スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の守り神を訪ねて!ゆっくり走ろう肥前路を 

  • 2009.08.08 (Sat)

朝から青空が広がる今日は、久しぶりにVFRでのツーリング~♪

もともとは本州へ行こうと思っていたのですが、モロモロの要因のために結局今回も九州内(^^;;;

でもまぁ、せっかくETCの休日割引も使えることだし、高速を利用してソコソコ遠くに行けばいっか。
なんせ高速に乗ったのは、4月に久米の里へ行った時以来(!!)だしね。

取り敢えず今日の目的地はというと・・・佐賀県は伊万里市にある「松浦一酒造」。
この松浦一酒造には有名な「河伯のミイラ」が一般公開されており、是非見に行きたいと思っていたのです。

ついでに平戸まで足を延ばして、せっかくなので唐津~福岡を走ってから、都市高経由で熊本へ帰るコトに。

・・・ってか、福岡時代のお散歩コースだった場所へ、しかもワザワザ高速を使って行くのはものすごーく複雑な気分なんですケド(笑)

元々は大分県宇佐市の大乗院にある鬼のミイラを見に行きたかったのですが、9月末(…だったかな?)まではお寺の改装工事で拝観できないんですよね。
先日、めにまる氏のブログで大乗院へ行かれている記事を拝見して「アレ?」と思ったのですが・・・やっぱり工事中でしたね(^_^;

・・・で、鬼のミイラがダメとなると・・・そうだ!伊万里には河伯のミイラがいたんだっけ。
まだ一度も見たコトなかったし、この際だから河伯のミイラも見てみたいぞ!

そんなワケで、益城熊本空港ICから高速に乗り、鳥栖JCTから長崎道を走って、一気に佐賀県へと向かったのでした。


武雄JCTから西九州自動車道へ入り、佐世保三川内ICで降りるのが道も分かりやすいし、距離的にも近かろうと思ってそこで降りたところ・・・西九州自動車道はシッカリ別料金でした・・・くぅ~、不覚(>_<)
(まぁ、休日割で半額でしたケドね(^^;;;)

・・・で、懐かしいR202を伊万里方面へ北上し、二里大橋の交差点からR204を直進。
松浦一酒造(の駐車場)はこのR204沿いにあるのですが、その前にちょっと寄り道をば。

20090808_aohata1
同じくR204沿いの「青幡神社」。
松浦一酒造の少し手前にあります。


お目当てはこの神社の境内にある楠の巨樹です(笑)

20090808_aohata2
「青幡神社の楠」。
四方に伸びた枝葉やゴツゴツした幹が見応えある、県内でも代表的な楠の一つです。


20090808_aohata3
国道沿いにありながら、ほとんど人気のない落ち着いた雰囲気の神社でした。

楠を見た後は再びR204を松浦方面へ走ること数分、道の脇に「かっぱの酒造(=松浦一酒造)の案内板があり、その通りに小道へ右折すると、すぐそこが駐車場でした。

20090808_matsuuraichi01
駐車場はかなり広いです。

駐車場から案内に従って歩いて行くと、道を挟んだところに母屋(?)がありました。

20090808_matsuuraichi02
雰囲気ある昔ながらの建物。

20090808_matsuuraichi03
鬼や・・・

20090808_matsuuraichi04
カッパがお出迎え。

突然来てしまったケドいいのかなと思いつつ、出て来た奥さん(?)に「あの~、見学させてもらいたいんですけど…」と、おずおずと尋ねてみたところ、「そちらからどうぞ~(^^)」とのお返事。

20090808_matsuuraichi05
ココがその入り口。

勝手に入って見ていいですよとのことだったので、さっそく中へと入ってみます。

20090808_matsuuraichi06
昔の農耕機具や酒樽が所狭しと置いてある納屋(?)の奥に、さらに入り口がありました。

ココから中に入ると・・・

20090808_matsuuraichi07
いきなりバイクがあったり、

20090808_matsuuraichi08
数えきれないほどのカッパ人形が(@_@)

20090808_matsuuraichi09
イロイロな種類のお酒や、昔の酒造りの道具がたくさん展示されています。

20090808_matsuuraichi10
お酒のコトは良く分かりませんが(笑)、見ているだけでも楽しめます。

所狭しと展示されているお酒や昔の道具を見ながらいくと、やがて・・・

20090808_matsuuraichi11
一番奥に河伯のミイラが祀られています。

おお、これが河伯のミイラ!
感激しつつ、いそいそと近くへ行って、まずはご挨拶をば。

怖さは全くなく、かといって神聖で近寄りがたいという雰囲気でもなく、どちらかというと庶民的(?!)で身近な存在であるような、非常に親しみのある雰囲気で、一目見た時にホンワリと暖かなモノを感じました。

発見された時から大切に水神様として崇められ、水との関わりが深い地元の人たちをずっと見守り続けている、そんな河伯と人との間に生まれた心の交流があるのかもしれません。

20090808_matsuuraichi12
大きな樽の中に安置されており、たくさんのお供え物も。
(ちゃんとキュウリもありました(^^))


祭壇にはカッパの置物やたくさんのお供え物と一緒に、この河伯様にお参りしてから子宝に恵まれたという感謝のお手紙も数枚ありました。
(水の守り神であるとともに、子宝の神様としても奉られているのだとか)

20090808_matsuuraichi13
まるで笑っているような、なんとも可愛らしいお顔です。

ここにいるとまるで時間を忘れてしまうような、居心地の良ささえ感じる不思議な河伯のミイラ、興味ある方は是非訪れて見てください(^^)

もちろんお酒好きの人にとっても、たくさんのお酒は一見の価値アリかも?!(笑)
(見学は自由にできますが、事前に予約をしておけば蔵の案内をしてくれるそうです)

20090808_matsuuraichi14
カッパグッズもあったので、記念にいくつか購入(笑)

・・・で、念願の河伯に会えてスッカリ満足した森、時間もまだまだ早かったので、この後は久しぶりに平戸の方へと行ってみるコトに。

R204の海沿いの道をイイ気分で走っていたのですが、長崎県に突入して松浦市の辺りから雲が多くなり、平戸方面の山も雲に覆われている始末。

でも雲の感じからして、どうも雨は降っている様子はなく、どうやら霧がかかった感じ。

どっちにしても、これじゃあ景色は良くなさそうだし、どーしよう。。。と迷ったものの、せっかくだし、行けるところまで行ってみようと、そのまま平戸方面へ。

順調に田平を過ぎて平戸へと到着、霧でスッカリ靄っている海を眺めながら平戸大橋を渡り、平戸島へ来たら森的には絶対ハズせないスポット、「川内峠」へと向かいます。

R383から案内通りに山道を走って行くこと数キロ、前方の視界が真っ白に開けたと思ったら案の定、川内峠は辺り一面が霧(@_@)

20090808_kawachitouge1
・・・が、霧もまた一興かな。

駐車場で写真を撮りながらウロウロしていると・・・

20090808_kawachitouge2
霧の中から突然犬が。

この犬の後から地元な軽トラがやってきたので、どうやら軽トラのおぢちゃんの犬らしいです。

20090808_kawachitouge3
犬はその辺をウロウロ、おぢちゃんは車の中に入ったまま。

20090808_kawachitouge4
しばらくすると、犬は来た道を戻って行きました。

犬の後をついて軽トラも帰っていったので、どうやら犬の散歩に来ていたらしく、犬の慣れた様子からして、いつもこうやって散歩に来ているっぽいです(笑)

その後も軽自動車に乗った女のヒトが犬を連れてきたので・・・ココは地元の人たちの犬の散歩コースなのかな?

・・・で、せっかくなので山にも登ってみましたが・・・

20090808_kawachitouge5
見事に真っ白な世界(笑)

20090808_kawachitouge6
下界(=駐車場)も見えません。

でもまぁ、辺り一面の草原や眼下に広がる海がまったく見えなくても、こんな景色もかえって面白かったりしますね(笑)

天気が良ければ生月まで足を延ばしても良かったのですが、こんな状態でしたので、ココから再び伊万里へと戻ります。
(・・・ってか、伊万里以東はものすごくイイお天気だったのですが(^_^;)

松浦一酒造の少し手前で伊万里湾大橋へと左折、白くてキレイな橋を渡って伊万里市をショートカットし、再びR204を少し走ってK297→R202を唐津方面へ。

福岡にいた頃は幾度となく走った道も、気軽に来れなくなるとやっぱり寂しいもの。
懐かしさと寂しさの入り交じった気分で虹の松原へと突入。

松の木のトンネルをしばらく走り、冷たいモノでも食べたいくらいに暑かったので、途中にある休憩スポットで一旦停止。

20090808_nijinomatsubara1
真新しい建物は、ここ最近立て直したっぽい。

20090808_nijinomatsubara2
ピントがずれていますが…お約束で柚子ピールソフト(笑)
お値段250円也。


20090808_nijinomatsubara3
土曜日とあってか、松原の中を抜けて行く車も多め。

ここで少し休憩した後、再び松原の中を走り、もう一ヶ所でまたもや一旦停止。

20090808_nijinomatsubara4
見覚えのある方もいらっしゃるかと思いますが・・・
レストラン「海浜館」の敷地内にある松ぼっくりゴジラ(笑)


以前見た時は首から下がまだ骨組みだけでしたが、シッカリ完成しています。
隣にあったチビゴジラはいなくなっていましたが・・・(^_^;

20090808_nijinomatsubara5
お腹の穴が空き缶入れに見えるんだけど・・・ぢつはゴミ箱?!

りっぱに完成したゴジラの姿に満足、松原を走り抜けて浜玉へ出たあとは、R323を七山方面へ。

R202の海沿いを前原方面へ走って、帰る前に実家へ顔を出しても良かったけど、どうせ近々チラシさんと来るつもりだし、その時でいいヤと北山ダム経由で三瀬へと向かいます。

そう、三瀬といえば・・・やっぱりココ!(笑)

20090808_seitenji1
久々に登場(笑)、寺子屋「誠典寺」。
ノボリまで立って、何だか様変わりしています(笑)


20090808_seitenji2
でも雰囲気は相変わらずイイ感じ。

20090808_seitenji3
店内の様子も前とは変わらず。

20090808_seitenji4
「バイク乗りはコーヒー無料」も健在です(笑)

無料のセルフ&インスタントコーヒーのほか、ドリップコーヒーもありましたが、こちらは有料で250円也。

さらに、お馴染みの「えんむすびおむすび」のほか、新メニューの「ミツセラーメン」も加わり、何気にソソられたのですが・・・さすがに暑かったのでやめておきました(^_^;

20090808_seitenji5
・・・が、定番のおむすびはシッカリいただきます(笑)

20090808_seitenji6
しかもケーキまで御馳走になりました(嬉)
総務長さん、美味しかったです(^^)


和尚さんの姿が見えなかったので、今日は不在かなと思っていたら、しばらくしてお店へ出ていらっしゃいました。

突然で驚かせてしまいましたが、お会いできたので良かったです(笑)
(代務さんにお会いできなかったのは残念でしたが(^_^;)

土曜日とあってか常連さんも数人、バイク談義などをしながら寛いでいらっしゃいました。

20090808_seitenji7
裏にはバイクがたくさん。

20090808_seitenji8

観音様やお地蔵様もたくさん。

今日はこの後さらに熊本まで帰らなければならないので、あまり長居もせず、取り敢えず写真をアレコレ撮らせていただいたところで帰るコトに。
また福岡へ来た時には寄らせていただきま~す(^-^)/

そしてなんと帰り際に、バイクに跨がった写真を総務長さんが撮ってくれました(^^)v

写真を店内に飾らせてもらいますとのことでしたが・・・髪はボサボサ、暑くて汗だくになった小汚い風貌だったので、できれば綺麗な姿に加工して飾ってください(笑)

・・・で、寺子屋を後にしてR263を福岡市内へと降りて行き、外環状線の渋滞にウンザリしながら都市高速へ。

野芥ICから乗った方が太宰府ICまでの距離は断然近いのですが、福岡タワーヤフードーム荒津大橋を走りたかったので(笑)、石丸ICから1号線→2号線をぐるりと走って太宰府ICヘ向かいます。

・・・が、都市高速も所々で渋滞、太宰府ICも5kmの渋滞で、いい加減ゲンナリ(~_~;
やっぱり土日は高速に乗るものじゃあないと思いつつ、やっとの思いで太宰府ICから九州道へ、あとは一気に熊本目指して南下。

途中途中で雨がパラついて焦りましたが、ビショ濡れになることもなく北熊本SAヘ。

ここで雨が強くなってきてしまい、カッパを持っていなかったために、家まであと少しというトコロで足止め状態(笑)

辛抱強く雨があがるのを待ってから、もう大丈夫だろうというところで出発、益城熊本ICで降りてからチラシさんの待つ我が家へと急ぎます。

途中、近所のガソリンスタンドで給油をしようと立ち寄ったのですが、ココでちょっとしたアクシデントが発生、大幅に時間をロスしてしまい(笑)、チラシさんはスッカリ待ちくたびれていたのでした(^_^;

しかも、北熊本SAでもうすぐ帰ると連絡していたのに、いつまでたっても森が帰ってこなかったので、彼は心配で気も狂わんばかりになっていました(^^;;;
心配かけてゴメンよ~(笑)

・・・とまぁ、今日は昔からお馴染みだった肥前の路を再び走ってきた思い出ツーリングだったワケですが、見所・走り所も何気に多い西九州へ気軽に行ける点では・・・やっぱり福岡の方がイイな(笑)


【本日の走行距離:477.8km】

Comment

チラシさんのオロオロぶりを

想像してしまいました(^^;

慣れてらっしゃるとはいえ、久しぶりの長距離ツー。
天気のことなどもあって、痩せるぐらい心配なさったことでしょう。

それにしても立派な楠。
河伯のミイラも面白いですねぇ。

う~ん、大阪も対抗して太閤さんのミイラぐらい欲しい(マテ

  • 2009.09.15  09:18 
  • -URL-
  •  [編集

たまには心配をかけるのも(マテ

すぐそこの北熊本SAからの帰りが遅くなっただけで、ココまで心配してくれますから・・・ありがたいコトです。

>河伯のミイラ
面白い(?)でしょ~?
中にははるばる東京から見に来られた方もいらっしゃったとか。

>大阪も対抗して
以前、高野山あたりに空海のミイラがどーのこーのと聞いたことがあったよーな。。。

  • 2009.09.15  21:34 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。