スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008日本アルプスツーリング ─悪魔が来りて牙を剥く─ 

  • 2008.09.25 (Thu)

今日は最終日・・・ハタからみれば物足りない感のある信州ツーですが(笑)、今日はこのまま日本海へ抜けて、能登方面へ行く予定。

余裕があれば能登半島を回るつもりなんですが、何よりハズせないのは「なぎさドライブウエイ」。
あの長~い砂浜を我がVFRで走ってみたい!

でもって、サスペンスドラマとかで「私が殺りました…」なーんて告白のメッカ(違)、東尋坊あたりにも行ってみようと思っていたのですが・・・

目が覚めたのは午前6時前・・・まだ時間はあるというのに、一度目が覚めると二度寝ができない森、仕方がないので早朝の露天風呂と洒落込みました。

ちなみに露天風呂はオーナーの手作りで、夜は仄かなランプひとつの明かりで入る温泉なので、とっても雰囲気があります(^^)

もちろん朝は山の中で爽やかな空気に包まれて・・・はぁ、やっぱ温泉はいいや(笑)
日帰りツーではまず温泉なんて入らないし、泊まりの時くらいしか入りませんからね。


今回のツーリングではあまりたいした写真を撮っていないのですが・・・まぁ、ついでってコトで露天風呂の写真でも載せておきます(笑)これがその温泉 (注:18禁)

温泉を満喫した後は、朝食後にすぐ発てるように出発の準備。

・・・が、なんだか雲行きが怪しい・・・(~_~;
天気予報をチェックすると、長野周辺は曇でしたが、目的地の金沢~能登はシッカリマーク!(がーん)

くぅ・・・最後の最後でやっぱり雨か!

かなりショックだったものの、ワザワザ雨なトコロへは行きたくない・・・ってコトで、急遽予定を変更、かろうじて昼までは晴れるっぽい岐阜へと抜けるコトに。

ココから荘川までのルートは、去年も走ったありすママおススメのルートを走ることにして、荘川からひるがの高原あたりをテキトーにブラブラしてから高速に乗るつもりでした。

ママにそう話すと、ひるがの高原から岐阜方面へと南下する途中にあるという「やまびこロード」が、変化にとんで走りやすく、とってもイイ道とのこと。

それなら是非走ってみることにし、ママから丁寧に道を教えてもらいます。
分岐点が多くて迷いやすいらしいので、「とにかく道なりに」と念を押され(笑)、名残惜しくも出発です。

20080925_alice2
ありすママと。また来年お会いしましょう(^^)

ママに見送られて「ありす」を出発、車のいないK84を一気にR158へ・・・

・・・が、その途中で、なんと道の真ん中でニホンザルの群れが落ちている木の実を食べているではありませんか(@_@)

おお、これは写真写真!とばかりにVFRを止めると、さすがに警戒心の強い野生のサル、すかさず茂みの中へ・・・そ~っとカメラを取り出そうとすると、あっという間に山の中へと逃げていってしまったのでした・・・くぅ、残念(T_T)

写真は撮れなかったものの、目の当たりにした野生のサルに感動しつつ、R158へ向かって再びK84を快走。

20080925_k84
お馴染みの前川渡大橋にて恒例のショット!
真っ暗になってしまったのはごカンベン(笑)


R158へ出たあとはそのまま高山方面へ・・・市街地を避けてK73を走り、再びR158を荘川目指します。
ちなみに横を走る東海北陸自動車道、松ノ木峠あたりで高速国道の最高地点らしいのですが・・・下からは分からないし(T_T)
まぁ、どうせ高速を走っていてもその場所では止まれないしね(笑)

少しばかり残念に思いつつ、いいペースで荘川目指して快走、その途中でちょっと休憩。

20080925_syoukawa1
荘川の五連水車(笑)

20080925_syoukawa2
一番目の水車がとにかく巨大なのです(@_@)

このすぐ先の牧戸交差点からR156をひるがの高原方面へ。
途中でK321のやまびこロードへ入るワケです・・・が、その前にちょっと見ておこうと立ち寄ったのがココ。

20080925_bunsui1
分水嶺公園。
ここを境に、水が日本海側と太平洋側に分かれて流れていくのだとか。


どうなっているんだろうと、ちょっと期待マンマン、ワクワクしながら入ってみると・・・

20080925_bunsui2
こんなんでした(笑)

・・・う…うん、たしかにこの水がココで分かれて、それぞれの海に流れているんだよなぁ・・・とムリヤリ感動し、そのままやまびこロードへと向かったのでした(笑)

ちなみにもっと足を延ばせば「石徹白の大杉」があるのですが・・・地図見る限りでは、えらく山奥だし、時間もかかりそうなので結局行きませんでした(^_^;
まぁ、akabai氏が訪れているということは、近くまでバイクでも行けるトコロなのでしょうが・・・(笑)

・・・で、やまびこロードを走ったのですが、ナルホド高原地帯あり樹林ありの変化にとんだ快走路、走っててとても気持ちが良かったです(^^)
迷いやすいと聞いてちょっとビビッていたのですが(笑)、思っていたほどでもなく、道なりに走ってさえいればぜんぜん問題ナッシング(笑)

いい気分で白尾ふれあいパークのところへ抜け、さらにそこからK317へ。
このK317の終わりにある「古今伝授の里やまと」で、やまびこロードも終点です。

20080925_yamato1
その「古今伝授の里やまと」で休憩。

ココはちょっと大きめの道の駅で、無料の足湯や温泉などもあり、多くの人で賑わっていました。

足湯に入ってみようと思ったのですが、落ち着いた雰囲気のほの暗い建物の中には、カップルが何やらいい雰囲気で入っていたので、小心者の森は諦めました(笑)
さすがにその前で写真撮る度胸もなかったしね(^^;;;

20080925_yamato2
・・・なのでコイにエサやったり(笑)

ココでしばらく休憩した後は・・・すでにお昼もすぎていたし、テキトーなところで高速に乗ろうとR156を南下したのですが、何故か微妙に高速に乗る気がせず・・・

 ”走りたりねーなぁ 走りたりねーよ”

・・・ってコトで(笑)、郡上八幡を過ぎてR256へと右折。
なんかココにきてから、往生際悪くもまだまだ走りたい衝動に駆られてしまったんですよね(笑)

そんなワケで、車のいない山中路を思いっきり駆け巡り(笑)、このままR256を南下すると岐阜市内へ突入してしまうので、途中からK81を美濃方面へ。
名残惜しくはあったものの、時刻もすでに15時になろうとしていたし、ようやく美濃ICから高速に乗って一気に九州へ帰るコトにしたのでした。

20080925_k81
K81の途中で見つけたオモロイもの。

この後は再びR156へ出て、美濃ICから懐かしの九州を目指します。

『・・・さよなら、信州。』

今回も不完全燃焼気味に思えるツーリングでしたが、いざ帰る時になると、思いっきり後ろ髪をひかれる思い。
また来年と言わず、何度でも行きたくなる、そんな森を惹きつけてやまない地を後にし、東海北陸道を南下。

・・・が、高速に乗ってすぐ、まるで待っていたかのようにが降り出し・・・川島PAに滑り込んで、今回は出番がないことを祈っていた(笑)カッパを着用。
雨の中を再び出発、一宮JCTから名神高速へ。

途中の養老SAで一旦休憩・・・まだぜんぜん岐阜だというのに、この養老SAに来ると何故か帰ってきた感(!!)があるから不思議(笑)
まぁ、それだけ馴染みのある場所だからなんだろうけど(←関西以東へ赴いた時は必ず立ち寄るSA)

ちなみに、旅先ではほとんどモノを買わない森(←会社へのお土産は別ですが)、SAをブラブラしていると何気に見つけたので、思わず買ってしまったのがコレ(笑)

20080925_yoro
もちろん養老SA限定モノ。どうせなら他のSAにもあればいーのに(笑)

ここでしばらく休憩したあとは、一向に止む気配のない雨の中を再び出発、名神高速をひたすら西へ西へと走ります。

吹田JCTから中国道へと突入、あとは一気に関西~中国を駆け抜けるのみ!

18時過ぎに西宮名塩SAへ。
この辺りにくると雨はぜんぜん降っていなかったので、暑苦しいカッパからようやく解放(笑)

今回はまったく眠くなることもなかったのですが、どうにも辛かったのが右手の痛み・・・
休憩するごとに水で冷やし、幾分マシになってきたところで出発していたものの、右手から腕、そして上腕へと痛みはだんだん上へと上がってくる一方(>_<)

それでも20時に吉備SA(岡山県)、22時前には小谷SA(広島県)と、九州目指してVFRとともにひた走ります。

そして午前0時前には山口県の下松SAヘ到着。
さぁ、九州まであともう一息・・・休憩を終えて出発しようとすると、急にが(@_@)

SAのコンピューターでチェックしてみると、どうやら中国~九州地方にかけては激しい大雨が降っている模様。
しばらく待ってみたものの、一向に止む気配もなかったので、諦めて再びカッパを来て出発。

・・・が、雨はハンパないくらいの勢いで激しく降りつけ、ペースがまったく上がらず、右手の痛みもすでに限界・・・あと少しだからどうかもってくれ、我が右腕よ!

午前1時30分に美東SAヘ・・・福岡まであとわずか150キロほど!
ここでもう一度天気予報をチェック、やはり雨は一向にやみそうなく・・・九州を目の前にしながら、ここで夜を明かすつもりもなかったので(笑)、覚悟を決めて出発。

ところがSAを出て間もなく、突如として今までに遭遇したことのない激しい豪雨に!

「バケツをひっくり返した」どころではない、まるで消防車から水を真正面にぶっかけられているようで、ぜんぜん前が・・・というよりも、VFRのメーターすら全く見えない状態、しかも強風と激しい雷までなっており、ちょっと信じられない凄まじさでした。

道路には川のように水が流れ、ラインも全く見えず、激しい雨風に煽られて自分がどこを走っているかすら全く分からなくなり・・・
そんな森のすぐ真横を、長距離トラックが走り抜けていきます。

ヤバイ、ヘタしたらひっかけられる・・・この時には心底怖くなり、ホントにもうダメかも、と思いましたね・・・大袈裟でもなんでもなく(^_^;

(こんな、道路の上で死んじゃうってのもなぁ・・・でもVFRと一緒だよな・・・)
なとど、半ば自暴自棄的な諦めの心境になり・・・それでもその反面、ココロの奥底から沸き上がってくる、なにくそ、と立ち向かおうとする気持ち。

右手はすでに感覚がなく、なんとか次のPAまでは・・・と、必死で目をこらし、ガードレールの反射板とおぼしき僅かな光を頼りに、凄まじい雷雨の中をVFRはノロノロと走り続けます。

おそらく緊張感と集中力が限界にまで達していたからかどうかは分かりませんが、どうにも不思議なことに、ココからちょっと記憶がブッ飛んでいまして・・・気がついた時には古賀SAで倒れ込んでいたのでした・・・(^^;;;

あれほどの豪雨がまるでウソのように雨も上がっており、聞こえるのは虫の声と休憩している長距離トラックのエンジン音だけ。

関門橋を渡ったことも、どうやってココへ辿りついたのかもまるで覚えていなくて、でもVFRはちゃんと止まっているし・・・どうにもキツネにつままれた感がするのですが、時刻はすでに午前5時。

右腕は相変わらず痛んでいるものの、体の方はそれほど疲れきっているわけでもなく・・・まだ十分走ることはできたので、すぐに古賀SAを後にし、そのまま福岡市内の自宅へ無事に帰りついたのでした。

時刻は午前6時過ぎ・・・嗚呼、一晩かかって帰りつくなんて、去年と全く同じパターンではありませんか(笑)

それでも何よりも、あの信じられないくらいの豪雨の中を無事に帰ることができたことと、とにかくよく走り続けてくれた我がVFRに、心から感謝したのでした。


【本日の走行距離:1015.6km】

Comment

こんばんわ、

>くぅ・・・最後の最後でやっぱり雨か!

そこはそれ宿命と思って諦め…

>去年も走ったありすママおススメのルート

私はこれを逆走したんですが、小鳥峠から高山に向かう辺りで町並みの向こうに、白い冠雪をいだいて青空に浮かぶように居並ぶ乗鞍の山々の様を見てすごく感動しました。もう写真を撮るより絶対また見に来ると誓いましたね。

>まぁ、どうせ高速を走っていてもその場所では止まれないしね(笑)

http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/47b6ecb4_c056/bc/c5ae/__sr_/4b59.jpg?bc1kOXJBszvfyRsE (^^;;
工事用?のでっかいパーキングがありましたよ。

>まぁ、akabai氏が訪れているということは、近くまでバイクでも行けるトコロなのでしょうが・・・

はい、近くまではいけますがその後延々15分階段を上り続けるという苦行が...
ここまで来ちゃったし、数少ない"特別"天然記念物だし、向こうから登山仕様の夫婦が降りて来るのにげんなりしながら辿り着きました。

>ナルホド高原地帯あり樹林ありの変化にとんだ快走路、

うむぅ、ルート候補に挙がった道でしたが時間が無く走らなかったんだよなぁ。次回のルートに入れようと(。。φメモメモ

>往生際悪くもまだまだ走りたい衝動に駆られてしまったんですよね

あはは、らしいですね。でもわかりますよぉ。(^o^)

>また来年と言わず、何度でも行きたくなる

ツーレポ読んだらムショーにどっか行きたくなりました。まだまだ走りたいところあるんですよ、信州。

>ちょっと信じられない凄まじさでした。

大変でしたね、昼間での劇雨なら経験あるんですが夜はねぇ...
あっという間に路面が"川"から白い煙状に変わり"ドドー!"という音でエンジン音も何も聞こえず、周囲は真っ白。
車も一気に速度を落として、みんな1列になって旅ねずみ状態。

これが夜だとどんなんでしょうね、ゆっくり走ると後ろから追突しされそうだし、路側をチビチビ走るか、遅めのトラックの後ろに張り付くかしかないでしょうか。
良くがんばりましたね。

>ココからちょっと記憶がブッ飛んでいまして

周りが見えない中前方にのみ集中して走ってると、どこら辺りを走ってるか分かんなくなるというか考えなくなりますね。疲労が溜まった上に必死モードだったゆえではないでしょうか。

>一晩かかって帰りつくなんて、去年と全く同じパターンではありませんか(笑)

それが森さんのロングツーリングということでは(笑)
なんにしても無事帰着で旅を終えられたことは何よりです。(^_^)また次に向かえますからね。

それでは、

  • 2008.10.04  00:55 
  • akabai
  • -URL-
  •  [編集

こんばんは、

>工事用?のでっかいパーキング
おお、そんなトコロがあるとは(^^)
なら今度は是非とも高速道路最高地点を制覇せねば・・・(笑)

>延々15分階段を上り続ける
やはり(^_^;
山奥っぽいし、簡単には辿り着けなさそうだなぁとは思っていたんですが・・・
お疲れさまでした。
(でもそんな苦行だったら、もう二度と行かなさそうですね(^_^;)

>次回のルートに
ハイ、これはぜひ!
私が走った時はドンヨリな空模様でしたが、晴れていたらかなり気持ち良い道だと思いますよ(^^)

>まだまだ走りたいところあるんですよ
ですよね(^^)
アチコチ走ったつもりでも、まだまだ走りどころがたくさんありますモン(笑)

>路面が"川"から白い煙状に変わり"ドドー!"という音でエンジン音も何も聞こえず、周囲は真っ白
そうそう、エンジン音はもちろん、雷の音さえも全く聞こえない状態でした(>_<)
おそらく車のワイパーも全く役にたっていないだろうと思える程だったので、追突されそうでホント怖かったですね(^^;;;

>良くがんばりましたね。
・・・・・(T_T)
うう、akabaiさんにそう言ってもらえるなんて・・・ありがとうございますっっ
同じような経験をした人だけが分かる辛さですね(T_T)

>疲労が溜まった上に必死モード
ええ、それはもう・・・
バイクに乗りだして初めて、「もうダメだ…」とココロが折れましたね(>_<)
でも、こーいう経験を積んでこそ一人前のツアラーに・・・(って、私がなれるのか?(^^;;;)

>それが森さんのロングツーリングということでは(笑)
うーん、今回は雨さえなければ、夜のうちに帰れるハズだったのになぁ(^_^;
いずれにせよ、旅先では何が起こるか分からないということを、身をもって経験することができました。

>また次に
ハイ、すでにもう次をアレコレと妄想中です(笑)
ちなみに次回は・・・いよいよ四国あたりかな~、と・・・(ボソッ)

  • 2008.10.05  01:28 
  • -URL-
  •  [編集

無事帰還乙

>豪雨
私は昨年の夏、富士山近辺で遭いましたねぇ(^^;
カッパを着る余裕もなく4~50kmを走り抜けましたよ。
継ぎ目で滑るは、前を走る車や追い越し車線から抜いていく車のしぶきも酷いは、いやもう転倒しない事を念頭に100km/h前後で走るのがやっとでした(何

>記憶
昔自転車でひっくり返った後の記憶が無かった事がありましたねぇ(^^;
森さんの場合、走るのに必死で記憶する回路をシャットダウンしていたのかもしれませんね(爆汗
無事で何よりでした。

>18k(ry
腰の線にクラッときて即保存しました(マテ

  • 2008.10.07  23:45 
  • 狂@会社
  • -URL-
  •  [編集

ありがとうございます(^o^)/

>カッパを着る余裕もなく4~50km
うわ、カッパなしで豪雨の中をですか?!
夏ならまだしも・・・これが寒い時期だったら・・・(>_<)

それにしてもロングツーをされる方は、やはり何かしらこういう経験をされているのですね(親近感)

>記憶する回路をシャットダウン
いや、ホントにそうだったのかもしれません(^^;;;
ニンゲン、切羽詰まるとどんな機能が働くか分からないものです(笑)

>即保存
イヤ、狂さん、今会社では(^^;;;

  • 2008.10.08  00:35 
  • -URL-
  •  [編集

雨その2

先日の諏訪湖からの帰りは152>361>19と走って多治見から雨と渋滞がきつくて高速に乗りました。
予報では夕方ぐらいからだったのが昼過ぎにはポツポツと降りだし、夕方には結構な雨脚になってましたよ(TT)

今回はカッパを事前に準備していたので濡れる事はありませんでしたが、高速上で後ろ数メートルにまで迫るBMWのバカがいたので怖かった(^^;
でも、そこでギアダウンするバカがここにいるのでもっと危険でしたが(マテ

>次回
まだ予定ですが、友人らと19日に讃岐巡りをしようかと計画中。

>会社
無問題。
美しいものは美しいから(違
実はこんな時間に誰も残ってませんから大丈夫です(爆

  • 2008.10.08  22:38 
  • 狂@会社
  • -URL-
  •  [編集

残業(?!)乙です

>予報では夕方ぐらいからだったのが
降らない分には全然いいんですが、早く降り出すとヤですね(^_^;
私も、雨が降ってくるとテンションが下がって、サッサと高速に乗ってしまいますね(笑)

>高速上で後ろ数メートルにまで迫る
あ゛~、これはよくありますね(^_^;
特に追い越し車線を走っていると、(前にも車がいるのに)「ハヨ行けや」と言わんばかりに迫ってくるクルマが(笑)

>讃岐巡り
おお、四国ツーですか?いいなぁ~
でも九州からは四国への上陸地点が限られているので、何気におっくうだったり(イヤ、行きたい気はあるんですケドね(^^;;;)

>実はこんな時間に誰も残ってませんから
え゛~、狂さん一人で会社(=残業?)ですか?(^_^;
・・・ってか、マジメに仕・・・ゴホゴホ

  • 2008.10.09  23:37 
  • -URL-
  •  [編集

橋を渡るのは

結構面倒でもあり、費用も掛かりますからね(^^;

ロングツー行ったばかりなのに無理は言いませんよ。
いつかこちらに顔を出す人らの都合が合えば集まってみたいですね(^^)

>残業
まぁ、あらかた終わらせた後の休憩時間と申しましょうか。
息抜きと申しましょうか。
ご安心下さい(何

  • 2008.10.10  08:41 
  • 狂@会社
  • -URL-
  •  [編集

業務連絡

時間はかかるかもしれないけど、フェリーというテもありますね。
その場合は現地集合になるでしょうけど。

讃岐巡りというコトは・・・明石海峡大橋を渡って帰りは瀬戸大橋というルートですか?

行くと決めたワケではありませんが、もしよろしければ、捨てアドでかまいませんので、右のメールフォームから連絡していただければ・・・ボソッ

  • 2008.10.10  22:10 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。