スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山の驚異に森は立ちすくみ、VFRは危機に陥る 

  • 2007.11.23 (Fri)

待ちに待った今年ラストのロングツー、いよいよ大山&天橋立へ向けて出発です。

最初の予定では、一日目は米子に泊まり、二日目に大山に行くつもりだったのが、宿の関係で大山の向こう側・・・琴浦町になってしまったので、初日に大山を回ることにし、しかも山陰へ行く時には外せない出雲大社へも寄るつもりだったので、かなりの強行軍になるだろうと覚悟していました。

大山に直行しても良かったのですが、神無月である今月(注:旧暦の月です)は、出雲だけは神在月・・・八百万の神々が集いし出雲の地へ、森もどうして行かずにいられましょうか(笑)

そんなワケで、ETC深夜割引摘要の時間帯に出発(=AM4:00前に福岡ICを通過)し、未明の高速道路をスッ飛ばして一気に出雲の地へ。
ホントは三瓶山や石見銀山へも行くつもりだったのですが、その辺は日帰りでいつでも行けるしな~というコトで、今回は出雲大社へ直行です。


ちなみにこの時期の中国道の寒さがハンパでないことは、去年のツーリングで熟知していたので、今回は完全武装(※)で挑みます(笑)

(※)完全武装
上は遠赤外線効果付ババシャツ、GWのサーモなんとかというインナー、フリースのトレーナー、GWのゴアなんとかいうウインドストッパー(?)、冬ジャケ。
下は遠赤外線効果付タイツ、GWのサーモなんとかというスパッツ(?)、ジーンズ、オーバーパンツ。
加えてネックウォーマー、インナー手袋、ホカロン等。
(これらが森にとっての完全武装なのだが、冬ツーの達人から見れば、まだまだ甘いのカモしれない)


・・・が、夜明け前で一番冷え込みのキビしい時間帯、しかも山間部の高速を一時間も走っていればどうなるか。
関門海峡を渡り、本州へ突入した頃には、冬装備をもってしても寒さは耐え難いものに・・・(^_^;

だもんで、「こんな寒い中、中国道なんか走ってらんねーよ」と、下関JCTから迷わず山陽道へ。
広島JCTから中国道へ入り、さらに千代田JCTから浜田道→江津IC→R9を走って出雲入りしたのでした。

20071123_izumo
迫力ある純白の大鳥居。この先に出雲大社が。

↑この辺りは混雑はしていないものの、駐車場付近はすでに大渋滞(~_~;
さすがに連休初日とあって、人もべらぼうに多く・・・
八百万の神々が云々と感慨に浸って散策というワケにもいかなかったので、参拝をすませた後は長居せず、すぐに大社をあとにしたのでした(^_^;

で、次なる目的地の大山、出雲からはそこそこの距離があるので、米子までは高速を使うことに。
R9ヘ出て宍道IC目指したのですが、気がついたら道を間違えており、走っていたのは何故かK26の出雲三刀線・・・(^_^;

森坂大橋を渡り、大キライな峠道(しかも狭い)をナントカ走り抜け、R9方面を目指したのですが、工事中で迂回路などもあって、宍道ICに乗るまではけっこう大変な思いをしたのでした(笑)

・・・で、山陰自動車道からさらに山陰道(安来道路)を東へひた走っていると・・・米子の手前あたりで、突如として現れた大山!
前触れなくイキナリ見えたので、驚き&感動もひとしお(笑)
残念ながらパーキングなどはありませんが、大山の勇姿を心ゆくまで眺めながら走れました。

20071123_daisen1
米子東ICからK24をしばらく行った所で。
真っ白な雪を冠った山頂と山のカタチを見れば、伯耆富士と呼ばれるのも納得。


ちなみに安来道路から見える大山の方が、もちっと富士山に近いカタチをしています。
そして何といっても迫力ある北壁は必見!(森は大山では北壁が一番好きですね)

20071123_daisen2
・・・が、この辺りは雲が多かったです。

で、米子方面から大山に向かうなら、迷わずK24(米子大山線)でしょう。
松並木の素晴らしい道で、所々で大山が見えかくれする快走ルートです(寒かったけど・・・)
この道の写真も撮るつもりでしたが、撮影ポイントに迷っているウチに走り終えてしまいました・・・ゴメンナサイ(^_^;

さて、K24を走り終え、いよいよ大山のフトコロに突入するワケですが、ぢつは米子辺りからガソリンが心もとなく・・・もしスタンドがなかったらどーしようと思っていたのですが、幸いにもスタンドがあったので、無事にVFRを「満タン」に。
K158の大山道を枡水高原へ向かい、そこからK45へ、大山の麓を走るワケです。

・・・がぁ、

大山周辺の道路はすでに積雪!!(がーん)

・・・・・ひょっとして、これこそが大山の真の姿?!

イヤ、去年の大山では山頂以外に全く雪がなかったので、この時期は道路が積雪しているとは思ってもみなかったんですよ・・・
(考えてみたら去年は暖冬でしたからね(^_^;)

幸いにも今日は車もそこそこ多く、おかげで道路の雪はほとんど溶けており、路肩の雪に時々ビビリながらもそれなりに走れましたが・・・

20071123_daisen3
パーキングエリアにはどこも人がいたので、誰もいなかった休暇村らしきトコロで。

※大山にちなんで「大」の字になったポーズもやってみたのですが、我ながらアホっぽいので公開は控えさせていただきます。

この辺りは雪のない地帯だったので、これで雪道は終わりだろうと、取り敢えずはひと安心。
この後はR45を鏡ヶ成方面へ・・・が、倉吉市に突入した直後、森とVFRに過去最大の危機が!(大袈裟)

鏡ヶ成辺りから再び積雪地帯となり、しかも今までの道より積雪の量も多い・・・(~_~;
まぁ、それでも車のタイヤの跡は溶けていたので、そこをおっかなびっくり、なんとか走ってこれていたワケです。
(ちなみに寒さギライの森は冬のツーリングはしないので、過去に一度も雪道を走った経験がないことを一応名誉のために言っておきます)

・・・で、とあるカーブを曲がった時、突然目に飛び込んできたのは、(溶けた部分のない)雪に覆われた下り坂なカーブ!

「げっっ!!」と思った瞬間に、反射的にブレーキをかけてしまい、雪に覆われた道路の真ん中で思いっきりストップ・・・
(↑今にして思えば、止まらずにそのまま走っていた方が良かったのカモしれませんが、「げっっ」と思った途端に条件反射で止まってしまう森なのです・・・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

下りのカーブ、しかも雪の上を走れと?

・・・ウッソやろ〜、もぅカンベンしてよォ~(T_T)・・・ってな心境・・・マジ泣きそうでした(笑)

ヘタレな森にこの最大の危機をどうやって乗り越えろというのか?!
しかも大山入りの前にVFRを満タンにしたため、我が愛機の車体はそれなりに重くなっているワケで・・・

が、もちろんUターンできるワケもなく、進むしかありません。
泣こうが落ち込もうが一人で出てきた以上、なんとかするのは自分自身しかいないのだ、という教訓は去年の日本アルプスで経験済み。

でもどうやって進む?・・・いっそVFRを降りて押していくか?
いや、その方がヘタすればツルリといきそうでまだコワイ・・・

意を決した森は、結局VFRに跨がったまま、足元の雪に細心の注意を払いながらジワリジワリと足をつきつつ、少しずつゆっくりとVFRを前進させ、ナントカこの難関(?)を乗り越えたのでした・・・

森のことをド下手クソとでも憶病者とでも、何とでも言ってくださって結構です(笑)
何よりも転倒だけは絶対避けたかったし、なりふり構っていられない状況だったのですから(森にとっては)

でもって今にして思えば、積雪の状況の証拠写真でも撮っておけば良かったのですが、そんな余裕はなかったです、ハイ(笑)


20071123_daisen4
・・・で、東大山大橋を渡ってしばらく行った所のパーキングにて。
難関を乗り越え、ヤレヤレと一息。


この辺りには雪はなく、標高がちょっと変わっただけでこの違い・・・
ホント、山って分からないもんだな~(^_^;


さて、この後はどのルートを走るか・・・思っていたよりも早い時間で大山を回れたので、ゆっくりのんびりR44を北上して琴浦へ向かうコトに。

20071123_ooshii1
途中にある「伯耆の大シイ」。
ツーリングマップルに載っていたので立ち寄ってみました。


20071123_ooshii2
裏側からみればそれなりの迫力ですが・・・

ココは道路沿いの鬱蒼とした山の中で、奥にはひっそりと神社があり、苔むした石の階段などがなんともいえない雰囲気を醸し出していました。

大シイを見た後は、素朴な田園の中でしばし佇んで彼方に見える大山を堪能。

20071123_k238
「これからどうする・・・?」「私はいいよ、このままで・・・」(謎)

ちなみにこの反対側は日本海が広がっています。

この後はまだまだ時間もあったので、コナンでも見てみようと大栄町へ行ってみるコトに。
もっともアニメや漫画を見たことのない森は、コナンよりTマップルのコメントにある「スイカのソフトクリーム」がお目当てでしたが・・・(笑)

20071123_konan1
青山剛昌ふるさと館。さすがに家族連れが多かったです。

20071123_konan2
よく分からないけど、取り敢えず撮っておこう・・・(笑)

館内はもちろんコナンだらけ(@_@)
グッズも豊富で、ファンにはたまらないでしょう。

ところが、楽しみにしていた(?)スイカのソフトクリームはありませんでした(T_T)
(おそらく季節限定なのカモ)

ちょっとガッカリしつつ、館内でひと休みした後は日本海沿いのR9を走って宿泊先のビジホへ。

いやはや、今日はイロイロありましたが、早く着いたおかげでホテルでもゆっくりのんびり・・・一日の疲れを癒すことができたのでした。


【本日の走行距離:634.2 km】

Comment

無事のご帰還、お疲れ~

今年最後のロングツーリングお疲れ様でした!

雪の中走ることなど、滅多にない体験が出来て良かったね(笑)

・・・などと、体験してないおいらはのんきにコメントしてますが
現場で体験した森さんは気が気じゃなかったでしょうなぁ

ホント、無事で何よりでした(; ´。`)ホッ

しかし、2日目以降は更なる難関が待ち受けてるなんて・・・(←と、勝手にハードルをあげてみる)
報告の続き楽しみにしておりますよ~( ̄ー ̄)ニヤリッ

  • 2007.11.27  11:20 
  • 「チラシの裏~」の人
  • -URL-
  •  [編集

ありがとうございます♪

イヤイヤ、去年の大山があまりにも恵まれた天候でしたから・・・
思いっきりナメていたことを痛感しました(笑)

>現場で体験した森さんは気が気じゃなかったでしょうなぁ

ええ、そりゃもう(笑)
なりふり構わず必死こいてましたヨ(^_^;

・・・ま゛、旅の恥はかき捨てといいますし?(笑)

そんなワケで、続きのレポもどうぞお楽しみくださいませ〜(^w^)

  • 2007.11.27  20:18 
  • -URL-
  •  [編集

こんにちは、面白かったのでコメントさせてください。

大山は地元なのですが、年によってかなり雪に差がありますねぇ。下界とはかなり違うんで鏡ヶ成にライブカメラが有りますから、それを参考にすると良いですよ。紅葉の色づき具合、路面状態など分かります。
といってもそこから倉吉に抜ける所が一番積もるし融けないんですよねぇ。日陰なおかげで5月の連休まで道端に残雪があります。

私も奈良の竜神スカイラインへ行ったとき雪に当たりましたが、大丈夫VFRは積雪の上でも走れます。(笑)

  • 2007.11.29  22:35 
  • akabai
  • -URL-
  •  [編集

akabaiさん

こんにちは、ようこそお越しくださいました(^^)
akabaiさんもVFRにお乗りであるとお見受けいたしましたが・・・

しかも大山が地元とは・・・羨ましいです(>_<)

今回で冬の大山は懲り・・・イエ、充分堪能したので(笑)、来年は春〜夏あたりに行ってみたいなぁと思っています(^^)

>鏡ヶ成にライブカメラ
そんな便利なモノがあったとは・・・!
今度行った時には是非チェックしてみます(笑)

>VFRは積雪の上でも走れます
肝心要の乗り手が怖がりの下手ッピなもので・・・(^^;ゞ
そんなオーナーですが、我がVFRもよくガマンして乗せてくれてますわ(笑)

  • 2007.11.30  22:31 
  • -URL-
  •  [編集

コメントの投稿













 管理人のみ閲覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。