スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古墳再び!残暑も吹っ飛ぶメリ穴ミステリー 

  • 2010.09.09 (Thu)

今日は9月のサワヤカな青空が広がるイイお天気~♪

・・・ってコトで、家でじっとしていられなかった森、(昼過ぎからですが(^^;;;)アドレスで近場のプチツーに繰り出しました。

ホントはちょっと遠出をしたかったんだケド、昨夜は夜更かしをしていたし(笑)、絶対ツーリング途中で眠くなりそうだったので、お散歩止まりにしておくことにしたのです(^^;;;

それにこんなにイイお天気なら、たとえご近所でもアドレスでも、バイクで走る気持ちの良さは変わんないしね。

そんなワケでやってきたのは、超近場の塚原古墳公園(またか!)(笑)
だってこの公園はホントに気持ちイイんだもん・・・シッカリ森のフェイバリットスポットに決定です♪

・・・とは言いつつも、いざやってくると今日もメッチャ暑い・・・なんで古墳に来る日はこうも暑いんだ!

まぁ、先週訪れたばかりだし、公園内はサラッと流す程度で、今日は違うショットをご紹介~(笑)

何を隠そう、今日はアドレスですが、珍しく自分撮りもしちゃったんですよね・・・自分撮りグッズの必需品であるサングラスはシッカリ忘れてたケド(笑)


20100909_tsukahara1
前回はチラ見しただけのりゅうがん古墳(…だっけ?)に登ってみました。

20100909_tsukahara2
今日はシャッターが開いていたので、中の様子もみることが出来ました。
(中には入れなかったケドね)


20100909_tsukahara3
呼び鈴発見!
中に入りたい時に押すと思われ。


りゅうがん古墳で写真を撮った後は資料館をスルー(笑)、高速上を横切って公園の反対側へ移動。

20100909_tsukahara4
コチラは三段なんとか…(←名前忘れた(^^;;;)という古墳。
このてっぺんから公園全体が見渡せます。


この古墳の少し先には広い駐車場があり、売店や東屋もありました。

20100909_tsukahara5
売店はいつ開いているのか分からないケドね(^_^;

余談ですが、先週kuro-o3さんがいらっしゃった時はコチラに到着されていたんですよね・・・森は高速を挟んだ反対側の資料館の方にいたので、探し出すのにさぞかし苦労されたことでしょう(^_^;
改めて、お手数をおかけしましたm(__)m

・・・んで、今日は何故コッチ側にきたのかというと・・・何を隠そう、数日前の夜にチラシさんと外食をした帰り、何気にこの辺を回り道して帰ったのですが、その際に面白そうな案内板があるのを目にしていたんですよね~

20100909_meriana1
これがソレ、メリ穴公園(笑)

メリ穴とは何ぞや?!とずっと気になっていたので(まぁ、穴には違いないでしょうが)、高速横の脇道を走ってさっそくGo!

古墳公園からさほど遠くはなく、1~2kmほどの距離でしたが、公園のサワヤカな雰囲気とは一転した山の中にありました。

道は(かなり)狭いものの綺麗に舗装されていて走りやすいし、山の中とはいえ、向こうはフツーの住宅地だし、俗世から隔たった秘境チックな山中の感じではないのですが・・・何なんだ、このただならぬ孤独感は(^_^;

辺り一面は山々の樹々の緑、そして道の脇にはこじんまりとした田んぼや畑があり、おそらく地元の人たちが訪れているであろうというのに、そんな人の気配すらまるで感じられない、不思議な感覚。

すみみません、上手く口や文章ではお伝えできないのですが・・・そんな奇妙な雰囲気を感じつつも、目的のメリ穴に到着~

20100909_meriana2
ちょっとした池があり、そのすぐ向こうにメリ穴がありました。

道はかなり狭いものの、コンクリートで舗装されていたので、大胆にもアドレスで穴の入り口まで進入(笑)
(…ってか、歩けよそのくらい)

20100909_meriana3
これがメリ穴ね。
写真は明るいですが、実際はもっと鬱蒼としています。


・・・ってか、かなり不気味なオーラを醸し出していました、このメリ穴(^_^;

そのただならぬ怖さに、この穴の入り口周辺ですでにビビッた森は、穴には入らずにココでUターンして帰ろうかとマジで思いましたです、ハイ。

・・・が、ココでスゴスゴと逃げ帰ってはミステリースポットハンター(違)としての名折れ!

ありったけの勇気と好奇心を奮い起こし、(メットは被ったまま(笑))おっかなびっくり穴に近づいて中を覗きます。

ちなみに、入り口にある説明によると(←あまりよく見なかったですが(^^;;;)、メリ穴は地下水の浸食によってできた自然洞窟で、水を大切に思っていたこの辺りの人々が「参り穴」として訪れるようになり、それがやがて「メリ穴」と呼ばれるようになったのだとか。
(しかもこの洞窟は、宇土の轟水源まで繋がっている(!!)との伝説があるらしい(@_@))

20100909_meriana4
中の様子。
実際はもっと真っ暗なんです・・・


む、奥からは何やら水の流れる音がするではありませんか。

しかも右側の壁には、ぽつねんと何かの碑らしきものが(色々怖えぇーーーっっ)

一歩一歩、じわじわと中に入っていくと・・・穴の中はわずか十数メートルほどで行き止まり、最深部には電気が灯って、水汲み場(?)らしきものがありました。

20100909_meriana5
こんなん。

穴自体は全然深いワケでもなし、奥には明かりもあるし・・・だけど、この穴からヒシヒシと感じるタダモノではない不気味さに、これがもう限界!

ゆっくりじっくり見る余裕などなく、写真だけ撮って逃げるように穴を後にしたのでした・・・(^_^;

森のことを臆病者とでも腰抜けとでも何とでも言ってくださって結構です(笑)
実際に「一人で」この穴を訪れていただければ、その不気味な雰囲気が分かりますから・・・
(ってか、この怖さは、かつて景清洞の探検コースで体験した、あの恐怖に匹敵します(キッパリ))

20100909_meriana6
道の向かい側には駐車場完備の公園が。

↑ご覧のように、わずか十数メートルほど先は明るい道路と公園で、メリ穴の不気味さとのギャップがもうね・・・(苦笑)

でもまぁ、念願のメリ穴はどんなモノかは分かったので、おそらく次回からはここまでの恐怖は感じないと思われ(…って、また来る気か!)

そんなこんなで、洞窟内はヒンヤリと涼しかったのですが、別の意味でも涼しさを感じられたメリ穴体験でした。

この後は、来た道をそのまま戻るのもツマンナイので、この先をテキトーにクネクネと走りながら塚原古墳の方へと戻ります。

20100909_yokoanabo1
その途中で、横穴墓とやらを発見!

20100909_yokoanabo2
ホント、この辺りには遺跡が豊富なんだな~

古墳公園へ戻った後は先ほどの駐車場で水分を補給(笑)、一息ついてから御船経由で熊本市内へと戻ったのでした。

いやぁ、それにしても、あの爽やかな古墳公園のすぐ近くにヒッソリとあるメリ穴・・・なんとも不思議な洞窟でした(^_^;

誰かと一緒なら、さすがにここまでの怖さは感じないと思いますが、もしその怖さを味わってみたいと思われる方は、一人で訪れるのがいいカモですね(ぉぃ)

あの辺りの奇妙な感じは、森的には何気に気に入ったのですが(ぇ)、敢えておススメはいたしません(笑)
人気もないし、もし一人で訪れる場合は自己責任でお願いします(^_^;

Comment

面白いものを感じるセンサーは
いい物をお持ちのようです(笑)
穴ッポコ探検は面白そうですね。
さすがに一人じゃ恐いけど(--;)
みんなでワイワイ行くのが良さそうです。
メリ穴・・・・(._.) φ メモメモ
いつか忘れないうちに行ってみよっと♪

  • 2010.09.10  09:53 
  • tonoji
  • -URL-
  •  [編集

こんど
行ってみます
あ~、でも時間が^^;

  • 2010.09.10  19:07 
  • のり助
  • -URL-
  •  [編集

>tonojiさん

マニアではありませんが、洞窟とかがあるとつい中へ入ってみたくなります(笑)

メリ穴はホントに小さな洞窟なんですが、圧倒的な存在感でした(^^;;;

いつかメリ穴を体験されたら、その後は是非古墳公園で癒されてください(^w^)

  • 2010.09.10  21:31 
  • -URL-
  •  [編集

>のり助さん

確認はしていませんが、ひょっとしたらメリ穴の水は飲めるのカモしれませんね。
もしそうだとしたら、前の公園でカップツーもできそうです(笑)

ちなみに、穴の前の池ではホタルを見ることもできるらしいですが・・・日が暮れてからはさすがに行きたくないです(^_^;

  • 2010.09.10  21:35 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。