雲仙ドライブ!島原半島で普賢岳を満喫した日 

  • 2009.11.04 (Wed)

今日は雲仙をテキトーに回ってフェリーで熊本へ帰るだけなので、朝はゆっくりノンビリするつもりだったのですが。

無駄に朝早くから目が覚めてしまった森は、夜明けの露天風呂と洒落込みました。

ちなみに今回宿泊したホテル、値段の安さ最優先で予約したのですが、部屋はソコソコ広いし、有明海を望む展望露天風呂もあって、値段のワリにはなかなか良いホテルでした(^^)
(夕食ナシ・朝食バイキング付で一泊6700円/大人2人)

朝日が登る有明海を眺めながら温泉を楽しんだ後は(←その間チラシさんはグウグウ寝ていましたが)、朝食もシッカリ摂り、支度を済ませてチェックアウト。

まず最初に向かった先は、諫早湾干拓堤防道路
その名の通り、諫早湾の堤防上に建設された道路で、諫早市高来町と雲仙市吾妻町を結ぶ全長約8.3キロの広域農道(!)です。

ホントはバイクで走ってみたかったケド、せっかく近くまで来たんだし、今度はいつ来れるか分からないので(笑)、見ておいた方がいいだろうしね。

20091104_isahaya1 20091104_isahaya2
そんなこんなでやってきました干拓道路。

道路のちょうど真ん中あたりにはパーキングがあり、歩道橋の上からの景色もなかなかのもの。

う~ん、やっぱりココはバイクで走った方がさぞかし気持ちイイに違いない(笑)

20091104_isahaya3
パーキングにて。
ココには特にコレといったモノはありません。


しばらく写真を撮ったり景色を眺めたりした後は、向こう側までは渡らずに島原方面へと戻ります。


海沿いのR251をしばらく走り、途中からK131→R389を走って次の目的地である仁田峠へ。

仁田峠循環道路は一方通行なので、R389沿いの出口はスルー、R57沿いにある入り口から入っていったのですが、さすがに紅葉シーズンとあって車も多く、ゲートのところには「駐車場30分待ち」との案内が。

少々ウンザリしつつも、せっかくなので覚悟を決めて仁田峠を目指します。

20091104_nitatouge1
途中の展望所にて一旦停止。

20091104_nitatouge2
ダイナミックな普賢岳を間近に見ることができます。

20091104_nitatouge3
こちらは熊本方面。
あいにく靄っていて阿蘇は見えませんでした。


展望所は大勢の観光客や車でごったがえしていたので、写真を一通り撮り終わると早々とロープウェイ乗り場へ。

30分待ちを覚悟していたのですが、思っていたほど混んではおらず、駐車場に入っていくとちょうど一台の車が出て行くところに遭遇、待たずに止めることができました(^^)

20091104_nitatouge4 20091104_nitatouge5
そんなこんなでやってきました仁田峠。

・・・が、さすがにメッチャ寒い!(>_<)

風もかなり強く、しかも雲が出てきはじめてせっかくの展望も今ひとつ。

最初はロープウェイに乗る気マンマンだったのですが、上に登ってもこの天候じゃ何も見えないだろうということで、ロープウェイはアッサリ諦めました(笑)
料金も高かったしね(^^;;;

20091104_nitatouge6
・・・なので写真だけ(笑)

紅葉も思っていたほどは進んでおらず、チョッピリ期待ハズレでした(^_^;
この分だと来週末あたりがちょうど見頃かな?

20091104_nitatouge7 20091104_nitatouge8
一部色づいてはいましたケドね。

しかもあまりにも寒かったので、ゆっくり散策というワケにもいかず、写真を撮るとそそくさと車に戻って仁田峠を後に。

R57を島原方面へ戻っていくと、何気に目に飛び込んできたのが「みずなし本陣」という案内。

しかも「島原名物・具雑煮」と書いてあったので、何が何でも具雑煮を食べたかった森は、迷わずに「みずなし本陣」へと向かうことに。
時間もちょうどお昼時だったしね(笑)

てっきりお店の名前だと思っていたのですが、到着してみるとR251沿いにある結構大きな道の駅でした。

・・・で、ココの食堂で迷わず具雑煮定食(チラシさんはカラ揚げ定食)を注文、これがなかなか美味しかったです(^^)
(食べるのに夢中だったので写真はありません(^^;;;)

しかもここには、普賢岳の噴火により土石流災害にあった被災地の状況をそのまま残した「土石流被災家屋保存公園」があります。
(今回は入りませんでしたが、火山学習館や大火砕流体験館などもありました)

20091104_mizunashi1
説明文。

20091104_mizunashi2 20091104_mizunashi3
保存されている家屋の数々。
土石流災害の凄まじさが伺い知れます。


この後はココからさほど遠くない場所にある「旧大野木場小学校」へと向かいました。
コチラは普賢岳の大火砕流によって破壊された小学校で、やはり当時のままに保存されて公開されています。

20091104_oonokoba1
小学校の全体。

校舎の周りには囲いがあって中に入ることはできませんが、火砕流の熱風と圧力で割れた窓ガラスや、高温のために曲がった金属製の窓枠などは、すぐ目の前にあるので間近で見る事ができます。

20091104_oonokoba2 20091104_oonokoba3
校庭にはいろいろな説明文もありました。

20091104_oonokoba4 20091104_oonokoba5 20091104_oonokoba6

火砕流の跡には草が生え、校庭のイチョウの樹も緑を取り戻し、自然は再びその営みを繰り返していますが、この校舎はヒッソリと当時の面影を残し、静かに火砕流の凄まじさを物語っているようでした。

20091104_oonokoba7 20091104_oonokoba8


こうして大自然の驚異を目の当たりにしながら小学校を後にし、これで見たかった場所はすべて回ったことだし、ほどよい時間でもあったので島原港へと向かいます。

ちょうど島原発のフェリーがあと20分ほどで出発するところだったので、急いで切符を購入してスタンバイ。

20091104_ferry1
でも記念撮影は忘れません(笑)

20091104_ferry2
今回は九商フェリーを利用。
オーシャンアローではないのでチラシさんはチョッピリ不満気味でしたが(笑)


料金はオーシャンアローよりも少しだけ安いのですが、所要時間は一時間ほど。

・・・が、出港すると間もなく船の回りに・・・

20091104_ferry3
たくさんのカモメが飛び交っています。

このカモメたちのお目当ては、乗客がくれるお菓子など(笑)

最初は他の人がカモメにお菓子をあげるのを眺めていた森でしたが、見ているうちにガマンできなくなって、カッパ○○センを購入(笑)

[以下2枚:チラシさん撮影]
20091104_ferry4 20091104_ferry5

お菓子を差し出すと、途端にカモメたちがギャアギャア喚きちらしながら奪っていきます。

う~ん、こりゃ面白いや(喜)
あ゛、もちろん自分でもシッカリ食べましたよ(笑)

・・・とまぁ、こんな具合でカモメたちと遊んでいるウチに、一時間もあっという間に過ぎて熊本港へと到着、後は港から市内の自宅へ直帰。

今回はバイクではなく車でのプチ旅行でしたが、なかかな楽しくて充実した2日間でした。

雲仙の紅葉にはまだ微妙に早かったのが残念ではありましたが、見たかった場所は順調に全て回れたし、また来シーズンあたり・・・今度はバイクでゆっくりと走ってみたいですね。

Comment

海を隔てて

丁度この日は 天草市の本渡で仕事してましたよ
仕事は午前中で終わらせ 昼から仕事仲間と苓北で釣りしてて
アレは島原だよね~って 言ってた所でした

仕事中に…(笑

  • 2009.11.06  20:21 
  • エフ郎
  • -URL-
  •  [編集

>諫早湾干拓堤防道路

 ちょうどこの道路の開通式の日、仕事でこっちに来てたんですよね。式典の最中に真横を通ったので良い道が出来たんだなぁと思って帰路につきました。

 写真もスッカリ秋の景色になりましたね。


 しかしカモメ… 凄いですね(;^_^A

  • 2009.11.06  21:00 
  • たつ
  • -URL-
  •  [編集

干拓道路は気持ちいいくらいの直線道路ですよね。
真夏に走りましたが潮風が心地よかったのを覚えています。

そういえば森さん14日の土曜は耶馬溪にご一緒しませんか?
本日下見に行ってきたのですが紅葉もキレイでしたよ!!

  • 2009.11.06  22:19 
  • トド旦那
  • -URL-
  •  [編集

>エフ郎さん

なんと、天草にいらしたとは(^^)

私たちも海の向こうに見える陸地を見ながら「あそこが熊本港あたりだよね~」とか「あの辺は天草やん」などと話しておりました。

雲仙へは陸路だと相当な距離ですが、海を渡ればすぐですし、フェリーで旅気分も味わえるので、特にチラシさんはお気に入りのようです(笑)

  • 2009.11.06  23:56 
  • -URL-
  •  [編集

>たつさん

お仕事とはいえ、たつさんも長崎にいらしたことがあったとはちょっと意外な気が(笑)

イヤ、たつさんの九州上陸といえば、思いっきり「阿蘇」というイメージが定着してしまっているので(^^;;;

>カモメ
実際に見るともっと迫力(?)がありますよ(笑)
エサがありさえすれば、延々と熊本港までついてきていたでしょうね(^_^;

  • 2009.11.07  00:01 
  • -URL-
  •  [編集

今年の初めに、島原へ車でドライブしました^^
新港からフェリーで往復したので、ワリと楽チンでした。
ワタシもかもめの餌やりに、年甲斐もなく歓声をあげてはしゃぎましたよ(笑)
アレは面白いですね。

雲仙の記念館へは行かれなかったですか?
客がいなくて閉鎖寸前って感じでしたけど、なかなか面白かったですよ。

  • 2009.11.07  00:06 
  • さみぽん
  • -URL-
  •  [編集

>トド旦那さん

干拓道路はやはりバイクで走るのが良さそうですね!
車も少なくて走りやすいし、今度は是非バイクで行ってみたいと思っています(^^)

>耶馬溪
トド旦那さんのブログの方にコメントしようと思っていましたが(遅くなってスミマセン(^^;;;)、もちろん参加させていただきます!

詳細はまた後日ですね(^^)
楽しみです♪

(チラシさんも行きたがっていますが、あいにく仕事だし…都合がつくかどうかはまだ分かりません(^_^;)

  • 2009.11.07  00:12 
  • -URL-
  •  [編集

>さみぽんさん

ホント、島原へはフェリーですぐに渡れるので楽ですよね~(^^)

仁田峠やまゆやまロードはバイクで走ると気持ちいいですし、今度は是非バイクで♪

カモメと戯れるのもフェリーの楽しみの一つですね(笑)
でもオーシャンアローの時は見なかったような・・・

>雲仙の記念館
ツーリングの時だと立ち寄らないような場所だったので、行こうか迷ったのですが・・・結局行きませんでした(^_^;

今度行く時まで閉鎖していなければいいけど(^^;;;

  • 2009.11.07  00:17 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧