スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速攻リベンジ!清水滝へのゲートウェイ 

  • 2009.07.16 (Thu)

今日はという予報を裏切って、朝から青空が広がるいいお天気だったので、これは是非とも昨日のリベンジに行かねば!

・・・と、ソワソワしながら天気予報をチェックしてみたところ、「晴れ間が広がっていても急に雨が降ったりする変わりやすい天気」らしいので、さてどうしたものかと悩んでいたのですが。

イキナリ雲が広がってきたかと思うと、突如として雨が降り出して天気は急変

それでもスグにやんだり日が射したりまた降ったりと、ホントにコロコロと変わる天気の様子を見ながら、ナントカ出て行けないものかと、ずっと空模様を伺っていた森(笑)

まぁ、何もこんな日に出て行かなくてもとお思いでしょうが、興味あることには誰かサンと同じく、ものすご~く積極的になってしまう悲しい性なのです(笑)

結局、昼過ぎまでずっとそんな状態が続き、今日はもう諦めようと思っていたのですが。

夕方前には地面もスッカリ乾いて、山の方の雲もなくなっており、いかにも「これはもう降らないだろう!」と思わせる空の雰囲気だったので・・・ハイ、そうです、結局はスペイシーに乗って家を飛び出したのでした(^^;;;

・・・とは言っても油断は禁物なので、スペイシーにはハコを取り付けてカッパやタオルなどを放り込み、抜かりなく雨対策を行ったのは言うまでもありません(笑)


R325までのルートはハショッて(笑)、K111(=阿蘇パノラマライン)の交差点を過ぎ、さらに高森方面へR325を走ること数キロ。

20090716_r325
案内板発見!(…って、こんなに先だったのか(^^;;;)

ここから左折すると、後は要所要所に「清水滝」もしくは「倶利加羅不動」への案内板が出ているので、その通りに走っていったのですが・・・

結論から先に言います。

案内通りに行くと、門には辿り着けません。

最終的には例の広域農道へと出て来るのですが、その場所は昨日見た二つ目の案内板「←倶利加羅不動○km」「←清水滝○km」のある交差点だったのです。

ガックリきながらも、「もしや・・・」と思い、一つ目の案内板「清水滝→」の所まで走り、向かい側の脇道へ入って探してみるコトに。

鬱蒼とした薄暗い林の中を数百メートルほど走っていくと・・・やっぱりあったあぁぁぁ!!(喜 …というより、むしろ不気味)

むぅ、やっぱりこの道だったか!

・・・ってか、じゃあこの道へは一体どこから登ってくるんだろう??

妙に気になったので、戻ってから写真を撮ることにして、そのまま山の中の道をスペイシーで進んで行ったのでした。

トコトコと走っていくこと数キロ、最後にはR325から曲がって入ってきた道に出たワケですが、この道の入り口には案内がないので・・・よっぽどさっきの道を迷わないと、あの門には辿りつけないものと思われます(^^;;;
(一旦この道に入り込んでしまえば、所々に清水滝への案内板は立っています)

そんなワケで、是非とも門を見てみたい方は、てっとり早く広域農道から入って行った方が断然早いです。
(注:逆方向から来るカタチになるので、方向転換の必要アリ)

・・・で、道も分かったことだし、再びUターンして門へと向かいます。

20090716_gate1
これがその門だ!

人っ子ひとりいない山の中に突然現れるので、ビックリ…というよりもギョッとします(^^;;;

20090716_gate2
左側が清水滝への道。

20090716_gate3
右側は…思いっきり荒れ果てています(~_~;

20090716_gate4
そしてこれまた、

20090716_gate5
なんとも強烈な・・・

20090716_gate6
インパクトある像の数々。

お地蔵様についての説明文が門の下にあり、それによると、「人工流産によって堕した子供の霊をお救い下さるお地蔵様」らしいです。

また、これらの鬼のパンツが、昨日清水滝で見た鬼のパンツと似ているので、清水滝にあったモロモロの像ともそれなりに関連があるのカモしれません。
(コッチの指は5本だけど)

ちなみに右手の林の中には・・・

20090716_gate7
何やら仏像が。

右の門を行くと、↑ココへ出るみたいでしたが、さすがに行ってみる勇気はありませんでした(^^;;;

20090716_gate8
門の手前にはこんな建物もありました。

いやはや、それにしても、全く人気のない山の中に何故こんなモノが?

かなり・・・というか、ものすごーく摩訶不思議なのですが(笑)、いつもツーリングの時に何気なく走っていた道のすぐ近くにこんなモノがあったとは・・・(^_^;

・・・で、写真も撮ったことだし、達成感にスッカリ満足、左の門をくぐり抜けて広域農道へと戻ったのでした。

20090716_farmroad
ちなみにこの場所へ出てきます。
あとはこの先に2つ目の案内があるので、そこを左折すれば清水滝へ。


この後は、空模様も再びアヤしくなっていたので、どこへも寄り道することなく家まで直帰。

今日は雨に降られなかったうえに、見事にリベンジ達成出来たので、大満足なお散歩ツーでした(笑)

清水滝と、そこに通ずる不思議なゲートウェイ・・・興味ある方は是非訪れて見てください(^^)

Comment

こんばんは。

これを見て、思わず「千と千尋の神隠し」の最初方に出てくる神様の世界へ迷い込む景色と似ている!!、と思ったのは私だけでしょうか? 
自分的にはあまりにもツボにハマったので、コメントせずにはいられませんでした。(笑)

  • 2009.07.16  22:46 
  • やんべ
  • -URL-
  •  [編集

 不思議な場所ですね~ 

 世の中には面白い場所があるもんです(笑) 門を抜けると変な場所に誘われそうです。



 夜には絶対行きたくないかも…( ̄_ ̄|||)

  • 2009.07.16  22:47 
  • たついち朗
  • -URL-
  •  [編集

摩訶不思議な感じが森さんファンには堪らないです。
たついち朗さんがおっしゃる通り、暗くなってから一人で迷い込んだら…

クマは多分泣きます。

  • 2009.07.17  02:04 
  • クマ社員
  • -URL-
  •  [編集

>やんべさん

>千と千尋の神隠し
まさしくそうです!
ひょっとしたら・・・右側の門を行っていたらブタになっていたかもしれません。。。(笑)

ジブリは何気にこんな感じの雰囲気の場所が出てくる作品が多いですよね。

  • 2009.07.17  18:08 
  • -URL-
  •  [編集

>たついち朗さん

面白スポットは、意外と身近な場所にあるものです(笑)

今回はハッキリした目的地として、ルートやある程度の場所などの予備知識もあったから良かったものの、ツーリング中とかで迷った時にこんな場所へ来たら・・・

絶対ナビを買うかも(笑)

  • 2009.07.17  18:12 
  • -URL-
  •  [編集

>クマ社員さん

ご覧の通り、ご期待にお応えできた門だと思いますが、如何でしたでしょうか?(^w^)

空はドンヨリしていたうえに、夕方近くの時間帯だったので、明るくても相当怖かったのですが・・・そう言って頂けると、そんな苦労(?!)も吹っ飛びます(笑)

また頑張って不思議スポットを探さねば・・・(笑)

  • 2009.07.17  18:17 
  • -URL-
  •  [編集

不思議ハンター?

怪しさ爆発ですねぇ(^^;

どういった方がどういう目的で作られたのか・・・。

お地蔵さんやら鬼の象はなんか作りがあれですが、仏像は本格的な感じがするし。

ミステリーゾ~ン(笑

  • 2009.09.01  01:31 
  • -URL-
  •  [編集

>狂さん

>不思議ハンター
昔そんな漫画があったような(笑)
どうせなら「ミステリーハンター」と呼んでください(マテ)

狂さんが熊本に来られた時はご案内しますよ?(笑)

  • 2009.09.07  05:20 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。