スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008日本アルプスツーリング ─娘、静かに駆け抜ける─ 

  • 2008.09.24 (Wed)

こじんまりした和室に敷かれた布団の中で目が覚めたのは、午前6時。
昨日の疲れも残っていないし、今日は富士山~乗鞍まで走るだけだし、これなら今日のツーリングはメッチャ余裕~♪

起き上がってベランダのガラス戸を開けると、それなりに肌寒いものの、文句ナシのイイお天気。
そして、真正面には富士山がその勇姿を堂々と現しておりました(^o^)

ただ、この時期でも山頂には雪がないのね・・・てっきり雪を冠っているとばかり思っていたのに(笑)

しばらく富士山を眺めて(…とは言っても、周りが団地だったので、堂々と開けっ放しにするワケにはいきませんでしたが)、身支度をしてチェックアウト。

余談ですが、今回森が泊まったこの宿(=ビジホ)、歳をとったおばあさんが一人でキリモリされているようで、建物や設備自体は昭和チックで多少古めかしいものの、森的には非常に居心地の良いところでありました。

おばあさんは席を外していたので、そのまま部屋の鍵をカウンターへ返し、お世話になりましたと別れを告げて、いざ!出発です。

夜露にその車体を濡らしながらも、駐車場で静かにその身を休めていたVFRに荷物を積んで、エンジン始動。

時刻はAM7:30、富士山のフトコロを目指してR138→R469→K23を走ります。


富士山を正面に見ながら走るK23は、最初は住宅街でしたが、しばらく走ると車もいない山中の快走路。

・・・が、沿道の木々に隠れて富士山が見えなくなり、宿を出た時は雲ひとつない天気だったので、富士山の近くで写真を撮ろうと考えていた森にとっては、少々思惑が外れてガッカリ(笑)

しかも山に近づくにつれてが出てきて、富士山はまたもやその姿を隠し始めたではありませんか(>_<)

ヤキモキしながらも、まず向かったのは五合目PA
こちらは車もまばらで、人も数人しかいませんでした。(しかもみんな登山者っぽい)

さっそく写真を・・・と思うも、富士山は雲にすっかり覆われており、せっかくの写真もご覧の通り(笑)

20080924_fuji1
五合目PAにて。富士山(のほんの一部)をバックに(T_T)

ココから望む下界も絶景であろうと思われたのですが、残念ながら雲がかかってよく見えませんでした。

・・・で、多少期待ハズレだった五合目PAを後にし、K23をそのままK180へ。

20080924_fuji2
途中の水ヶ塚PA前にて。富士山じゃないケド、これでカンベン(笑)

この先をK152に右折すると新五合目PA・・・フツーなら当然コッチも制覇するところでしょうが、富士山はスッカリ雲に覆われていたのでアッサリとスルー(笑)
しかもTマップルには「下界との温度差大 防寒具必要」と、ソラ恐ろしいコメントがあったので、寒さギライの森はそれを見ただけで行く気も失せましたね(笑)

・・・で、K18(=富士山スカイライン)→K72を快走。

それにしても、富士山が放つこの独特の雰囲気・・・今まで感じたコトのない特有のオーラは、さすがに霊峰・富士とでもいいましょうか(笑)

人を拒絶するほどではありませんが、ちょっと簡単には近寄りがたいよーな、神々しさというか崇高さというか、そんな気がムンムンに感じられました。

富士山のフトコロを走っていても、一向にテンションが上がらなかったのは、そのためだったのカモしれません。
これが大山とかだったら、ボルテージ最高潮、テンションもマキシマムになっちゃうんですケドね(^^;;;

そんな感じで、どこか冷めた感を持ったままK71へ入り、朝霧高原を北上。

ちなみにK71へ曲がる先には「白糸の滝」がありますが、これまたスルー(笑)
絶好の観光スポットでありながらスルーしたのは、なんだか止まるのがおっくうだったから(^^;;;

そのまま爽やかな高原地帯をいい気分で快走、なんとなくプチ北海道(行ったことないけど…)のような、長閑な風景が広がっていました。

高原地帯を抜けた後は樹海地帯へと突入し、しばらく走るとやがてR139へと抜けたので、R139を左折、向かったのは精進ブルーライン

・・・が、その前に休憩を兼ねて立ち寄ったのが・・・

20080924_narusawa1
鳴沢氷穴。
やっぱ富士山にきたからには、穴の一つくらいには入っておかないとね(笑)


入場料は大人一人280円。

ちなみにこの時はどこかの小学校御一行様がやってきており、チビッコたちがわぁわぁ騒いで賑やかなことこの上なし(@_@)

あまりの賑やかさに閉口した森は、子供たちがスッカリいなくなるのを辛抱強く待ってから穴へと突入(笑)
やっぱりこーいうトコロは一人でヒッソリ入って孤独感(!)に浸りたいもの。

誰もいなくなったところで、ツルツルすべる足下に用心しつつ、超狭い穴を潜り、いちばん奥へと入っていくと・・・

20080924_narusawa2
氷の壁が。足下ももちろん氷です。

メッチャ寒いというほどではありませんでしたが、かなりヒンヤリしていました。
でも、ここ最近の暖冬の影響もあるだろうし、これらの氷も昔に比べたらきっと小さくなっているのカモね。

氷の壁を抜けると、そこはもう外へ戻る階段・・・意外とアッサリ回れてしまったので、ちょっと拍子抜け(笑)
たしか全周150m(…だったと思う)ほどで、所要時間は10分くらいです。

・・・で、外へ出て、ちょっと休憩。
ちなみにココには、とっても人懐っこいウェルシュ・コーギーが2匹います(^^)

20080924_narusawa3
ここではお約束のソフトクリームをば。ぶどうソフトとVFR(笑)

この後は再びR139を精進湖方面へ・・・鳴沢氷穴のすぐ先には富岳風穴もありますが、穴はもうイイやと思い、そのままスルー(笑)

20080924_jukai
そして再び樹海地帯を走ります。

樹海と聞いて、森はもっとおどろおどろしい道かと思っていたのですが(笑)、ご覧の通り道は広いし開けていて、とっても走りやすい道でした。
まぁ、道の両側は鬱蒼とした樹々が延々と生い茂っていましたが・・・

そんな期待ハズレ(?!)の樹海の中を淡々と走り、精進湖沿いの精進ブルーラインを北上。
トンネルの手前には「精進の大杉」もあったのですが、ウッカリ曲がり損ねた森は、左手に見える、おそらくそれらしい杉を横目で見ながらそのままスルー、トンネルを通過してR358へと向かったのでした。。。

・・・ってか、巨樹好きの森が、大好きな巨樹を目の前にしながらスルーしたことで、いかにテンションが低かったかお分かり頂けるかと(^^;;;

あ゛、でも精進ブルーラインから見る景色は、見渡す限り樹海樹海していて、森的にはスゴク好きでしたね(笑)

・・・とまぁ、こうしてヒッソリと(笑)富士山を走り抜け、R358を甲府市方面へ、いよいよ日本アルプスへと向かいます。

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008.10.01  05:23 
  • --
  •  [編集

こんばんわ、

>富士山を正面に見ながら走るK23は

K23には道路下を戦車が通るトンネルがあります、ちょっと期待して待ってみましたが何も通りませんでした。

>さっそく写真を・・・と思うも、富士山は雲にすっかり覆われており

聞いた話ですが、富士山ってそんなものらしいです。スカッと雲の無い時のほうが全然少ないとのこと。

>途中の水ヶ塚PA前にて。富士山じゃないケド、これでカンベン(笑)

ですんで、私もこんなんでした。http://photos.yahoo.co.jp/ph/akabai046/vwp?.dir=/c5ae&.dnm=1139.jpg&.src=ph&.view=t&.hires=t

>しかもTマップルには「下界との温度差大 防寒具必要」

マジです。ガスっていたらてき面です。
が、五合目より圧倒的に標高を感じれます。

>ちょっと簡単には近寄りがたいよーな、神々しさというか崇高さ

ありますね、確かに。私が感じたのは人寂しい感じです、霊峰というか霊場みたいな雰囲気。
遠くから見てると"すっげー、かっこいい~"なんですけど。

>なんだか止まるのがおっくうだったから(^^;;;

あぁ、これは人の事言えないなぁ私(^^;

>穴の一つくらいには入っておかないとね(笑)

そういえば、お好きでしたね。(笑)どうせなら胎内**にも行ってみれば良かったのに...

>いかにテンションが低かったかお分かり頂けるかと(^^;;;

いやぁ~スルー多いし、文面からも窺えますけど(笑)

それでは、

  • 2008.10.02  02:41 
  • akabai
  • -URL-
  •  [編集

>akabaiさん

>K23には道路下を戦車が通るトンネルが
え゛~、一体どこに?!
ぜんぜん気がつきませんでした。
・・・K23、陸自のトラックは走っていましたが・・・(笑)

>スカッと雲の無い時のほうが全然少ない
うーん、やはりそんなものなんですね。
でも写真のガスりようはスゴイ・・・(^^;;;

>五合目より圧倒的に標高を感じれます
うーん、そう言われるとムラムラと・・・(笑)
今度は完全防寒装備でトライしてみようかなぁ。

>人寂しい感じ
あ゛、たしかに。
それなりに迫力あるトコロかなと思っていたのですが、実際走ってみたら、ヒッソリとした不思議な感じでした。

>胎内**
あ゛~っっ、そういえばこれもあったんだった・・・
イヤ、スッカリ忘れていました(^_^;

肝心なトコで肝心なコトをド忘れする私って一体・・・(^^;;;

  • 2008.10.03  00:14 
  • -URL-
  •  [編集

忘れ物

疲れている時って忘れてしまう事がありますよねー。
でもそういう時は切り替えが大事。

次にまた来い(行け)というツーリングの神様の仕業かな、と(^^)

いっぺんに行ったらもったいない、じゃないですか?w

つーことで、次に行って制覇する場所が決まりましたね。

  • 2008.10.07  22:40 
  • 狂@会社
  • -URL-
  •  [編集

また次が楽しみ

>いっぺんに行ったらもったいない
そうそう(^^)
忘れ物があったら、それはまた次へと繋がりますしね。

・・・しかも次回は狂さんが「西宮名塩から浜名湖までご一緒」してくれるでしょうし・・・(マテ)


  • 2008.10.07  23:01 
  • -URL-
  •  [編集

こんばんわ、

>忘れ物があったら、それはまた次へと繋がりますしね。

行き当たりばったりだと、後から地図を見て"あぁここにも寄れば良かった"とか"これ行き忘れた"とか有りますからね。(^^;ヒトゴトデハ
例えば、富士宮市の奇石博物館とかいかが?

>・・・しかも次回は狂さんが「西宮名塩から浜名湖までご一緒」してくれるでしょうし

では、私めは王司PAあたりから西宮名塩まで...(オイ)

それでは、

  • 2008.10.11  03:03 
  • akabai
  • -URL-
  •  [編集

>富士宮市の奇石博物館
akabaiさん・・・ひょっとして私がイシ好きであるということもご存知?!(笑)
イヤ、ぢつは行ってみようと思っていたんですけど、まだ開館前だったので諦めたんですよね(^^;ゞ
・・・でもこれで次の目的が(笑)

>私めは王司PAあたりから西宮名塩まで
え゛~、本気にしちゃいますよ?!(^^)

・・・ってコトで、その時は是非是非よろしくお願いします!(マテ)

  • 2008.10.11  03:41 
  • -URL-
  •  [編集

ぢゃ・・・

>・・・しかも次回は狂さんが「西宮名塩から浜名湖までご一緒」してくれるでしょうし
>では、私めは王司PAあたりから西宮名塩まで...(オイ)
ワタクシめは控えめに赤松PAから吹田JCTまでにしましょうかね(ホントカ)v-392

わーい\(^o^)/

各地のVFR乗りの皆さんがご一緒してくださるなんて(嬉)
これは早いとこまた信州に行かなくちゃ(笑)

>赤松PAから吹田JCTまで
ぃゃぃゃ、の さんといえば新名神高速!(謎)
だからせめて四日市JCTまでよろしくお願いします(ォィ)

  • 2008.10.11  22:26 
  • -URL-
  •  [編集

新名神行くんだったら…

そのまま伊勢湾岸道を通って豊田JCTまで行きますよv-392
そこから東名~旧名神と通って・・・((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

ナ、ナンダこの震えワ。。。v-399

それならいっそ浜名湖まで…(ォィ)

>そのまま伊勢湾岸道を通って豊田JCTまで
やっほぅ、是非是非(^w^)
・・・ってか、ホント、伊勢湾道ってイイ道ですよね(^^)

>東名~旧名神と通って・・・((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
あうぅ、忌まわしき過去の(以下略)

  • 2008.10.14  22:38 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。