スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本アルプスリターンズ・1日目 (伊勢) 

  • 2007.09.29 (Sat)

さて、天理ICを無事に抜け、予定では自動車専用道路のR25からR369→R368(伊勢本街道)を通って伊勢に向かうつもりだったのですが・・・

ハプニング続出(←まぁ、自業自得なのですが(^_^;)で、時間も大幅に遅れていたので、そのままR25を関ICへ向かい、再び高速(伊勢自動車道)に乗って、伊勢西ICで降りるコトに。

【PM13:30 伊勢道・安濃SA(三重県) 787.7km】
この辺りにくると、霧雨も大粒(?)になり、かなり濡れまくり・・・
でも本降りでないからまだいいかな・・・寒かったケド(^_^;

伊勢方面を見ても、雨雲が空を覆っていて、一向に止みそうにありません。
あきらめて、再び伊勢道を南下します。


・・・が、松阪を過ぎた頃になると、この辺りは雨は降っておらず、曇ってこそいたものの、空もそこそこ明るいではありませんか(嬉)

おお、どうやら伊勢はまだ降っていないようだ、と、すっかり嬉しくなって一気にインターを目指します。

伊勢西ICで降りると、目的の伊勢神宮はもうすぐそこ。
有名ドコロなので、案内もシッカリあって助かります(笑)
まず目指すは豊受大神宮(外宮)

ちなみに伊勢神宮の参拝については、先に外宮からと事前にリサーチ済み(笑)
時刻は14時を過ぎており、予定より遅れたものの、参拝するには十分な時間。

外宮はインターを降りてすぐのR32を左折し、ほんの数キロ先の道沿いにあります。
駐車場もかなり広く、駐輪場は見当たらなかったものの、バイクをとめておけるスペースは十分ありました。
週末のせいか、団体客もかなり多かったです。

ちなみに豊受大神宮(外宮)は、天照大神のお食事を司る神の豊受大神をおまつりしています。
衣食住をはじめ、あらゆる産業の守り神だとか。

20070929_ise1
正面入り口の鳥居(一の鳥居)。意外にもシンプルでちょっとビックリ。

ここから木々の生い茂る参道を御正殿へと向かいます。
途中に神楽殿があり、ご祈祷のお神楽のほか、お札やお守りも授与されています。

20070929_ise2
御正殿入り口。ここから先は撮影禁止です。

どうやら御敷地内への立ち入りはできないようで、お賽銭箱の向こうには白い布がかけてあり、御正殿も見えないようになっていました。
(横の柵越しからなら見ることができましたが)

もっと観光地っぽい所だと思っていたのですが、昔からの姿をそのまま残しているといった感じで、厳かな雰囲気でした。

境内も広く、他にも別宮がイロイロとあるのですが、空模様がだんだん怪しくなってきていたので、降り出さないうちにと思い、参拝後は皇大神宮(内宮)へと向かいます。

R32を伊勢西ICへ戻り、そこからさらに数キロ先をR12へ右折し、しばらく行けば内宮です。

さすがにこちらの方は人が多く、タクシーや観光バスもたくさん行き来し、駐車場入り口では係の人が誘導に追われていました。
バイクは駐車場入り口付近のちょっとしたスペースにとめられます。

20070929_ise3
宇治橋鳥居。向こう側の橋が宇治橋で、俗世と神域をつなぐ橋です。

宇治橋を渡り、やはり木々の生い茂る鬱蒼とした参道を御正宮へと向かいます。
・・・が、こちらは外宮よりもはるかに広いです(^_^;
御正宮までは、相っっ当の距離がありました・・・

20070929_ise4
暗いですが・・・御正宮入り口。やっぱりここから先も撮影禁止です。

外宮と同じく、こちらもお賽銭箱の向こうには白い布がかけられて御正宮は見えず、横の柵越しからしか見ることができません。

・・・が、この御敷地で日本人の総氏神様である天照大神がまつられているワケで・・・
ようやくこの地へ来ることができた喜びと感動とともに、厳かな気持ちになり・・・参拝をする時はちょっぴりウルウルしてしまいました(^^;


・・・で、とにかく広い境内、もちろんこちらにも別宮をはじめ、イロイロと見て回るところはあるのですが、参拝をすましてすぐにポツポツと雨が降り出してしまい・・・
時刻も16時になろうとしていたので、今日はこのまま宿泊先に向かうことに。

木の下を通って雨を避けながら戻るも、雨はだんだん本降りっぽくなり、駐車場まではまだかなりの距離が・・・ホントに境内はハンパじゃない広さです。
(全部見て回るなら、かなりの時間と体力を要すると思われ)

20070929_ise5
こちらは神楽殿。お守りでも買おうかな~と思いましたが、結局何も買わず(^_^;

20070929_ise6
(水滴が写ってしまいましたが・・・) ひとまず雨宿り。何故かニワトリがたくさんいました(笑)

・・・で、休憩所で雨宿り&ひと休みをしていると、おばちゃんが「ここは4時で閉まりまーす」と・・・外に追い出されて(?)しまいました(笑)

雨は本格的に降り出し、ここからの距離だとバイクへ戻るまでにかなり濡れてしまうし、どーしよう・・・と、軒下で途方にくれていたら、おばちゃんが「カサあります? 忘れ物のカサで良ければありますけど」と・・・。

おばちゃん、ありがとう(T_T)

もちろん喜んでカサを頂き、無事に(?)バイクまで戻り、宿泊先のビジホへと向かいます。
頂いたカサは、少々格好ワルかったものの、荷物と一緒にリアに括り付けて走りました(笑)

予約していたビジホは、外宮からほど近い伊勢駅の近くなので、さほど時間もかからずに到着しました。
駅前はちょっとゴチャゴチャしていて分かりにくかったものの、奇跡的に迷うことなくすぐに見つけられたのは、天照大神の御加護?!

バイクも事前に話してスペースを確保していただいていたので、屋根のある場所にとめられ、部屋に荷物を置いてホッとひと息。

朝から何も食べていなかったので、お腹もすいてきたことだし、取り敢えず何か食べに行こうと外へ。
別に何でも良かったのですが(笑)、ツーリングマップルを見ると、駅のすぐ近くに「山口屋」という店が。
そこには「自家製の太くてもっちりした麺に特製のタレが絶妙の伊勢うどん」とのコメント。

・・・ならせっかくだし、伊勢うどんを食べてみようと、そこへ行ってみるコトに。

あれほど降っていた雨も上がり、駅前の伊勢市内をブラブラと歩きながら、「山口屋」を探します。
・・・が、天気のせいか、駅前にもかかわらず、街にはほとんど人がおらず、なんとなく深閑とした雰囲気(^_^;

目的の「山口屋」は商店街っぽい、ちょっと入り込んだところにありました。
こぢんまりした、ウッカリしていると見過ごしてしまいそうなお店です(^_^;

で、おそるおそる戸を開けると、お客サンは誰もいませんでしたが、「どうぞ~(^^)」と、感じ良く迎えてくださり・・・
有名ドコロなのか、壁には有名人(?)らしき方々の色紙や記念写真がたくさんありました。

そして迷わず注文した伊勢うどん、数分後に目の前に出されたのを見てビックリ(@_@)
シワが入ったぶっとい麺に、そのまんま醤油ってカンジの「特製のタレ」。
なんか辛そうだな~と、ちょっと躊躇したものの、これがなかなか美味しかったです(^^)
タレは濃いですが、麺が太いので逆にちょうど良いかなってカンジです。

・・・ってか、食堂だと他にもお客サンがいるだろうから、写真を撮るのはどうかと思ったので、カメラは持ってきませんでした・・・誰もいないのが分かってたら写真撮ったのにな~、と、チョッピリ後悔(笑)

で、本場の伊勢うどんを堪能し、満足してホテルへ戻ったあとは、明日の朝も早く発つので、早めに寝るコトに。

それにしても今日は福岡から一気にここまで走り通しだったにもかかわらず、思ったよりも疲れませんでした・・・
外宮&内宮、さらには伊勢市内を歩き回る体力が残っていたくらいですから(^_^;
だんだんVFRに馴染んできたのかな?!(笑)

明日は富士山へ向かいます・・・天気は果たして・・・?!


本日の走行距離・・・855.9km

Comment

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。