苦悩! V45 INTERCEPTOR 

  • 2007.07.02 (Mon)

VFRのトリコが出ているというコトを、先月K木氏から聞き、その時は「カッコいいな~」ぐらいにしか思っていなかったのだが・・・(注:6月20日の記事参照)

よくよく見れば、KロバーツやFスペンサー、シュワンツ、レイニーらが、レース史上に残る大激戦を繰り広げた'80年代(森はリアルタイムでは見ていませんが)、当時の驚速インターセプターを彷佛させるカラーリングだったのだ。

しかも、ファイナルモデル・・・
これがV4ハイスピードツアラーというコンセプトの終焉を意味するのか、それともV4エンジンそのものがなくなることを示唆するのかは分からないのだが、VFRがカタログから姿を消してしまうのは間違いなさそうだ。
1982年に誕生したV型4気筒エンジンは、25年の時を経て現在のVFRへと進化を遂げ、当時全米を席巻したインターセプターカラーを最後に、その幕を閉じる・・・(と思う)

だもんで、なんだか無性にインターセプターが欲しくなってしまい・・・買い替えるか否か大いに迷っているのである(^_^;
しかも昨日、レッドバロンで12ヶ月点検が終わるのを待っている間、スタッフのY氏が余計な気を利かせてインターセプターの見積もりを出してくれたもんで・・・

今のVFRを下取りに出せば、追金「?万円」でインターセプターが手に入るのだ。
・・・が、二の足を踏む理由もそれなりにはあるワケで・・・

メリット
・限定販売な上、もともとマイナーな車種なのでオーナーも数少ない(と思う)
・インターセプターのカラーリングは目立つ上、上記理由からも注目度かなり高し
・ここで再び新車となり、しかも3年車検
・所有感Max

デメリット
・夏のボーナスが吹っ飛ぶ(=お盆と秋のロングツーリング断念の可能性有)
・周りに呆れられる
・インターセプターにしたからといってウデは上がらない
・シングルシートカウルのカラーリングがちょっと…

しかも買い替えるんなら、昨日12ヶ月点検するんじゃなかったと悔やまれるし・・・
今のブラックも実は非常に気に入っているし・・・

はぁ・・・しばらくは悶々とした日々が続きそうだ・・・(←優柔不断)

Comment

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧