日本アルプスリターンズ・5日目 (白川郷&五箇山) 

  • 2007.10.03 (Wed)

さて、実を言うと、5日目以降の予定は全く立てておらず、行き当たりばったりで好きなトコロへいくつもりだったのですが、目的地はなかなか決まらず・・・。
なので、ありすのプレイルームに置いてある信州周辺の雑誌を見て、行きたいトコロを決めることに。

取り敢えず候補に上がったのは、富山の雨晴海岸
この雨晴海岸から見る立山連峰、そしてチリのバルパライソから見るアンデス山脈・・・これらは海越しに3000m級の山々を望むことができる、世界で2ヶ所しかない絶景地だとか。

(一説には、世界で3ヶ所とも言われています→イタリアのベネチアから見えるアルプス山脈)

そんなワケで、松本からR148を北上し、白馬岳を眺めながら日本海へ抜け、海沿いを富山に向かい、余裕があればさらに能登を回ろうと思っていたのですが・・・。


朝食時。

ありすママ「今日はどちらへ行かれるんですか?」
森「白馬の方を走って、日本海に抜けて富山に行こうかな~、と」
ママ「・・・・・。白馬ですか・・・うーん・・・」
森「? え゛、なんなんですか?(^_^; 」
ママ「あの道はあんまり・・・ただ、移動するだけってカンジの道なんですよ・・・車と一緒にただ走るってカンジで、ツーリングにはあんまりおススメじゃあないですね。」
森「え~、そうなんですか?! 景色も良さそうなイメージが・・・(笑)」
ママ「イヤ、それほどでもないですよ。まぁ、どーしてもアルプスを見たいというなら、そっちもイイかもしれませんが・・・」
森「・・・う~ん・・・そうなんですか・・・(考)」
ママ「それか・・・白川郷とか五箇山はどうですか? あっち方面なら、走りやすくて、すごくイイ道もありますし。」

・・・ちょっと考えさせられましたが、なんといっても地元ライダーであるママのおススメなら間違いはないだろうと、白川郷へ行ってみるコトに。
天気はそこそこいいものの、雲が多いし、山々を見るのも期待できそうになかったせいもあります(笑)

朝食を済ませて、ママから丁寧に道を教えてもらいます。

ルートはK84からR158に出たあと高山方面へ向かい、K41から再びR158を荘川へ、そこから御母衣湖沿いのR156を北上して白川郷へ。
「高山をすぎてからのR158は、ホントにすごくいい道ですからね、絶対高速に乗ってはダメですよ。」

・・・と、念を押され(笑)、仕度をすませて名残惜しくも出発です。

お世話になったお礼と挨拶をし、ママに見送られて「ありす」を出発、昨日の小馬にも見送られて「また来年会おうね」と心で呟き、次の目的地・白川郷へ。

20071003_norikura
乗鞍を後に、前川渡大橋にて。去年と同じショット(笑)

R158に出て、冷んやりとした山間部を高山目指します。
上高地へ向かうたくさんの観光バスを横目で見ながら、新しくできた安房峠道路のトンネルを通り、岐阜県へと突入。
山を隔てただけで、雰囲気はガラリと変わります。

車の少ない長閑な山間部をいいペースで走り、高山市へ。
高山市はそのままスルーするつもりだったので、ママから教えてもらった通りの道を走り、K41→R73を経て再びR158へ。

ここからのR158(白川街道)は、ものすごく景色がイイというワケでもありませんが、とっても快適な道。
車はいないし、ハイペースで・・・というより、VFRがハリきってる?!って感じがして、とにかく気持ちイイ!
さすがママの言っていた通り・・・走っていてワクワクする、純粋に、走るというコト自体が楽しめる道です(笑)

牧戸交差点からR156に入り、湖沿いの道を走りますが、ここはダム工事のため、トラックなどの工事車両と、白川郷に向かう観光バスが多く、ダム沿いをのんびりペースになりました。

ダムを過ぎてほどなく行くと、目指す白川郷に到着!
たくさんの観光バスが行き交い、なかなか賑やかでした。

20071003_shirakawa1
茅葺き屋根の集落。ゆったりとした時が流れています。

20071003_shirakawa2
観光地らしく、集落入り口は食事処が数件あります。

20071003_shirakawa3
こんな小さな建物まで、すべてが茅葺き(笑)

20071003_shirakawa4
もちろん、普通に人が生活しています。
なので、現代的なモノが付いている家も・・・中は実はハイテク?!


20071003_shirakawa5
自然の懐に抱かれ、ずっとここにいたいとさえ思う、素晴らしいところでした。

この白川郷からR156をさらに北上したところに、五箇山があります。
ありすママ曰く、五箇山の方は白川郷ほど観光地ってワケでもないので、人によっては、五箇山の雰囲気の方が好きと言う方もおられるのだとか。

・・・なので、どうしようか迷ったものの、せっかくだし、五箇山にも足をのばしてみるコトに。

R156沿いに、まず目に飛び込んできたのは「菅沼合掌集落」。
駐車場にバイクをとめて、集落に向かおうとしていたところ、おいちゃんに呼びとめられ・・・
なんと有料で、駐車料(100円)を払うようにとのこと(^_^;

なら分かるように看板でも出しておけばいーのに(~_~;
入り口にはたしかに料金を徴収するっぽい小屋(?)があるのですが、誰もいないし、突然降ってわいたようにおいちゃんが現れるというのは、これいかに。
(ちなみに他の車の人たちも、同じように駐車場に入って集落に向かおうとする時に徴収されておりました・・・)

駐車場からは、ウォーキング道を歩いて集落に降りていく道がありますが、休憩所内のエレベーターから地下に降りて集落へ出ることもできます。

20071003_suganuma1
たしかに白川郷とは全く違う雰囲気。

20071003_suganuma2
忘れていた何かを呼び起こされる感じがします。

20071003_suganuma3
山々の中に静かに佇んでいる集落でした。

こちらは観光客もあまりいなくて、日常の集落がそのままそこにある、といった感じですね。
でも、森はどちらかといえば、白川郷の雰囲気が好きです・・・たしかに観光客は多いですが(笑)、自然に優しく包み込まれるような、とにかく居心地の良さを感じます。

どちらにせよ、世界遺産に指定されなくても、ずっと残しておきたいと願わずにはいられない、素晴らしい日本の原風景であることには変わりありません。
いつまでもこのままの姿で、後世に伝えられることを願いながら、集落を後にしました。


さて、そしてこの後はどうするか・・・。
見たいところはこれでクリアしたし、他に行きたいところも思いつかなかったので、、取り敢えずR156をそのまま荘川方面へと戻ります。
そしてこのルートが、そのまま超強行軍へと繋がるコトに・・・。

Comment

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧