかも、至る所すべて灰まみれになっちゃいますから(>_<)

ただ、聞くところによると、桜島の火山灰は粒子(?)が丸いので、まだイイ方らしいですよ。
阿蘇とかの火山灰は角張っているので、コッチの方が体には悪い(?)とかなんとか・・・

>本土最南端
akabaiさんも、是非行ってくださいね!
桜島からはちょっと遠い感がありますが、R220→R269→K68は、思っていたよりも車が少なくて快走できました。
佐多岬ロードパークの岬までの道は、両側に亜熱帯植物が生い茂って南国ムード満点ですよ(^^)

>自分の足で20分も歩くのは
ええー、せっかくの最南端なのに・・・岬まで行きましょうよぉ(誘)
涼しい季節に行けば、それほど苦にはならないのでは(…タブン)

>写真のすばらしい青色がなんとも爽快
写真ではそう見えますが、撮っている時は暑くて暑くて・・・(^^;;;
全身汗だくになりながら、カメラを取り出してセットしてポージングしてたのは、ココだけの話(笑)

でも、そんな苦労も気にならないくらいに楽しめましたね。
最南端制覇という目的が達成できたせいもありますが。
次はakabaiさんも是非行ってくださいね〜(^o^)/

  • 2008.08.02  09:02 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧