スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイナミック!快走まゆやまロードと迫力の平成新山 

  • 2007.11.15 (Thu)

前回のツーリングから中3日あけての今日は、またもやツーリングに行くべくインターセプター始動(笑)
今日の目的地は、前々から気になっていた雲仙

日本最新の山である「平成新山」を間近に望む絶景の「島原まゆやまロード」を、何とか今シーズン中に走っておきたいと、以前から思っていたのです。

今日を逃すと今シーズン中に行くのはキビしかったのですが、幸い天気もシッカリ「晴れ」だったので、ハリキって朝6時半に出発!

ちなみに長崎方面へ行く時は、今まで唐津経由の下道でしか行ったことがなかったのですが、今回は場所が場所なので、高速を使わないとちょっとキビシイ・・・
が、森の住んでいる所からだと、九州道から鳥栖JCT経由で長崎道に入るとかなりの遠回りになってしまう・・・

・・・ってコトで、福岡市内からR263を南下して三瀬越えし、佐賀大和ICからダイレクトに長崎道へ。
三瀬峠はタイトなコーナーだらけの走り屋さんのメッカなので、森は今まで近づきもしなかったのですが・・・(^_^;

幸いにも、キッツイ峠を走るか有料のトンネルを通って楽して行くかの選択肢があるので、ヘタレな森は150円を払ってトンネルへ(笑)
トンネルを抜けた後は、そのままR263を南下して佐賀市方面へ。

道は広いし車も少なく、ハイペースで走れるのですが、早朝の山間部の冷え込みは相変わらずキビシイ・・・今日はシッカリ厚着して出てきたのに(T_T)

ちなみに自宅からインターまでは1時間ほどで行けました・・・意外と近かったんだな(^_^;


佐賀大和ICから長崎道へ乗ると、平日なせいか車も少なくて快走♪
この長崎道は、武雄JCTから先へは走ったことがなかったのですが、東そのぎを過ぎたあたりからは景色も良く、ヤシの木なんかがあって、チョッピリ南国ムードの気持ち良い道でした。

一気に長崎方面目指して走り、諫早ICで降りた後はR57を島原方面へ。
ただ、このR57→K251の島原街道は車も多く、けっこうしんどかったです(^_^;

ホントはツーリングマップルで見るとK251の下にある「雲仙グリーンロード」を走りたかったのですが、その道へ入るトコロが今イチ分からず、結局「神代」交差点からK131へ入り、「←島原」の案内板通りにK58へ入ります。

20071115_k58
K58は鬱蒼とした山の中の道。車も全然通っていませんでした(^_^;

・・・が、しばらく山の中を走っているとイキナリ視界が開けて、突然長閑な農村になり、かと思うとまた山の中・・・といった具合に変化に富んだ面白い道でした(笑)

で、淡々と走っていると、これまた突然視界が開けたと思うと、すぐそこに大迫力の山々が・・・(@_@)
スゴイなぁと見とれながら走っていると、案内板を見落としそうになり、あわてて右折、いざ、島原まゆやまロードへ!

迫力の平成新山と眉山の間を走る、とってもダイナミックなワインディングロードは、雲仙に来た時は是非とも走っておきたいおススメの道です(^o^)

20071115_senbongi
まゆやまロードの途中にある千本木展望所にて。
天気は良いものの、霞んでいてせっかくの平成新山(中央)もご覧の通り・・(^_^;


20071115_mayuyama
こちらは反対側の眉山。

この千本木展望所はあずまやと椅子がある程度ですが、そこそこ広く、普賢岳の噴火の解説板などもありました。

ここでしばらく景色を楽しんだ後、再び走り出したのですが、しばらく行くと、またもや展望所(というより、パーキング)が。
こちらでは火砕流の跡もハッキリと見ることができ・・・大自然の驚異と営みをしみじみと実感しました。

20071115_heiseishinzan
相変わらず平成新山は霞んで雲に覆われたまま・・・(^_^;
右側のカーブしている薄茶色の部分が火砕流の跡で、まゆやまロードの終点近くまで続いていました。


このパーキングから少し走ったところには、さらに「平成新山展望園地」があり・・・まゆやまロードは距離は長くはないものの、意外とパーキングが多いです(笑)

・・・で、火砕流の跡を横目で見ながらまゆやまロードを走り抜け、R57へ出て雲仙方面へ。
このあたりは道も狭くはないし車も少なくて、そこそこ快走ルートでしたが、カーブがとにかく多く、ずっと走っているウチにだんだんウンザリしてしまいました(笑)

20071115_r57unzen
途中のパーキングで見つけたので、取り敢えず一枚(笑)

ちなみに、山間部のトコロでも、さすがに島原はまだ暖かく、その点ではかなり走りやすくて助かりました。
ってか、厚着していたので暑いくらいだったのですが・・・(^_^;

・・・で、R57をひたすら走っているウチに、島原半島をほぼ横断したようになってしまったのですが、途中でようやく走りたかった道への入り口を見つけました(笑)

20071115_unzengreenroad
これが雲仙グリーンロードだ!

前回の南阿蘇でも走った「グリーンロード」繋がりというコトで、コッチも是非走っておきたいと思っていたのです(笑)

こちらのグリーンロードは山間部を走る道ですが、山々の間からは天草灘が望め、もちろん車もほとんど走っていない快走ルートでした(^o^)

気持ちの良いグリーンロードを堪能しつつ、そのままR130経由でR251へ出て、あとはひたすら諫早方面へ。
R251は山口のR191を彷佛させる快適なシーサイドラインでした。

「↑長崎・諫早」の案内通りに走っていると途中からR57になるのですが、諫早市近くになると、さすがに交通量も多くなるので、少々フラストレーションが・・・(笑)

帰りのルートは来た時と同じく、諫早ICから高速に乗り、佐賀大和ICで降りてR263から福岡へ戻るコトに。

長崎道の途中で休憩した川登SAでは、とあるハンバーガーのノボリ旗がたくさんあり・・・ちょうどチラシさんとこの記事を見ていたのもあったので、久々にハンバーガーを食べようと購入。

20071115_saseboburger
長崎のバーガーといえば、佐世保バーガーだ!(写真はチーズバーガー)

何か比較するモノと一緒に撮れば良かったのですが・・・(^_^;
コレ、ぢつはかなり大きいのです。
お肉はもちろん、レタスにトマト、卵にベーコン、ピクルスetc、とにかくボリュームありまくりで、もちろんお味の方も文句ナシ。

ホントは本場の佐世保で食べるのが一番なのですが、ココのも美味しかったです。
注文してから作ってくれるので、少々待ち時間がありますが、出来たてのホカホカが食せます(^^)

・・・で、佐世保バーガーでお腹も満たされた後は、そのまま直帰、帰りついたのは16時(早っ!)
まぁ、明日の仕事は朝早いせいもあり、今日は早く帰るつもりだったので、このくらいでちょうど良かったかな。

それにしても、雲仙は思っていたよりも福岡(…というより、ウチ)から近かったし、しかも快走ルートが多く、かなりおススメのトコロです(^^)
寄りはしなかったものの、温泉もありますし♪
この時期はそんなに寒くもなく、紅葉もキレイでしたし、行くなら今くらいの時期がいいのカモ。


・・・で、今日のツーリングも充分楽しめたところで、来週末はいよいよ今シーズン最後のロングツーリングです(^-^)v
行き先は、(去年も行ったのですが)中国地方の最高峰・大山
今回はさらに足を伸ばして、「天の橋立」まで行ってみるつもりですが、果たして・・・?!


【本日の走行距離:405.6 km/ガソリン消費量:21.10 L】

Comment

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。