スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大野の河川スポット!沈下橋と沈堕の滝(そして雨に祟られた) 

  • 2010.05.31 (Mon)

ここ最近はずっとイイお天気が続いているし、梅雨が来る前に以前から(…というか、去年から(^^;;;)行きたいと思っている鶴御崎(※)を制覇したいと思っていた森。

(※)鶴御崎
大分県佐伯市の鶴見半島の先端部にある九州最東端の岬で、日豊海岸国定公園の一部となっている。
以前、森が鶴御崎を目指して道に迷い、アッサリ断念したことをご記憶の方もいらっしゃることと思う。
(参照記事→「迷走の果て(最東端に行こうと思ったのだ) 」)


・・・が、森がツーリングに行くとなると、ただいま連休真っ最中のチラシさんも当然一緒に行くだろうし、100kmライダーの彼が鶴御崎まで走れるとは到底思えなかったので、比較的近場である豊後大野市沈下橋を見に行くコトに。

まぁ、それでもチラシさんが連いてこれるか不安だったので、一応別行動を提案したのですが・・・

20100531_asaji
「道の駅あさじ」にて。
既にお疲れモードに入っているチラシさん(笑)


いつものルートでグリーンロードを走り、K135を竹田へ抜けて取り敢えずココまではなんとか来れました(笑)


この後はK46→R502をササッと走り、大野川の川沿いを注意深く走っていると・・・

20100531_chinkabashi1
目的の沈下橋を発見!(早っ)

この大野川をはじめ、近辺の緒方川平井川には何気に沈下橋が多そうなのですが、一級河川に架かる沈下橋は、高知県の69ヶ所に次いで大分県は68ヶ所もあり、一級水系以外も含めると212ヶ所もの沈下橋が確認されているのだとか。
う~ん、大分って沈下橋の宝庫(?!)でもあったんだな~

そんなワケで、四万十だけが沈下橋じゃない!とばかりに、大分の沈下橋も是非見てみたいと思っていたのです(笑)
(ちなみに、大分では「沈下橋」ではなく「沈み橋」と言うらしいです)

20100531_chinkabashi2
バックに線路を望むこの橋が今日の一番の目的でした(笑)

なかなか絵になりそうな風景なのですが、今日のカメラはコンデジのみ。
(デジイチだと撮影に長い時間をかけてしまうので、チラシさんと一緒のツーリングではお留守番ね(笑))

20100531_chinkabashi3
でも、二人いるからこそこんなショットだって撮れちゃいます(笑)

ホントは橋の真ん中にバイクを止めてじっくり撮りたかったのですが、何気に地元の車も通っているし、橋上では離合もままならないので、車が来たらすぐに回避できる体勢での撮影です(笑)

20100531_chinkabashi4
こういう素朴な橋を渡るのも楽しいもの(^^)

20100531_chinkabashi5
しかもタイミングよく電車もきてくれました(笑)

もちろん、バイクや電車だけではありません。

20100531_chinkabashi6
…ってか、この場所だとどんなクルマも絵になるような気が(笑)

ホントはさらにこの近辺を探索して、もっといろいろな沈下橋を渡ってみたかったのですが、あまり走り回るとチラシさんがもちそうになかったので、この後は近くにある「沈堕の滝」へ。
(まぁ、沈堕の滝でさえチラシさんは「え~」と言ってあまり気が乗らない様子でしたが(~_~;)

20100531_chindanotaki1
そんなワケでサクッとやってきました沈堕の滝。
手前は旧沈堕発電所跡地です。


別名「大野のナイアガラ」とも言われているこの滝は、古くからの名爆で、雪舟(←室町時代の水墨画家)が訪れて「鎮田瀑図」を描いたことでも有名。

20100531_chindanotaki2
コチラが雄滝で、300mほど下流に雌滝があります(見に行かなかったケド(^^;;;)

20100531_chindanotaki3
発電所跡の前で記念ショット!
この辺りを散策するのでさえ彼にとっては難儀だったようです…もちっと体力つけてよね(~_~;


20100531_chindanotaki4
建物の後ろにチラっと見えているのは大野橋ね。

・・・で、沈堕の滝を堪能した後は、帰り道の途中でもあることだし、ついでに原尻の滝にでも寄ろうかと思いましたが(←滝の上にある沈下橋っぽい道を走ってみたかった)、チラシさんは「別に行かんでもイイ」と、ちぃ~っとも乗り気でないので、結局そのまま直帰したのでした。

・・・が、その帰り道では行き先に怪しい雲が広がり、何ともイヤ~な予感が(~_~;

なるべく空が明るい方向に向かい、雨雲をさけられそうなルートをチョイスして走っていたのですが・・・

20100531_asobou
波野で遂に大雨に遭遇、阿蘇望橋の下で雨宿りです(>_<)

まぁ、通り雨だったのでしばらくすると雨もあがり、寒さに震えながら再び帰りを急ぎます。

南阿蘇へ戻ってきた頃にはジャケットもほとんど乾いていたのですが、グリーンロードに入った途端にまたもや大粒の雨(と雷)が!(ウンザリ)

とてもマトモには走っていられないので、取り敢えずばぁちゃんの展望台の東屋に緊急避難(>_<)
(誰もいなくて良かった~)

20100531_greenroad
天気予報では降るなんて言っていなかったのに~っ(泣)
勘弁してクレ雨男(笑)


しばらく待っているうちにようやく小振りになってきたので、その隙に急いで山越えしたのですが、西原側の方はぜんっぜん降っておらず・・・この差は一体なんなんだ(@_@)

・・・で、その後は吉無田経由のいつものルートで直帰したのですが、市内の方も雨は全く降った様子はなく。
う~ん、いくら天気予報は晴れでも…やっぱり山の方は油断できませんね(^_^;

でもまぁ、今日は一番の目的の沈下橋を見ることができたので良かったです。

沈下橋が一ヶ所と沈堕の滝だけだったのは森的には物足りなかったのですが(笑)、今度またあの周辺を探索して・・・様々な沈下橋を渡ってみたいと思います(^^)


【本日の走行距離:245.2km】

Comment

大野のナイアガラ

ん~どうしてこうも先を越されるのか・・・(けして競争してませんが)
やはり「大野のナイアガラ」は水量も多く迫力ありそうだし、発電所あとはなんとも不思議な感じだし、
黒猫も通る沈み橋も線路、電車、いいなぁ。いつか行くぞ(^^。
雨の中の御帰還ご苦労様でした。
先週、出発時間の関係で「原尻の滝」だけに行ってきました。結構、観光地化されており チラシさんも
ゆっくり休めそうな茶屋(?)もありました。つり橋から滝が望めるのは良かったかな^^

 お2人の楽しそうな様子が想像出来ます☆
 チラシさんトコとのプロフィール写真はこの沈下橋で撮影されたんですね~

 沈下橋はこちらもすぐ近くの木津川に小さいながら2本掛かってます。よく行く月ヶ瀬にも近い場所なんですが… やはり車の往来も多く、わざわざ降りて撮影ってトコロまでいきませんね(苦笑)

>大野のナイアガラ

 どこぞのブログで見ましたねココ。迫力あったので見に行きたいところです。九州は水のスポットが豊富ですね~♪

 …で、ちらしさんは雨降らせに来ただけですか?(爆)

  • 2010.06.01  17:38 
  • たつ
  • -URL-
  •  [編集

中睦まじく
お二人でツーリング
いいなぁー^^
突然の雨は
神様のやきもちかも・・・^^

  • 2010.06.01  18:51 
  • のり助
  • -URL-
  •  [編集

今からの季節にぴったりな所ですね(^・^)
いつかぶらりと行ってみよ~
帰りの雨は凄かったみたいですね(汗

  • 2010.06.01  20:14 
  • エフ郎
  • -URL-
  •  [編集

大変でしたね~通り雨!

沈下橋の写真を見る限る、とても雨が降るような天気には思えないのに...

それにしても面白そう、沈下橋に大野のナイアガラ!

原尻の滝は行った事あるけど、他にもナイアガラが在ったなんて。Σ(゚д゚;)
こいつは行ってみなくっちゃ!

>kuro-o3さん

kuroさんも「沈堕の滝」を狙って(?!)いましたか!(^^)

滝壺までは降りて行けませんが、なかなか迫力ありましたよ~
発電所跡も、廃墟独特の雰囲気があって良かったです(^^)

原尻の滝は、去年私も行きましたが、あの滝も良いですよね。
今度はあの滝の上を走るぞ!(笑)

今回行った沈下橋は、沈堕の滝からR502を東へ1~2kmほど行ったところにありますよ(^^)
道路から見えるので、すぐに分かると思います☆

是非行ってみてくださいね(^^)/

  • 2010.06.02  06:19 
  • -URL-
  •  [編集

>たつさん

たつさんのお散歩コース(?!)にも沈下橋があるんですね~(^^)
(・・・って、以前ブログで見たような・・・)

有名ドコロの沈下橋はさすがに長さもありますが、個人的には田舎の方にぽつんとある小さな橋も好きです(笑)

沈堕の滝と原尻の滝は、どちらも「○○のナイアガラ」と言われていますが、それぞれ魅力ある滝です(^^)
今度九州に来られた時はご案内しますよ☆

チラシさんの雨男っぷりは、たつさんも既にご経験済みかと思いますが・・・まさか今回みたいな晴天の時にまで降らせなくても…(笑)

  • 2010.06.02  06:35 
  • -URL-
  •  [編集

>のり助さん

イヤイヤ、仲睦まじいだなんてトンでもないです(~_~;

もう少しチラシさんが体力つけて、1000kmライダーになってくれれば良いのですが(笑)

しかも何故か雨雲を呼ぶし・・・最近は二人でツーリングの後には、洗車するハメになることが多いです(笑)

  • 2010.06.02  06:48 
  • -URL-
  •  [編集

>エフ郎さん

あの辺りは熊本からすぐですし、道の駅も多いので、お散歩コースにもってこいですね(^^)
エフ郎さんも是非行ってみてください☆

ただ、これからの季節はチラシさん曰く「波野は絶対降る」らしいので、阿蘇望橋近辺のルートは避けた方が良いかもしれません…(^_^;

  • 2010.06.02  06:59 
  • -URL-
  •  [編集

>キートンさん

まだ梅雨前なのに、まるで夏のようなゲリラ豪雨でしたよ~(>_<)
天気予報を信じきって油断していましたが、山の方は分からないですね(^_^;

ナイアガラといえば、他に鹿児島の「東洋のナイアガラ(=曽木の滝)」もありますよ(笑)
落差はあまりありませんが、かなり迫力あるし、九州のナイアガラの中では、ココが一番好きですね~(^^)

キートンさんも、是非ナイアガラを制覇してください!(笑)

  • 2010.06.02  07:06 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。