スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎の白蛇!夏の終わりに霞神社と白龍神社 

  • 2017.08.29 (Tue)

ブログを復活するなどと大口(?)叩いておきながら、サッパリ更新しなかった当ブログ、久々の更新です(^^;;;

この4ヶ月間、ブログネタになるようなこともチョコチョコあったし、もちろんソニックでブラブラしていたものの、さすがに近場は行きつくした感&長年のサボリ癖で、ちぃーっとも更新する気が起きなくて・・・(言い訳)

・・・が、久しぶりに高速にでも乗ってソコソコ遠出でもしてみようと思い立って、PCXでひとっ走りしてきました。

目的地はというと・・・暑い時期ならやっぱり南だろう(違)ってコトで、走りドコロも多い宮崎
昨夜、ネットサーフィン中に見つけた何とも興味深い神社へ是非とも行ってみたかったのもあります。

チラシさんを仕事へ送り出し、家事モロモロを済まして家を出たのはすでにお昼前でしたが、高速だし余裕で帰ってこれるでしょ(笑)

・・・とはいえ、PCX150で高速・・・覚悟はしていましたが・・・やはりパワー不足は否めません、ハイ。
森的には80~100kmくらいが快適巡航速度で、追い抜きとなると多少キビしいです。
スクーターのポジションも高速となるとチト怖いものが・・・膝がスカスカだしね(笑)

やっぱりオンロードバイクがいいよなぁ~、などとVFRやVTRを恋しく思いながら(笑)ひたすら宮崎向かって走ったのでした。

20170829_yamae.jpg
途中、山江のSAで一旦休憩。平日とあって人は少なめでした。

・・・で、先ずは目的地の神社を制覇し、時間があったらテキトーにえびの高原を走り回るつもりだったので、高速を降りたのは宮崎自動車道の高原IC

R212からすぐにk29→k414へ入るつもりが方向を間違えてしまい(笑)、R212を都城方面へ向かっていたのですが、幸いk414への入り口があったので、そこからは迷うことなく目的地の神社へ。
もっとも、この時道を間違えていた(=反対方向から来た)ことが却って良かったことが帰り道で判明、その理由はまた後ほど。

ちなみにこのご時世ではありますが、森はナビは使ってません・・・やっぱり地図の方が広域で道の繋がりとか分かりやすいし、ぢぶんの走行ルートを頭に入れておきたいので、ナビ任せ&言いなりっていうのがどうもね・・・(まぁ、それでもよく間違うのはご愛敬ってコトで(^^;)

20170829_kasumi01.jpg
・・・で、ココが今日の目的地です。

この霞神社は、生きた白蛇が拝殿の裏にある岩の間に住んでいることで有名で、相っ当に運が良くないと見ることができないんだとか。
自然の中で生きているワケだから当然といえば当然ですが、それでももしかしたら・・・という期待を持ちつつ、やってきたというワケです。

鳥居の先には道が続いており、まだバイクで行けそうなので、山道を登って行くと、ほどなくして駐車場に到着!

途中には第3駐車場や第2駐車場もあったので、かなり有名ドコロで参拝者もさぞかし多いんだろうと思っていたら・・・

20170829_kasumi02.jpg
神社に一番近い第1駐車場(?)は御覧の通り。

まぁ、平日だし、人がいない方がゆっくりじっくり見られるからいっか・・・と思い、神社を目指します。

20170829_kasumi03.jpg
駐車場の出口にはこんな注意書きが。

20170829_kasumi04.jpg
入口にも。

白龍神社のことは、霞神社についてネットで調べていた時にチラッと知った程度で、もちろん行くつもりでしたが、場所を確認しておくのをスッカリ忘れていて・・・半ば諦めモードでしたが、まさかここまで隣にあるとは(^_^;

先ずは本命の霞神社から!ってコトで張り切って入口の階段を上って行くと・・・

20170829_kasumi05.jpg
拝殿までの長~い道のり・・・

この暑さの中であそこまで登るのか!と、一瞬ゲンナリしましたが、覚悟を決めて神社を目指します。

20170829_kasumi06.jpg
この廃れ感は一体・・・(^_^;

20170829_kasumi07.jpg 20170829_kasumi08.jpg
開いているお店や休憩所もありましたが、人の姿はナシ・・・

・・・で、神社へはかなりしんどいですが、距離的には下から見上げたよりも意外と近かったです。
(まぁ、廃れたお店に驚きながら歩いたせいもあるけど(^^;;;)

20170829_kasumi09.jpg
ココにも例の注意書きが。

20170829_kasumi10.jpg
御神門。この奥が拝殿です。

参拝を済ませた後は、さっそく白蛇を・・・と思いつつ、ふと振り向くと、御守り授与所の中から(←しかもちょっと薄暗い) おばちゃんがジッと森を見つめていたのに気が付いてギクリ(^_^;
・・・ってか、人がいたのか!(声くらいかけてクレ)

20170829_kasumi11.jpg 20170829_kasumi12.jpg
裏手には水子地蔵や馬頭観音様が祀られていました。

20170829_kasumi13.jpg
白蛇が住んでいると思われる岩窟(…の一部)。

ひょっとしたら・・・と期待はしていたものの、やはり白蛇は見ることができませんでした。
(大きさも30㎝ほどの小さな蛇なので、薄暗い岩の間を探すのは根気がもっと必要かもしれません)

20170829_kasumi14.jpg
でもココからの景色はとても良かったです(^^)

白蛇には会えなかったものの、絶景に満足して次はお隣の白龍神社へ行ってみることにし、拝殿の方へと戻っていくと・・・先ほどのおばちゃんの姿はすでになく、なんと神主さんが境内へ歩いてこられ・・・わ、ちゃんと神主さんいらっしゃるんだとちょっとビックリ。
(…ってか、人がいない時は一体何を…)

行きはかなーりキツかった参道を、帰りは足取りも軽やかに降りていき、さっそくお隣の白龍神社へGo!

20170829_hakuryuu01.jpg
入口には白い鳥居。

20170829_hakuryuu02.jpg
向かい側にはこんな案内板がアチコチに掲げられています。

・・・ってか、これらの説明によるとですね、しめ縄の由来は白蛇の交尾の際の(=2匹の蛇が絡み合った)姿だとか、鏡餅の由来は白蛇がトグロを巻いた姿だとか・・・あのぉ、森はそんなこと今初めて知りました(^^;;;

なんとなく、霞神社からの嫌われっぷり(違)が分かるような胡散臭さ(失礼)を感じつつ、中へ入ってみます。

20170829_hakuryuu03.jpg
中の鳥居にも、しめ縄もどき(?)の白蛇と…観音様(神社なのに?!)

・・・ところが。

霞神社では白蛇を見られなかったケド、表の案内板といい、思いっきり白蛇押しのココなら・・・期待度MAXで行ってみたというのに、なんと!!

20170829_hakuryuu04.jpg
臨時休業!!(があぁぁぁぁぁん)

これには相っっ当ガッカリしました(T_T)

ヤ、ぢつを言いますと、入る前から既に人の気配が全くなかったのは分かっていたのでイヤ~な予感はしていたんですが・・・やはりハッキリと目の当たりにするとショックですよ(泣)

20170829_hakuryuu05.jpg
ネコはいたんですけどね…何気にぎゃあぎゃあ鳴いていました。

20170829_hakuryuu06.jpg
奥の祠の中には七福神とお地蔵様が。

ここにも、しめ縄と鏡餅は白蛇が云々~の説明が・・・チトくどくないですか?!(←八つ当たり)

御神米(=100円)も、臨時休業とあって置いてありませんでした。

・・・とまぁ、訪れたのが平日、しかも周りには民家らしい民家もない山の中とあっては、そうそう毎日は開いていないだろうし、用事があれば電話するようにとの紙も貼ってありますので、どーしても白蛇が見たい場合は、連絡すれば開けてくれるのかもしれません。
さすがに森はそこまでしませんでしたが・・・(←小心者)

20170829_hakuryuu07.jpg
全体の様子。こじんまりした神社です。

目的の白蛇は両神社とも見られませんでしたが、特にこの白龍神社、森的には南阿蘇の宝来宝来神社に通ずるオーラ満載で、何気に面白かったです。
今度は是非開いている時、そして他にも人がいる時に来てみたいと思いました。

・・・で、撤収する前に、気になっているモノがもうひとつ(笑)

20170829_hakuryuu08.jpg
白龍神社の駐車場の奥にも鳥居が。

草ボーボーな状態でしたが、中には入れないこともなさそう・・・ってコトで森の好奇心に火がつき(笑)、おっかなびっくり行ってみることにします。

20170829_hakuryuu09.jpg
一応道はある。

あまりにも遠かったらイヤだな~と思いつつ枝や草を払いのけながら進んで行くと、あっさり数十メートルほど先に祠らしきものがありました。

20170829_hakuryuu10.jpg 20170829_hakuryuu11.jpg
こんなん。

真新しいお花が供えてあったので、誰かが訪れているのは間違いなさそうです。


・・・とまぁ、そんなこんなでイロイロモロモロありましたが、それなりに楽しめた両神社を後にし、えびの高原でも走って帰るコトに。

入ってきた鳥居を来た時とは反対方向へ曲がってPCXをいい気分で走らせていると、前方にまたもやデッカイ鳥居が。

おお、こんなトコにも神社があるのか~、と感心して止まって見るとなんと!

20170829_kasumi15.jpg
「霞神社」ですとーーー?!

20170829_kasumi16.jpg
なんとコチラが本来の参道らしいです。

うーん、高速降りた後にもし道を間違えずに来ていたら、間違いなくこの参道から行っていたことでしょう。

20170829_kasumi17.jpg
しかも神社までの道はかなり長い・・・

この参道も趣があって良さげでしたが、さすがにこの暑さで延々と山道を登って行くのは・・・(^_^; ってコトで、道を間違えて割と楽に神社まで行けたのも神様のお導きと思って良しとしましょう。

こうして、今度こそ本当に霞神社を後にし、R223を南下して目指したのは御池
霧島山系最大の火口湖 周囲4km 深さ103m 神武天皇が水遊びをしたという由緒ある湖(By ツーリングマップル2013) なんだとか。

田園風景を思いっきり満喫しながら走ること数キロ、やがて山の中に入ったと思ったら意外とすぐに御池へ到着~(^^)

20170829_miike01.jpg
展望台からはチラッとしか見えません。

この展望台のすぐ脇に池へ降りていく道があったので、さっそく行ってみると・・・

20170829_miike02.jpg
すぐそこが湖(^^)

展望台からよりもコチラからの眺めの方が素晴らしいですね。
水も澄んでいてとっても綺麗でした。

20170829_miike03.jpg
貸しボートもありました。一応係の人と、ここにもネコが(笑)

20170829_miike04.jpg
ミッシー(…だったと思う)の足漕ぎボートもありますよ(笑)

時間的に思いっきり逆光だったので良い写真は撮れませんでしたが、素晴らしい景色をこの目で見られたので大満足、御池を後にしてR223をさらに南下、途中からk480に入り、高千穂高原えびの高原へ。

ちなみに、えびの高原へ向かうまでのk480→k104→k1は、森的には九州の中でもトップクラスに入るほどの大好きな道です(^^)
道の両側には手つかずの原生林が延々と生い茂り、人はもちろん民家などもなく、まるで樹海の中を走っているよう・・・この道は是非とも夜に、絶対的な暗闇の中を心ゆくまで自然を感じながら走ってみたいですね(変)

・・・で、えびの高原からはえびのスカイライン経由で小林へ向かい、そこから高速に乗るつもりだったのですが、なんとえびの~小林は全面通行止め(@_@)

仕方ないので、k30からえびの市街へと向かい、えびのICから高速に乗ったのでした。

ちなみに高速に乗る前に立ち寄った道の駅えびのでは、そこで見かけた宮崎ご当地Tシャツのとあるデザインが無性に気に入ってしまったので、買って帰ろうと思ったところ・・・

山積みになっているTシャツの中を探し回るも、目的のデザインがなかなか見つからず(焦)、時間的にも閉店前だったせいもあり、やっきになってガサガサしている内に「蛍の光」が(T_T)

結局Tシャツは諦めざるを得ず、後ろ髪惹かれる思いで道の駅を後にしたのでした。
余談ですが、このTシャツ、帰宅後にネットでどんなに検索しても画像すら一枚も見つからず…そのせいで余計に欲しくなった森、後日別ルートで手に入れることができました。一体どんなTシャツなのかはまた別の機会に(笑)

帰りの高速は、行きである程度慣れたせいもあってか、そこまで怖い思いをすることもなく、順調に快適に熊本まで帰還!
まぁ、それでも帰った後は、どっと疲れましたケド(笑)

取り合えず、PCX150での高速道路走行、どんなものかと言われれば、

走れないこともない・・・コワいけど(^_^;

・・・と、言ったところでしょうか(笑)

数年ぶりの高速道路でのプチロングツーでしたが、これから暑さも和らいでいくだろうし、この秋はチョコチョコ遠出しようかな?(笑)

Comment

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。