スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食らへよダジャレ!飯田山で握り飯プチツーリング 

  • 2010.01.29 (Fri)

最近は何気にKSRでの出動が多いですが・・・まぁ、今日も例によって午後からお散歩してきました(笑)

久しぶりにカップツーにでも行くかと思ったのですが、道具を持っていくのも面倒っちぃし、それでも出先で何か食べたい気分だった森は、てっとり早くおむすびを作って持っていくコトに。

たとえやっつけ仕事(笑)で作ったシンプルなおむすびでも、自然の中で食べればワンランク上の美味しさがあるに違いない。

20100129_omusubi
そんなワケでおむすびをこさえて出発。

カンジンの目的地はというと・・・まぁ、せっかくのプチピクニックなので、それなりに景色が良い場所が第一条件。

・・・が、俵山あたりまで行くのも寒いしおっくうだし、もっと近場で登れる山はないかなぁ~、と試行錯誤の末に思いついたのが益城町にある「飯田山(=標高431メートル)

そう言えば以前チラシさんが「バイクで登れるよ~」と言っていたし、いつか行ってみようと思っていたのです。

うん、飯田山で「飯」を食らふってのも悪くはないぞ。(…殺してクレ)

ちなみに飯田山には背比べ伝説というのがあるらしく(チラシ氏談)、その昔、熊本市にある「金峰山」と背比べをして負けたために「もう言い出さん」と言い、それがいつの間にか「飯田山(いいださん)」と呼ばれるようになったとか。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・。

イヤ、それってただのダジャレだろ!

伝説というより、単に誰かが言ったダジャレが語り継がれてきただけではないのか・・・と、夢もヘッタクレもなく激しくツッコミたいところなのですが・・・まぁ、そういうコトにしておきましょう。


・・・で、その飯田山へ登るには、登山道への案内板をいつも走っているR443沿いにあるのを見たことがあったので、迷わずそこから行くコトに。

案内通りに走りながら山へ入って行くと・・・なんと途中から車両進入禁止に(@_@)
まぁ、思いっきりハンドメイドの看板が立ててあっただけですが・・・

バイクなら問題なく行けそうだったのですが、いくらKSRとはいえ、進入禁止を無視してズカズカ入り込んで行く気はなかったし、かといって徒歩で登る気はもっとなかったので、アッサリとUターン。

う~ん、チラシさんが言っていたのが間違いないのなら、バイクで登れる別の道があるハズ・・・と、山を降りて周辺を走り回ってみたのですが、結局それらしい道は見つからず。

むぅ、こうなったら仕方がない・・・とっておきの裏ルートから行くしかあるまい。

・・・と、向かった先はお馴染みのマミコゥロード

ぢつはこのマミコゥ沿いにも飯田山への登り口があるのは既にリサーチ済(笑)

射撃場から上がってすぐの橋を渡り、北田代トンネルの手前にある「下山→」の案内がある脇道から入ります。
コッチからだと距離ありそうだったので、どーしても道が分からなかった時には最後の手段としてココから行こうと思っていたのです(笑)

雰囲気ある山道をグングン登って行くと、樹々の間から下界の景色がチラチラと見えて、なかなかイイ気分。

長生のイチイガシ」がある山のように鬱蒼とした感じはないので、なかなか楽しく走れる林道ですね。

ちなみに、かなり登って行った奥の方に民家があったのにはビックリしましたが・・・しかもそこにいた犬(=放し飼い)に吠えられながら追いかけられたし(^_^;

・・・で、数キロほど走っていくと、やがて「常楽寺」への案内板があったので、おそらくそこが頂上あたりではないかとニラんで行ってみたのですが。

お寺のある場所は林の中で展望もなく、道はさらに奥へと続いていましたが、そこからは完全な未舗装の林道・・・KSRでもかなり難儀そうだったので、頂上へ行くのは断念。

・・・が、お寺の手前にちょっとした展望所らしき場所がありました。

20100129_iidasan1

20100129_iidasan2
展望所というにはあまりにもお粗末ですが・・・(^^;;;

20100129_iidasan3
あいにく思いっきり靄っていましたが、なかなかいい眺めでした。

もっと天気が良ければ、ココから金峰山や雲仙も見えるのだとか。

・・・で、他には手頃に場所もなかったので、ここでおむすびを食べることにしました。

20100129_iidasan4
面白みもないおむすびも、自然の中だとどうしてこうも絵になるのか(笑)

20100129_iidasan5
うん、美味しい、マジで。

やはり自然の中だと、何だって美味しくいただけることが判明(笑)
う~ん、カップツーが面倒な時は、おむすび持参もいいかもしんない。

景色を見ながらおむすびを食してお腹もふくれた後は、このまま下山。

もちろん来た道ではなく、おそらく御船方面へ抜けるであろう道をそのまま進んで行ったのですが、道の状態はさすがにコッチの方が良かったです。

・・・で、山の中を降りていくこと数キロ、やがて視界がひらけて出て来たところは、なんと最初にトライしたR443沿いから入って来た道で、ちょうど案内板のある分岐点のところ。

20100129_iidasan6
今降りて来たのは林道側ね。

そう、さっきは迷わず「登山道」方面へ行ってしまっていたワケです(^^;;;

もちろんこの案内に気がついてはいたのですが、チラッと見た程度で「よしよし、道なりだな♪」と思い込んでいたためにそのまま直進、戻ってきた時は失意(笑)のために分岐があったことすらキレイに忘れていたという・・・(^^;;;

20100129_iidasan7
登山用の杖も完備。

でもまぁ、道の繋がりは分かったし、マミコゥからの登りもなかなか楽しい道だったので良しとしましょう(笑)

山頂の展望所は今イチですが(笑)、ちょっと(バイクで)山登りしたいな~という気分の時など、お気軽に走れる林道としてはイイかもしれません。

・・・ってか、ホントにオフロードの方にハマりそう(笑)

Comment

おにぎり美味しそうですね(^・^)
飯田山の頂上は歩いてじゃないと行けません(笑

でも余りオススメ出来ません(笑
1回行きましたが…??です(*_*;

  • 2010.01.30  10:04 
  • エフ郎
  • -URL-
  •  [編集

>エフ郎さん

頂上はやはり歩きでないと無理ですか(@_@)

お寺からは距離ありそうですが・・・おススメでないなら無理して行くほどでもなさそうですね(^^;;;

飯田山は個人的には楽しくて好きですが、欲を言えばもう少し展望スポットが充実していればいいんですケドね~

  • 2010.01.30  21:53 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。