神話の郷でカート体験!天岩戸神社と高千穂鉄道 

  • 2010.08.25 (Wed)

8月ももうすぐで終わるというのに相変わらずの猛暑が続いている今日この頃、朝から青空の広がる今日はまたしてもVTRでプチツーリングへと繰り出しました(^^)

天気予報では午後からところにより雷雨…なんて言っていましたが、雨に降られたらその時はその時だ!(←最近こればっか(^^;;;)とばかりに、カッパも持たずに(笑)家を出たのはいつもの如く比較的遅めの11時前。

今日の目的地は、おとなりの宮崎県でありながら熊本市からも近くて気軽に行ける(?!)「高千穂」。

ぢつはこの高千穂に、森の好奇心をものすご~く刺激する「とあるモノ」がありまして、これが今月末までだというので、早いウチに行く必要があったのです。

しかもこれは写真よりも動画で撮らないとその良さが伝わらない!ってコトで、今日の出撃は久しぶりにザクティ持参(←やる気マンマン)

ルートはというと、熊本市内から眼鏡橋探訪ルートであるR445をチョイス、通潤橋のところからR218をひたすら高千穂方面へ・・・という、オール国道で面白くもなんともありませんが、なるべく早く着きたいのもあったからいいでしょ(笑)

(余談ですが、R445ではすれ違った後にワザワザUターンしてきた白バイに数キロほど追尾されました(^_^;)

そんなワケで一気に高千穂までやってきたのですが・・・目的地へ行く前に、まずは天岩戸神社へ立ち寄るコトにしました。

何と言っても天孫降臨の神話や伝説が息づく高千穂、ココへ来たからにはやはり天岩戸神社はハズせないスポットだし、何よりも現地入りしたらまずはその土地の神サマにご挨拶をするというのが礼儀といふもの。

まぁ、せっかくのツーリングで一ヶ所だけともいうのも物足りなかったせいもありますが・・・(笑)


・・・で、高千穂に入ってからしばらくR218を走っていると、やがて神社への案内が目に入り、そこからK7へと左折。

そこから神社までは2~3kmほど先なのですが、このK7からの景色が何と素晴らしいこと!

イヤ、別に絶景でもなんでもなく、ごく普通の農村が広がっているだけなのですが・・・背後に見える宮崎の素晴らしい山々、そしてその麓に広がる田園・・・森が最も好きな風景がそこにはあったのです。

まぁ、季節が夏で、緑が映える一番イイ時期なせいもあるかもしれませんが、とにかくこの道からの景色は(森的には)一見の価値アリなので、機会があれば是非走ってみてください(^^)

道も広くて綺麗で申し分ナシ、その素晴らしい景色を心ゆくまで眺めながら走っていると、あっというまに天岩戸神社に到着~!

駐車場のおじちゃんに案内され、取り敢えず手頃な場所にVTRを駐車。

20100825_amanoiwato1
そして御祭神である天照大御神の像と記念ショット!(笑)

夏休みとはいえ、平日だし人もあまりいないだろうとタカをくくっていたのですが、これが大誤算(>_<)
さすが有名ドコロとあってたくさんの人が訪れていました。

20100825_amanoiwato2
鳥居の真ん前には観光バスが駐車。
ものすご~くジャマなんですけど・・・(T_T)


境内はソコソコの広さがあって厳かな雰囲気が漂っているものの、あまりの人の多さに少しばかり辟易していた森、今回は写真もテキトーです(笑)

20100825_amanoiwato3
奥が拝殿。さすがに人が途切れることはありません。

20100825_amanoiwato4
拝殿の奥にある神楽殿。
右側は古代イチョウで、素晴らしく立派な巨樹でした(^^)


・・・で、神社でご挨拶をすませた後は、ここから少し先にある「天安河原」へ行ってみるコトに。
 
ご存知の方も多いと思いますが、天安河原とは、天岩屋に隠れられた天照大御神を巖から出てもらうために、八百万の神々が集まって相談したといわれる場所です。

案内に従って、神社の裏参道から一旦道路に出てみると・・・

20100825_amanoyasukawara1
すぐ先に入り口が。

ここからテクテクと降りて行くと、やがて山の中の道へと早変わり。

20100825_amanoyasukawara2
こ~んな道や、

20100825_amanoyasukawara3
こ~んな橋を渡ります。

20100825_amanoyasukawara4
橋の上からの景色。

ちなみに、写真には写っておらずとも、こちらもまた大勢の人でごったがえしており・・・あまりの人の多さに思うように写真が撮れない森は、少しばかりイライラしておりました(^^;;;

・・・で、このような山道を数百メートルほど歩いて行くと・・・

20100825_amanoyasukawara5
巨岩の下にある天安河原宮に到着!

あいにく写真ではその全貌がお伝えできないのですが、この岩の巨大さと迫力はとんでもなく圧巻!(@_@)

辺り一面には足の踏み場もないくらいに数多くの石が積まれていますが、それはここの御祭神が思兼神(=八百萬神)ということもあり、石を積んで願い事をすると、沢山の願い事が叶うのだとか。

20100825_amanoyasukawara6
岩のすぐ前には涼しげな渓流。
人がいても気にしな~い(…ってか、半分ヤケ(笑))


・・・とまぁ、あまりの人の多さにゲンナリ、落ち着いて見て回ることもできませんでしたが、神社の厳かな雰囲気と渓流の爽やかさは森的には非常に気に入ったので、夏休みが終わって人が少ないと思われる頃にまた来てみたいですね。

特に紅葉の時期は、さぞかし素晴らしい景色だと思われます(^^)


・・・で、天安河原と神社を後にし、再びK7からの景色に感動しながら来た道を戻って、本来の目的地へと向かいます。

それは一体ドコなのかというと・・・数年前に廃線となってしまった高千穂鉄道の「高千穂駅」。

ぢつはこの駅から次の天岩戸駅までの一区間で、すごく面白そうなモノに乗れるという情報を得まして、これは是非とも乗ってみらねばとやってきたワケです。

ただ、カンジンの駅に着いたまでは良かったのですが、途中でカメラの電池が切れてしまい(またかよ)、しかも予備電池すら持ってきていなかったので(切腹)・・・ここでは撮りたいモノを全部撮ることができませんでした(;_;)

さらに極めつけは、突然ザクティまでもが壊れてしまい、動画はもちろん静止画すらも撮れないという、まさに弱り目に祟り目(撃沈)

・・・なので、後から撮ればイイヤと思っていた駅の全景などはありませんが、何とか撮れた写真でご紹介します(^^;;;

20100825_takachiho01
これが天岩戸駅まで乗れる面白そうなモノ(笑)

そう、なんとこの手作り感あふれるスーパーカートに乗って線路を走れちゃうのです(^^)

料金は入場料100円+スーパーカート維持管理費700円の合計800円(=大人一人)
運行時間(笑)なども決まっておらず、駅にいらっしゃるスタッフの方に言えばすぐに出してくれます。

ただ、カートは一台しかないので、人が多い時は待たされる場合もあるカモですが、森が着いた時はちょうど先客が戻ってきたばかりだったので、すぐに乗る事ができました。
(もちろんお一人様で貸し切り状態(笑))

20100825_takachiho02
シンプルな操縦席(笑)
社長さんが直々に運転してくださいます。


・・・で、ワクワクしながら座席に座って、出発進行~!したのですが、これがメッチャ楽しいのなんのって!!(喜)

もともとは実際に電車が走っていた線路、当然民家の間や道路の上を横切ったり(←この時は道行く人に注目される(^^;;;)、もちろんトンネルの中だって走ります。

景色もイイし、風に吹かれてガタゴトと走っていくスーパーカートは最高~!\(^o^)/

20100825_takachiho03
写真ではその良さがお伝えできませんが、取り敢えず座席からパチリ!
ソコソコのスピードで走っています。


天岩戸駅までは10分弱ほどで、駅に着くと社長さんが写真を撮ってくれたり、高千穂鉄道についてイロイロと説明してくださいます(^^)

【↓以下4枚、社長さん撮影(笑)】
20100825_takachiho04
これが天岩戸駅。

20100825_takachiho05
この駅から先は走れません。

後ろの鉄橋は海抜100m以上もあり、東洋一の高さ(社長さん談)らしいのですが、相当痛んでおり、復旧させるにも、かといって取り壊すにも膨大な費用がかかるとのこと。

20100825_takachiho06
そんな鉄橋をバックにパチリ!

この橋をスーパーカートで走れたらさぞかし楽しいに違いないと思うのですが、残念ながらカートでは危険なために許可は降りないだろうと仰っていました。

ただ、橋の上は歩くことができるので、そのうち歩いて渡れるようになるカモしれません(期待)

ちなみに、鉄橋を渡った先にあるトンネル前までが高千穂町、そこから先はお隣の日之影町の管理になっているので、仮にここから先の線路が復旧しても、カートで走れるのはそのトンネルまでになってしまうのだとか。
う~ん、いろいろと複雑な問題があるんだな(^_^;

20100825_takachiho07
帰る前、しあわせ号に乗っているところ(笑)

そんなこんなで、社長さんからイロイロと興味深いお話を伺い、この辺り一帯の風景を楽しんだ後は、再びカートに乗って高千穂駅へと戻ります。

20100825_takachiho08
マジで楽しいわ、これ(笑)

20100825_takachiho09
トンネル内でのショット!
めっさスピード感ありますが、ここまで速くはないです(^_^;


高千穂駅に戻った後は、奥にある展示コーナーを少しばかり見てみました。

20100825_takachiho10
特に誰もおらず、自由に見学できます(^^)

20100825_takachiho11
さっそく電車内へGo!

20100825_takachiho12
気分は運転手?!

20100825_takachiho13
当時のままの車内で思いっきり寛ぎモード(笑)

あいにくここでカメラの電池が切れてしまったので、写真はこれでおしまいです(^_^;

いやぁ、でもマジでこのスーパーカートは面白いので、興味ある方は是非どうぞ!
しかも嬉しいことに、もともとは8月末までだったのが、来年の3月いっぱいまで延長になったとのことです\(^o^)/
(営業時間は10時~16時まで、9月からは毎週水曜日と木曜日が定休日

これはまた乗りたい・・・ってか、絶対来よう(笑)
特に陸橋のところは紅葉も素晴らしいらしいので、今度は秋頃がいいかな(^^)

・・・で、楽しいカートに乗って目的達成、スッカリ満足して高千穂駅を後にしました。

来た時と同じ道を走るのもつまらないので、帰りはR325を高森方面へ、グリーンロード経由で帰るつもりでしたが、またまた怪しい雲がかかっていたので、俵山トンネル経由で西原方面へ。

山の方からじわじわと雨雲が接近していたので、萌の里でソフトクリームというワケにもいかず(笑)、やはり雨雲が広がっていた吉無田方面を避け、そのままK28→K206を直進、K36(=第二空港線)を走って市内へと戻ったのでした。
途中、ポツリポツリと軽く降られはしたものの、何とか間に合ったので良かった~(^_^;

今日はまたもや近場ではありましたが、あまり行ったことのない高千穂、今日訪れた場所以外にももちろんたくさんの見どころがあるので、これからもちょくちょく行ってみようかと思います(^^)

特に高千穂駅のスーパーカートは、マジでおススメです(少しばかりお高いですが(^^;;;)

もちろん、森もまた乗りますよ~(^w^)
(チラシさんも乗りたい言ってたし、新車の慣らしがてら高千穂ツーはいいカモね(笑))


【本日の走行距離:147.5km】


【おまけ】
天岩戸神社のお土産屋さんでつい買ってしまったモノ↓
20100825_antler
お値段も手頃だったし、何気にこういう類いのモノが好きだったりします(笑)

Comment

乗りたいっ!

コレ定員何名ですか?
大人2名と子供1名乗れたらぜひ乗りたいデスv-398

来年3月まで延長はうれしいけどどうせ乗るなら寒くなる前やな。。。v-391

  • 2010.08.27  00:00 
  • の ヽ(nーo)ノ
  • -URL-
  •  [編集

>の さん

大人2名と子供1名なら余裕ですよ~(^^)
うろ覚えですが、たしか座席は8つはあったような。。。

・・・なので、社長さん(=運転手)含めてMax8人までは乗れると思います(多分)

・・・って、ひょっとして秋頃に九州急襲ですか?!(~ー~) ニヤッ
ご家族で来られるなら、バイク以外での迎撃も・・・ごにょごにょ

  • 2010.08.27  17:28 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧