スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三たびの慣らしドライブ!大吊橋と桂茶屋 

  • 2011.06.08 (Wed)

今日は梅雨の晴れ間、それも雨男のチラシさんが休みだというのに雨じゃないという、奇跡に近い貴重な晴れ間(笑)だったので、またまたコペンでドライブへと繰り出しました。

まぁ、例によって目的地は決めていませんでしたが、取り敢えずR57を阿蘇方面へと向かい、宮地からK11を北上してやまなみハイウェイ入り。

距離を少しでも稼ぎたいのもあって、今日は少しばかり足を伸ばして九重方面へと行ってみることにし、瀬の本の交差点をさらに北上。

途中からK40に入り、筋湯温泉経由のルートで飯田高原へと抜けたのですが、その途中でコペンの総走行距離がちょうど500kmに。

森的には500kmなんて特に記念になるような距離でも何でもないと思うのですが、チラシさんはワザワザ記念写真を撮っておりました(^_^;

仕方がないので(?)、森は500km到達地点の写真を撮っておきましたよ(笑) ↓

20110608_copen
ココがコペン500km到達地点だ!
山の中だったケドね(笑)


んで、せっかくココまで来たんなら・・・ってコトで、日本一と誉れ高い(?)九重夢大吊橋を見に行ってみることにしました。
この吊橋も出来た当時はかなり話題になって、連日観光客が訪れていたようですが、森はまだ行ったことありませ~ん(^^;;

吊橋へは所々に案内が出ているので、迷うことなく到着~♪

20110608_yumeooturihashi1
駐車場にて、橋をバックに(^^)

ちなみに、入場料金は中学生以上が一人500円
むぅ・・・少し高いケド、せっかくだからまぁいっか(笑)

入口で券を購入し、さっそく吊橋へGo!

平日でもさすがに観光客はソコソコ多く、アチコチで記念撮影している姿が見られました。

ココでは森もチラシさんに写真を撮ってもらっていたワケですが、彼はあまりよく考えずにシャッターを押すだけなので、せっかく撮ってくれる写真もご覧の通り↓

20110608_yumeooturihashi3
↑このおぢさんが森を撮っているみたいじゃん(~_~;
まぁ、トリミングすればいーんだケドね…(笑)


20110608_yumeooturihashi4
橋の手前には龍神様が祀られています。
もちろんちゃんとお参りしましたよ(^人^)


・・・で、カンジンの吊橋はというと、もちろんそれなりの長さがあって迫力はあるし、景色もなかなかのもの。
特に紅葉の時期にはさぞかし素晴らしいと思われます。

20110608_yumeooturihashi5
ただ、日本一と言われてもあまりピンとこなかったケドね(^_^;

20110608_yumeooturihashi6
橋の上からは「振動の滝」も見えます。
どうやら雄滝(=写真手前)と雌滝(=写真奥)っぽい。


吊橋は作りが頑丈なせいか、立ち止まっていると微妙に揺れている程度で、怖さは全然感じませんでした。
ちなみに、何人かの警備員さんが何度も橋の上を往復しておられたのですが・・・一日にどのくらい歩いてんだろ?(@_@)

そんな橋と景色を堪能しながら向こう側へ渡ったところで、少しばかり休憩~♪

20110608_yumeooturihashi7
売店の前にあったオモロイもの。
毎年一つづつ増えていくんだろーか・・・(笑)


ココでは森の好きなブルーベリーソフトが売っていたので迷わず購入♪

20110608_yumeooturihashi8
少し傾いているのはご愛嬌(笑)
お値段350円也…少しお高め(^_^;


・・・が、カンジンのブルーベリーの味がほとんどせず、これには(かなり)ガッカリ(~_~;
これなら萌の里のブルーベリーソフトの方がよっぽど美味しいぞ!(値段も安いし)
同じモノを食べたチラシさんも味がしないと言っていたので、そう感じていたのは森だけではないようです(笑)

・・・とまぁ、ハズレだったソフトクリームを食した後は、再び橋を渡って戻りました。

その頃にはちょうど人が少なくなっていたせいもあってか、橋の手前にいた写真屋サンが声をかけてくれ、シャッターを押してくれました。

20110608_yumeooturihashi2
チラシさんはいつだって直立不動だケドね(~_~;

もちろん写真屋サンのカメラでも写真を撮ってくれ、それを「え゛?!(^_^;」と驚くくらいの驚異的なスピードでプリントアウトしてくれるのですが、それが1000円と(かなり)お高いので、さすがにそちらは買いませんでした(^_^;

・・・とまぁ、そんなこんなでなかなか見応えのある大吊橋でしたが、取り敢えず一回来ればもういいかな、といったカンジですね。
でも、もし次に来るとすれば紅葉の時期かな?


んで、吊橋を後にして次に向かったのは、お腹もすいていたことだし、もちろん食事ドコロ(笑)

ぢつはココから少しばかり先に、タヌキが店員サンのお店(=桂茶屋)がありまして、森は何気に興味シンシンだったのです。
ちなみにそのお店の存在を知ったのはもう何年も前・・・森が福岡にいた頃、前の職場のT部長から教えてもらったからなのですが(懐)、ようやく行くことができましたよ(笑)

以前、VFRでその店らしき前を走ったことはあって場所はうろ覚えだったものの、道なりにコペンを走らせて行くと・・・ハイ、無事に桂茶屋へ到着~♪

20110608_katsura1
お店の前には看板娘の「さゆりちゃん」が。

少しばかり期待しながら店内へと入ると・・・果たして店員さんはしっかりタヌキメイク(@_@)

まぁ、期待していたほどタヌキタヌキしていなかったものの、一人の店員サンはシッカリ会話の語尾に「~だポン♪」とタヌキ語(?)でした(笑)

20110608_katsura2
こんなん(笑)

ここでは地鶏うどんをチョイスしたのですが、あいにく写真を撮り忘れてしまい、カンジンのうどんの写真はナッシング。
でも、お味の方は美味でしたよ(^^)

お腹も膨れて店を出た後は、せっかくだからココからオープンにして走ろう・・・ってコトで、駐車場でコペンをオープーン
その様子がたまたまコペンの後ろにいた家族連れの目に止まり、スゴイスゴイと驚かれて大喝采でした・・・う~ん快感(笑)

この後はやまなみを瀬の本まで戻り、そこからR442を小国方面へ走ってR212から再び阿蘇へという、ぐる~っと遠回りなルート。

阿蘇からは久しぶりにマゼノミステリーロードを走り、ミルクロードを下って大津へと抜け、西原村吉無田経由で市内へと戻りました。

20110608_yoshimuta
吉無田のいつもの道沿いにあったオモロイもの。
・・・コレって、どこかで見たような(笑)



そんなこんなで今日のドライブも200kmオーバーで、コペンの総走行距離も600kmを越えました(^▽^)b

この調子であと2回ほどドライブへと行けば、慣らしも終わり・・・一ヶ月(=1000km)点検後は、気兼ねなく踏めるようになることでしょう。

今はまだチラシさんが3000回転以下に押さえているので、燃費はすこぶる良いものの、山道の登りはかなりキツイしね(^_^;

でもターボをきかせて走るようになれば、燃費もそれなりに悪くなるんだろうなぁ(笑)

Comment

梅雨………大丈夫ですよ、関係ないですよ………。

だって、NHKなんて未だに、は○ちゃんが出てるんですから………。

元々春一番を告げるキャラクターだったはずが………。

クっ………、大好きだゼ………。(笑)

吉無田………世界のデニ○ズ………ッじゃねぇや、デ○ズニーを相手にするとは………勇気がありすぎるだろ………。

夫婦で写真を撮り合ってるんですネ………けッ、やってられるか。(笑)

  • 2011.06.10  08:15 
  • Ape
  • -URL-
  •  [編集

ご無沙汰してました
この日は自分も外輪山一周してました
ニアミスしてましたね~
黒のコペンは珍しいので 見つけたら追っかけます(笑

  • 2011.06.11  19:09 
  • エフ郎
  • -URL-
  •  [編集

>Apeさん

梅雨・・・イヤな時期になりましたね(>_<)
ちなみにコペンも・・・バイク同様完全ドライ走行(笑)なので、雨な時は出番がありませんです(^^;;; (←屋根があるのに意味無しほーいち)

吉無田・・・恐るべしでしょ?!(笑)
宮内庁かわやといい、今後大注目のメジャースポットになること間違いなしですッ!(タブン)

  • 2011.06.17  12:35 
  • -URL-
  •  [編集

>エフ郎さん

どうも、こちらこそご無沙汰しております(^-^)/

エフ郎さんも平日に走っておられることが多いので、Gロードや阿蘇周辺でひょっとしたら・・・と思っているのですが、なかなかお会いできませんね(^_^;

クルマとはいえ排気量はエフ郎さんのCBが上ですし、見つけても煽らないでくださいね(^^;ゞ

  • 2011.06.17  12:42 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。