スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決死行!山鹿市蒲生の「不動岩」がやっぱり面白い 

  • 2009.03.26 (Thu)

先日、森が下見に行った山鹿の不動岩ですが、早々と今日、チラシさんと共に行ってまいりました(笑)

・・・とは言っても、VFRでも原二スクーターでもなく・・・他にもちょっとした所用があったので、で行くコトに(^_^;

不動岩までの道のりは、前回のルートとは少し違いましたが、大差はないのでハショります(笑)

ただ、途中で立ち寄ったのがココ。

20090326_melondome1
R325沿いのメロンドーム。(=道の駅七城)

何気にメロンソフトが食べたくなったので、さっそく購入(笑)

20090326_melondome2
これがそのメロンソフト(250円也)。
もちろん美味です(^o^)


ソフトを食した後はさらに「じゃがバター」を購入し、すっかりピクニック気分で不動岩目指してGo!


メロンドームからはそう遠くもなく、R325からK197へ入ってしばらく走っていると、やがて道沿いに大きな鳥居が現れ、岩への案内もあります。

20090326_fudougan01
K197沿いの正面から見る不動岩。

展望所への道は狭いので、バイクだとそんなでもないのですが、車ではちょっと気を遣うところ。
(所々に離合できるくらいの道幅はありますが・・・)

ちなみに展望所自体もそんなに広くはないので、車だと今イチ止め難いです(^_^;

20090326_fudougan02
前不動の根元から。
(う~ん、やはり写真だと迫力が今イチ…(~_~;)


・・・で、岩へ登る前にメロンドームで買ってきたじゃがバターで腹ごしらえをし(笑)、いよいよ不動岩へと挑みます。

20090326_fudougan03
岩への入り口はこんなカンジ。
パッと見は楽そうに見えるのですが・・・


取り敢えず最初の立て札があるトコロまで行ってみたのですが、ソコソコの距離と勾配があるため、結構キツイです。

・・・で、I展望所 or 挑戦コース or 後不動の内、どれから行こうかと思っていたら、なんとここへ来てチラシさんのテンションが一気に急降下。。。

どうやら突如として頭痛と腹痛に同時に襲われたらしく・・・
(ちなみに腹痛の原因は、メロンソフトでお腹が冷えたせいらしい)

「この先ってトイレあるの?」
「イヤ、もう山ン中になるけんないヨ。さっきの駐車場のとこしか。」
「じゃ、戻る

え゛~、せっかくココまで来たのに~(~_~;
でも、お腹痛いならしょうがないか・・・あ゛~、でもさすがにもう一度ここまで登ってくるのはかなりキツイ。。。

そんなワケで、森はこのまま立て札のトコロで待っていることにし、チラシさん一人で駐車場(のトイレ)へと戻っていったのでした(^_^;

・・・で、しばらくして戻ってきたチラシさん、荷物を降ろして(笑)お腹の方はどうやら良くなったらしいのですが、頭が痛いのは相変わらずで、ちょっとキツそう。

本人は「大丈夫」と言うものの、さすがに挑戦コースは無理だろう・・・ってコトで、少々時間はかかりそうでも、比較的歩きやすそうな後不動コースへ行くことに。

・・・が、最初の方はまだ良かったのですが、しばらく進んで行くうちに、だんだんと歩き難い箇所がチラホラ。。。

一応ちゃんと道はあるのですが、たくさんの落ち葉で覆われているので足場が悪く、なかなかペースがあがりません。

もちろん岩場があったり、急な傾斜を登ったり降りたりで・・・しかも、歩いても歩いても目的地の後不動へはなかなか辿り着けずで・・・相当の距離感がありました。
おかげですっかりヘタッてしまい、道中は写真を撮る余裕すらありませんでした・・・(^_^;

・・・で、ヘトヘトになって「もうダメだ~」と思っていたところに、ようやく新たな案内の立て札が目につき、それによると右へは「蒲生池」、左へは「TV展望台(…ってか、TVってなんじゃ)

迷うことなくTV展望台へと向かったのですが、展望台といってもちょっと広くなった場所に木のテーブルとベンチがあるのみで、周りは木だらけで展望もナシ。

ちょっとガッカリしつつも、さらに進んで行くと、突如として視界が開けてちょっとした岩場に出ました。

景色もイイし、風が吹いて気持ち良かったので、まずはココで一休み。

20090326_fudougan04
蒲生池をバックに。

ひと息ついた後、さらに進んで行くと、突然目の前に現れたのがコレ。

20090326_fudougan05
おお、このカタチからして、どうやらコレがう○こ岩らしい。
(ちなみにこの岩は案内板などには書かれていません(^^;;;)


ちょうど木が邪魔で、写真ではこれが精一杯でしたが、実際に見るとホントにそれっぽいカタチをしていました(笑)

そしてまたしばらく進んでいくと、さらに大きな岩場に出たのですが、どうやらこの辺りは後不動の左胸の先端にあたる場所で不動岩コースの中のメインらしく、ここからの眺めが一番良かったです。

20090326_fudougan06
登頂記念ショット!(笑)
この頃にはチラシさんもかなり元気になっておりました。


20090326_fudougan07
前不動と、その後ろにあるのがこの前森が行ったI展望所。

ちょうどI展望所に人がいるのが見えたので、「お~い」と手を振ってみたのですが、またしてもアッサリとスルーされました(T_T)
(今度こそ、もう二度と人に手なんか降るまい…)

・・・で、ここで思う存分景色を堪能した後は、いよいよ下へと降ります。

・・・が、ぢつはココヘ来るまでに、今日は山の中で何人もの人たちとすれ違ったので、どうも後不動コースと挑戦コースは繋がっているっぽいとニラんだ森は、来た道を戻らずにそのまま進んでみるコトに。

ただ、行き先の道は無明橋に匹敵するくらいの足場の悪さ(~_~;

ちなみに、展望台の近くですれ違った二人組の男の子(←彼らは挑戦コースからやってきていた)の話によると「かなりキツいっス」とのこと。

チラシさんは「来た道を戻ろうよ~」と言っていましたが、森的には、またあの長~い山道を延々と歩くのはイヤだったし、コッチの方が断然近そうだったので、「大丈夫大丈夫」となだめながら、強引にも前へ進みます(笑)

途中でたしかに「うへぇ(@_@)」と思うようなやっかいな岩場があり、その度にチラシさんは「やっぱり引き返そう」と何度も訴えていましたが、頑張ってやってみればちゃんと進めるもの。

道が分り難くて途中で間違えたりもしましたが・・・(笑)

やがてこの崖を降りて行くのか?というようなかなり険しい場所に出たのですが、チラシさん曰く「いくら挑戦コースったって、こんな挑戦はない!来た道に戻ろう!(強気)」

イヤ、必ずどこかに進む道はあるハズ・・・そう思って注意しつつ、よくよく見てみると、なんと地面には錆びたが垂れ下がっているではありませんか!

「ホラホラ、鎖がある!やっぱりさっきのヒトたちはココを登ってきたっちゃん。」

そう言ってサッサと降りだした森に、イヤイヤついてくるチラシさん(笑)

・・・が、この崖は無名橋の時に越えた崖以上に長いうえ、足場もずっと悪く、かなり・・・というか、相っっ当キツイです(^_^;
(しかも鎖は頼りなさげに細い(^^;;;)

20090326_fudougan08
おまけにかなり狭く、動きもままなりません。

20090326_fudougan09
チラシさんにとっては、またしても命懸け。

やっとの思いで長~い崖を降り、相変わらず足場の悪い山道を注意しながら降りて行くと、しばらくして丸太の階段みたいな道になり、やがて最初の立て札のところに戻ってくることができました(^o^)

やっぱり挑戦コースの方が距離的にはかなり短いようですが、なにぶんにもあの崖はかなりの難所なので、時間はそれなりにかかりそうです。

・・・で、ここまで戻ってくれば、あとはもう楽勝・・・ってコトで、前回森が行ってみたI展望所へと向かいます。

20090326_fudougan10
後不動をバックに。

↑向かって左側の岩が先ほど登ってきた方で、右側の岩のてっぺんの方には登れませんが、コチラは岩のすぐ根元まで行く道があります。

ちなみに、挑戦コースがちょうど胸の谷間(笑)を降りてくるカンジで、後不動コースは左胸をぐる~っと迂回していくコースになるようです。

・・・とまぁ、取り敢えずはこれで不動岩の全コースは制覇したぞ!

と、二人ともスッカリ満足して、不動岩を後にしたのでした。

いやはや、もっと簡単に行けるかと思っていたのですが、なかなかどうして、かなりの難所もあり、一筋縄ではいかないトコロでした(笑)

でも、何と言っても岩の上からの展望は素晴らしいので、興味ある方は是非チャレンジしてみてください(^w^)
動きやすい&汚れてもいい服装と、軍手必須なのは言うまでもありません。

20090326_fudougan11
そして帰り道、桜と一緒に記念ショット!

20090326_fudougan12
桜の間からも下の風景をパチリ!

この後は、桜を思う存分堪能しながら蒲生池の方へ行く道を降りていき、そのまま熊本市内へと帰りました。

思っていたよりもかなりハードな道のりで、二人ともスッカリ疲れてしまいましたが、不動岩制覇の達成感と、近場にこんな面白いトコロがあったと新たな発見もあったので、それなりに充実した一日でした。
チラシさんは「もう二度と行かん!」と言っていましたが・・・(笑)

Comment

 お疲れ様です(笑)。

 この間の橋といい、最近はハードな目的地設定ですね~

 でも視界が開けたときの爽快感は相当なものでしょうね。写真でもちゃんと伝わりますよ~


 帰りの桜もキレイでした。早く桜撮りにツーリング行きたいんですが… これがなかなか(笑)。

 D60には慣れましたか??

  • 2009.03.29  20:59 
  • たついち朗
  • -URL-
  •  [編集

ありがとうございます(^o^)

>ハードな目的地設
目的地まで道中では「もう二度と行かん!」と思ってしまうほどキツイですが、やはり到達した時の達成感は格別ですね。

喉元すぎればなんとやらで、「また行きたいなぁ~」と思ったり思わなかったり・・・(笑)

>桜撮りにツーリング
熊本では今がどこも満開ですが、大阪もそろそろでしょうか?

でも相棒がいないのはツライですね(^_^;
最近は少し寒い日が続きましたし、たついち朗さんの相棒復活までに桜がもってくれるといいですね(^^)
キレイな桜の写真を楽しみにしています♪

>D60には
ま、まぁ・・・ボチボチですね(^_^;
もっと絞りとか露出を考えながら撮影すればいいんでしょうけど、どうもメンドーになって、ついついカメラまかせで・・・(^^;;;

しかもウデはまだまだのクセに、純正レンズではちょっと望遠が物足りなく感じているトコロで。
でも新しいレンズを買う余裕はないので、サブ機の検討を・・・ごにょごにょ

  • 2009.03.30  19:05 
  • -URL-
  •  [編集

こういう場所に行く時は

登山用ブーツと上着と軍手が必要になりそうですね(^^;
タンクバッグなら綺麗に収まるかな?

私の場合、目的地での行動用にジャケットと歩行用革靴を用意する時が多いです。
なんで、TOPBOXが必要なのだ(笑

>迫力ある写真
んー、比較しやすいものも一緒に撮るとわかりやすいけど・・・場所によっては難しいですよね(^^;

  • 2009.04.16  12:39 
  • -URL-
  •  [編集

今後のツーは登山グッズ必須?!

>登山用ブーツと上着と軍手
う~ん、容量にもよりましょうケド、タンクバックではちょっとキビしいカモ?!

>目的地での行動用にジャケットと歩行用革靴
さすがにバイク乗りの格好ではちょっと・・・っていうような場合もありますからねぇ(^_^;
チラシさんは街中でも違和感のないオサレなジャケットを欲しがっておりますが・・・(笑)

>なんで、TOPBOXが
なっとく(笑)

>迫力ある写真
> 比較しやすいものも一緒に
一応鳥居がそのつもりだったのですが・・・やっぱり実際に目で見た通りの写真を撮るのは難しいです(^^;;;

  • 2009.04.16  21:32 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。