スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の終わり 

  • 2007.10.05 (Fri)

終わってしまうとあっという間だったと感じる今回の日本アルプス、天候にこそ恵まれなかったものの、とても充実したツーリングでした。

何よりも不思議だったのは、ツーリングの間中、そして帰ってきた後もなのですが・・・身体が少しも疲れを感じていないこと。
それなりに疲労することも覚悟していたのですが、手や腰が痛くなったりとか、肩が凝ったりなどといったのが、ぜんぜんなかったんですよね(^_^;

荘川から福岡までの強行軍の時ですら、身体はなんともなく・・・異常なほど眠くはあっただけで(笑)

おかげで、悪天候でも純粋にツーリングそのものを楽しむことができたので、これはかなりありがたいことでした。

一番楽しみにしていた富士山やアルプスの山々が見れないのはたしかに残念でしたが・・・天候に恵まれず、絶景を見ることができないのならば・・・なら、それ以外の楽しみや感動を見つければいいのだ、というのが、今回のツーリングで改めて気づかされたコトです。

・・・なので、今までならテンションも下がりまくったであろう雨も、まったく気にならなかったし、純粋に、信州の地へ来たという喜び、走るだけでは気がつかなかった奥深いところにある感動、そして何より、旅をしている自分自身を改めて見つめることができました。

今年の日本アルプスは終わってしまいましたが、ものごとの「終わり」は「次の始まり」に他ならず・・・すでに次のロングツーリングに向けて、私の心はスタートしているのです。

そしていつか・・・やがてはバイクに乗るということにも終わりがやってくる。
それがいつなのかは分からなくても、その時に「ああすれば良かった、こうすれば良かった」と、後悔しないためにも、今はただ「バイクに乗ってツーリングすること」がビョー的に好きな自分として、「今」を楽しく生きていこうとは思っているけれど。

今は今でしかなく、生き続けていれば過去となっていくもの。だからこそ今を懸命に生きて行く。
どうせならそうやって前へと進もうと思うのです。

旅を望む気持ちは、いくらツーリングを経験しても、少しもおさまりません。
それはちょうど、火が空気を欲しがる時、空気を与えても、その勢いが弱まらないのと同じことなのです。

私の理性と心は、こう言う。
「戻っていって、あの地を、もう一度走ろう」



-------------------------------
 2007年日本アルプスツーリング

 総走行距離・・・・・2491.5 km

 ガソリン消費量・・・116.07 L

Comment

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。