夏至の太陽を追え!「二見ヶ浦を結ぶ日本横断ツーリング」 

  • 2007.06.22 (Fri)

今日は夏至の日・・・先日、ツーリングマップル(中部北陸)を何気に見ていたら、とあるおすすめスポットが目にとまった。

伊勢神宮
『冬至の日、登る朝日が内宮の入り口、宇治橋の鳥居の中心から登る。これを拝むと~(中略)。 夏至の日に二見ヶ浦の夫婦岩から登る朝日も、絶大な魔除けの力を持つと伝えられる。』

・・・と、あまり神社には興味もなかった今までの森であれば、「ふ~ん」なぐらいにしか思わなかっただろうが、神社好きな今となっては興味もアリアリなのである。

そう、伊勢神宮と言えば、出雲大社や諏訪大社などと並ぶ日本最古の神社のひとつであり、日本人の総氏神様なのだ。
むぅ・・・出雲大社の次はやはり伊勢神宮だろう。

ちなみに福岡には、同じく夏至の日の夕日が夫婦岩の間に沈むという、糸島の二見ヶ浦がある。

そこで思いついたツーリングがこれだ!

『夏至の日の朝、伊勢の二見ヶ浦で、夫婦岩の間から登る朝日を拝む
   ↓
 そのまま夕方までに西日本を横断
   ↓
 糸島の二見ヶ浦で、夫婦岩の間に沈む夕日を拝む』

注:もちろん夏至の前日に伊勢まで一気に行くワケではなく、その数日前から伊勢入りしてその辺り一帯を観光する。もしくはもっとどこか遠くへツーリングに行った帰り、夏至の前日に伊勢に宿泊でもOK。

来年あたり、上手い具合に夏至の前後と会社の休みが合うようなら、是非遂行してみたいものである。

まぁ、夏至の日でなくても、近々行ってみたいと本気で考えてはおりますが・・・

Comment

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧