夏空の南阿蘇!護王さんの杉に会いに行く 

  • 2009.06.20 (Sat)

天気予報では今日もシッカリ晴れマーク、朝起きて空を見ると、その青さはまさに夏のそれ

おお、今日はまさしく絶好のツーリング日和!

照りつける日差しと暑さもなんのその、昨日オイル交換を済ませたばかりのVFRでさっそく出撃したのでした(…とは言っても家を出たのはお昼過ぎ(^^;;;)

春のツーリングも気持ち良くて走りやすいけど、森的には限りなく澄み切った暑い夏空の下を走るのが大スキ(笑)

まぁ、全身汗だらけになるうえ、暑さでバテ気味にもなるので、けっして快適なツーリングではありませんケドね(^^;;;

すでに家を出る時点で汗だくになっていたのですが(笑)、今日の目的は「護王さんの杉」。

その存在を知ってはいたものの、樹があるのは阿蘇一の宮の境目あたり…という曖昧なことしか分からず、近くにありながら、なかなか訪れる機会がなかったのです。

・・・が、ようやくアクセスルートが分かったので、さっそく見に行くことにしたのでした。


まずは毎度お馴染みグリーンロード、久木野からは広域農道経由でR265に出て、そのまま箱石峠へ北上するか、または阿蘇望橋の方を走るかしてR57へ出てから杉を目指します。

いつもの吉無田経由でグリーンロードへ行ってみると、さすがに土曜日とあってバイクもソコソコ走っており、展望台もすでに先客が

20090620_greenroad1 20090620_greenroad2
…なので、テキトーな場所で一旦停止(笑)
今日は阿蘇の山々がクッキリと見えていました。


20090620_greenroad3

ココではVFRから少し離れてせっせと写真を撮っていたのですが、道端にポツンとバイクだけがあって、乗り手はどこにもいない状態(←茂みに隠れて森の姿が見えなかったらしい)に、ギョッとして振り返っていくライダーさんもいらっしゃいました(^_^;

・・・が、今日はバイクも多いし、ちゃっかり走行中の写真を撮る練習をさせていただきました。
(ハタから見たら、何やってんだコイツと思われていただろうな(^^;;;)

・・・で、この後は少し考えた末、阿蘇望橋経由でR57へ出るコトに。

R265からK135へと曲がり、今日こそは間違えるコトなく阿蘇望橋への道に入ることができました(笑)

広域林道をいい気分で北上、阿蘇望橋には誰もいませんでしたが、夕立でもきそうな雲が広がっていたので、止まらずにそのままスルー

橋を過ぎてしばらく走ったところの交差点で「←R265/箱石峠」という標識が出ていたので、波野へ抜けるよりもココから曲がった方が良さそうに思えてそのまま左折。

途中で迷いそうな分岐もありましたが、道なりにどんどん走っていくと、無事に箱石峠のところに出ることができました。

ちなみにココには隠れた絶景スポットが(←最近はかなり知られるようになりましたが)あるのですが、やっぱりスルー(笑)

峠を過ぎ、R57へ出る少し前のところに自販機があったので、ココでようやくストップ。

20090620_r2651
暑い時には、水分補給をマメにしないとね。

20090620_r2652
でも一旦止まってしまうと、すぐにカメラマンモード(笑)

水分補給と写真撮影を終え(笑)、R57へと左折して宮地方面へ走ります。

宮地駅前を過ぎて右手に阿蘇警察署を確認、そろそろのハズ・・・と、速度を落として注意深く走ること数百メートル、一瞬見落としそうな細い道を発見!したのもつかの間、「ココだ!」と思った時は既に通り過ぎてしまいました。
(イヤ、それくらい分り難い道だったのです(^^;;;)

少し走った先でUターンし、今度は上手く小道へ入ることができました。

すぐに踏切を渡って、あとは道なりのハズ・・・と、一車線の道を注意深く走っていると、やがて道は林の中へ。

おお、なんだかそれらしくなってきたな~と思いきや、すぐに案内板が。

20090620_goousugi01
突然だったので、ちょっとビックリ(笑)

20090620_goousugi02
目と鼻の先に護王さんの杉が!

ようやくその姿を目の当たりにして感動しつつ、道は舗装されていたので、無謀にもそのままVFRで侵入

う~ん、その姿と巨大さは、実際に見るとやっぱり圧巻!

20090620_goousugi03 20090620_goousugi04
落雷のため(?!)、数本の枝が折れています。

20090620_goousugi05 20090620_goousugi06
なんとも言えない雰囲気。

もっと幽玄で近寄りがたいイメージもあったのですが、実際見てみると、威風堂々としていながら、どことなくフレンドリー(笑)な感じでした。

20090620_goousugi07 20090620_goousugi08

いつまで見ていても飽きない、不思議な魅力ある杉です。

20090620_goousugi09 20090620_goousugi10 20090620_goousugi11

・・・で、心ゆくまで杉を堪能し、そろそろ帰ろうとしたところ・・・なんとココで大変なことに(>_<)

杉までの道は舗装されていたのですが、樹の根元は落ち葉でスッカリ地面が覆われていたために、その少し手前にVFRを止め、そこで切り返すつもりでした。

楽にできるだろうとタカをくくっていたら、道は微妙に傾斜しているうえに狭く、足元にはたくさんの落ち葉。

・・・多くは語りませんが、30分くらいは格闘していたと思います(笑)

そんなワケで、重量車や取り回しに自信のない方は、根元まで入らない方が無難カモしれません(^_^;

なんとか無事に出てこれたものの、脱出にすべてのチカラを使い果たしてしまったので(笑)、この後は止まる元気もなく、そのまま家まで直帰。

来た道をそのままR57へ戻り、K111の阿蘇パノラマラインを走って草千里経由で南阿蘇へ、そこから再びグリーンロードを走って市内へと帰ったのでした。

まぁ、脱出するのに散々な目にあったものの(笑)、ずっと見たいと思っていた護王さんの杉はウワサに違わず(?!)素晴らしい巨樹でした(^^)

ちなみに例のカラアゲ屋さん「丸福」のすぐ近くなので・・・近くを通った時には、是非また立ち寄りたいですね。

あ゛、もちろんVFRは案内板のところに止めてね(笑)


【本日の走行距離:183.3km】

Comment

 これだけ走って200㎞足らずですか… 羨ましいルートですね(笑)。

 南から眺める阿蘇山。緑が寄り色濃くなって感じるのはクッキリと見渡せているからなんでしょうね。とてもキレイでした。

 最後の真ん中の写真が好きです。深い青のカウルとスクリーンに木漏れ日が反射してよいですね~

 ちと手振れ気味…かな?(苦笑)


 今日は14:00頃からフリーになりましたが天気の微妙さと暑さもあり、出撃断念です。

 …夏、苦手なんですよ(笑)。寒いのはいくらでもOKですけど。

  • 2009.06.21  21:39 
  • たついち朗
  • -URL-
  •  [編集

青空と草原の緑がとても綺麗ですね!

凄い杉ですね(゜ロ゜) ヒョオォォ!
阿蘇って草原のイメージがあって
こんな大きな杉の木があるとは思ってもみませんでした。
護王さんの杉を見て、丸福でからあげという
ツー計画が立てれそうです♪

  • 2009.06.22  09:31 
  • もっち
  • -URL-
  •  [編集

>たついち朗さん

>緑が寄り色濃く
この時期は阿蘇全体もそうですが、特にグリーンロードはその名の通り、緑一色というカンジですね。

>最後の真ん中の写真
ありがとうございます~
自分もこのアングルは気に入っているのですが、仰る通りに手ブレ気味で(;_;)
(さすがたついち朗さんの目はごまかせませんね(^_^;)
しかもこのアングルに限って一枚しか撮らなかったという・・・

>夏
私は寒いのがダメですね~
暑い方がまだガマンできるので、暑さでバイクが少ない真夏のツーリングが好きだったりします(^^;;;

  • 2009.06.22  17:50 
  • -URL-
  •  [編集

>もっちさん

ありがとうございます(^^)

杉、凄いでしょ~?
実際に見たらもっと迫力がありますので、「丸福から揚げツーリング」の時は是非見てみてください♪

>阿蘇って草原のイメージ
杉自体はちょっとした森の中にありますが、それまでの道はなだらかな牧草地なんですよ。
…なので、意外とギャップが(^^;;;

  • 2009.06.22  17:57 
  • -URL-
  •  [編集

転けなくて良かった(^^)

昨年OCの集まりの帰りに木曽の山中でやばい目に遭いましたからねぇ(笑
しかも雨の中(爆
その頃はまだ体重も重かっても苦労しましたので、森さんの苦労は・・・乙。

それにしても良いなぁ・・・写真。
山も良いし、草原も良いし、木も良いし。

当然バイクもね(^^)

  • 2009.09.09  22:56 
  • -URL-
  •  [編集

>狂さん

もしココでVFRをひっくり返しでもしたら、私一人のチカラでは起こせないので・・・おそらく助けを求めて、来た道の途中にある牧場まで歩いて行ったでしょうね(^^;;;
(この辺は人も滅多に来ないみたいだし)

>写真
ありがとうございます(^^)
つくづく、トリコカラーって緑に映えるなぁと改めて思いますね~

  • 2009.09.11  01:34 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧