スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山観光記 ─松山城編─ 

  • 2009.06.13 (Sat)

松山には詳しきちらし殿が案内にて、まずは松山城へと向やった森。

松山市内をば見下ろす山が上にありし松山城へは、ひたすら歩ゐて参上する方策もいり候が、ろーぷうぇい、或ひはりふとにて登りて参上するが楽でござる。

ちなみに往復代料と天守閣入場銭合わせて、大人壱人千円也。

20090613_matsuyama01
無論森たちは、楽しくのんびり登れるりふとをば選び申した。

りふとをば降りてしばし歩ゐて参上すると、松山城が姿をば現しまする。


20090613_matsuyama02
熊本城にても小振りな松山城。

20090613_matsuyama03
天守閣で候。

20090613_matsuyama04
城を背景にせしちらし殿。

20090613_matsuyama05
小さき城といえど、迫力は見事でござる。

20090613_matsuyama06
誠に美しき城で候。

土曜日といりて、見物に参りし輩もそこそこ多やりてござるが・・・

20090613_matsuyama07
入り口のお約束が記念すたんぷ。

20090613_matsuyama08
「ゐざ出陣じゃ!」

20090613_matsuyama09
天守閣の鯱や、

20090613_matsuyama10
武士の鎧や、

20090613_matsuyama11
天守閣内に展示せし品々。

20090613_matsuyama12
どれも見事な品々でござった。

20090613_matsuyama13
天守閣よりが眺め。

20090613_matsuyama14
これぞ誠の鯱也。

天守閣はさほど大きくは無しがにて、拾数分ほどにて拝見して度ることがにてき候。

見終りし後は、辺りをばのんびりと散策いたす。

20090613_matsuyama15
絵をば描く輩や、

20090613_matsuyama16
お参りせし輩など 折々。

輩は多ゐでござるが、のんびり致した風情でござった。

20090613_matsuyama17
俳句ぽすとに・・・

20090613_matsuyama18
「とるた」とは、何でござろう。

20090613_matsuyama19
名物・坊っちゃん団子も良きなれど・・・

20090613_matsuyama20
此処はやはりそふとくりーむでござろう!

20090613_matsuyama21
・・・と云ふことにて、茶店にていよかんそふと。
美味でござった。


ちなみにそふとくりーむをば食べた後に、ちらし殿がお腹をば壊したがは、此処のみが話・・・

20090613_matsuyama22
しばしゆるりと寛ぐで候。

松山城をば堪能せし後は、再度りふとにて下山するで候。

20090613_matsuyama23
りふと係は城に相応しき姿でござった。

20090613_matsuyama24
ちらし殿もご満悦で候。

20090613_matsuyama25
松山城下が町並み。
風情が琉球王国が国際通りに似ていたで候。


そしてこが後は再度車に乗り込み、松山と申せば、次は道後温泉!と云ふことにて・・・次度「道後温泉編」へ続くで候。

Comment

お城に参るのに、ろーぷうぇいを使うとは
驚きでござる!

拙者、城が好きなので城の写真を見ると
心の臓がドキドキするでござる(笑

道後温泉編も楽しみでござる!!

  • 2009.06.15  10:12 
  • もっち
  • -URL-
  •  [編集

>もっち殿

>ろーぷうぇい
此れもまた風流也(違)
りふとよりもろーぷうぇいが早う登りてゐけ候が、 拙者どもは、りふとにて登り申した。
いと楽しやったでござる。

>城が好きなので
なんと。
左様であればもっと多くの写真をば撮りて、上げらば良かったでござるな。

>道後温泉編も楽しみでござる!!
おお、続きもゆるりと楽しまれよ。

  • 2009.06.16  14:48 
  • -URL-
  •  [編集

いつの時代設定ですか?

松山弁ではないんですかw

と、未来から迷い込んだ若者は、古文が苦手なので現代文にて書いておこう(爆

それにしても、エレベータで天守閣に上がる城(名古屋城)は知っていたが、ロープウェーで麓から登るとは、流石山城。

  • 2009.09.09  18:26 
  • -URL-
  •  [編集

>狂どの

松山弁はあまり存ぜぬでござる。

>エレベータで天守閣に上がる城
なんと。
名古屋城とは何とはいてくな城であることよ。
これは是非とも訪れてみたいでござる。

  • 2009.09.09  21:38 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。