日本アルプスリターンズ・2日目 (二見浦~伊良湖) 

  • 2007.09.30 (Sun)

昨夜は結局早く寝たワケでもないのに(←テレビを見ていた)、目が覚めたのは早朝5時。
まだ寝ていたいのに、どーしてこんなに早く目が覚めてしまうんだろうと恨めしく思いつつ、まぁ早いに越したことはないだろうと、身支度をして出発することに。

午前6時、部屋のキーを返してチェックアウトし、VFRに荷物を積んでさぁ出発というトコロでパラパラと雨が・・・(~_~;
ヤレヤレと思い、もう一度荷物を解いて、カッパを着てから出発。

R23に出てR42に入り、まず目指したのは夫婦岩で有名な二見浦。
やはりココは伊勢神宮に次いで外せないスポットでしょう。

雨が降っているのと、早く出てきて時間的にも十分な余裕があるので、のんびりペースで走ります。


一本道なので迷うことなく、6時30分には二見浦に到着。
海岸沿いは和風旅館街になっていて、その中をつっきった奥にあります。

(注:今回の写真は雨のため水滴が写ってしまったのもあります・・・)

20070930_ise1
二見御玉神社入り口。ここから先は歩いていきます。

20070930_ise2
ほどなく歩いて行くと、夫婦岩と拝殿が。

20070930_ise3
これが伊勢の夫婦岩だ!
思っていたよりも小さく、ちょっと拍子抜け・・・(^_^;


ハッキリいって、福岡の二見ヶ浦の夫婦岩の方が大きくて立派な(?)よーな・・・
まぁ、福岡の方は、ココみたいに神社などはなく、ただ海沿いから見るだけではありますが・・・

でもこの二見御玉神社の雰囲気、森的には非常に好きですね。(伊勢神宮よりも・・・)
落ち着けるというか、安心できるというか、優しさのある気を感じます。

ちなみに御祭神は猿田彦大神で、交通安全の守護神として信仰されているのだとか。
拝殿や境内のいたるところには、たくさんの蛙(二見蛙)の置物があるのですが、蛙は大神の御使と信ぜられ、無事かえる、貸したものがかえる、などの縁起もあるそうです。

・・・なので、森は福岡に「無事にかえる」ことができるように祈願(^人^)

20070930_ise4
天の岩屋。天照大神が御隠れになったという場所かな・・・?!
中を覗くと、広くはないけど下の方に穴が続いていました。


20070930_ise5
そして伊勢湾といえばやっぱりコレ?!


さて、夫婦岩を堪能したあとは、R167を鳥羽へ向かいます。

鳥羽から伊勢湾フェリーで伊良湖へ渡るワケですが、朝イチの便が8時10分発。
30分前までに乗船手続きを済ませないといけないのですが(ちなみにバイクは先着順)、乗り場に到着したのは7時ちょうど。

おお、メッチャ余裕♪
朝から濡れたことだし、出港までゆっくり休もうと思っていたら・・・

20070930_toba1
まだ開いてないし!

閉ざされた門には、そっけなく「開門は7時40分からです」との札が・・・
仕方がないので、門が開くまで辛抱強く待つことに。
でも屋根があるトコロがなく、雨宿りできないのはちょっと辛かった・・・(T_T)

(ちなみにこの近所には、鳥羽水族館やミキモトの真珠博物館などがありました)

・・・で、7時30分頃になると、フェリーを利用する車や、バイクも3台ほどやってきました。
いずれもロングツーリング仕様で、どうやら帰宅組と思われ。

20070930_toba2
乗船手続きを済ませて、乗り入れを待つバイクたち。

フェリーは定刻通り8時10分に出港、船内で伊勢湾を眺めながら伊良湖へと向かいます。

20070930_toba3
伊勢湾。向こうも雨降っているのかな~

所要時間は55分・・・が、しばらくすると船酔いで・・・うぅ、気分ワルゥ~(|||_|||) ォェ~

もう限界・・・というところでようやく伊良湖に到着、嬉しいことに雨は降ってはいません。
が、油断できない空模様なのでカッパを来て出発、船酔いの余韻冷めぬまま、R42を浜松へ向かいます。

浜名湖のところで浜名バイパスに乗り、R1をさらに東へ。
次の目的地は日本三大砂丘の一つ、「中田島砂丘」です。

Comment

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧